VISAとJCBとMaster CardとAmerican Expressと・・・一体何が違う!?

VISA,JCB,Master Card,American Expressなど、

これらはカードのブランドを表すものです。

カード会社っていくつもあって特徴も分かりづらいです。

みんな使っているのにその特徴はほとんどの人が知りません。

じゃあ何が違うのかを一つずつ説明していきます。

VISA

VISA

国際的なブランドであるVISAはアメリカに本拠地があります。

強みとしては海外でカードを使用するときにVISAがあればまず安心ということでしょう。

カードにINTERNATIONALと書かれていても他の決済会社のカードでは使用できない場合があります。

そのため迷ったらVISAカードにするなんて人も多いでしょう。

JCB

JCB

JCBは日本のカード会社のブランドです。

そのため日本国内での支払いには強いです。

特に老舗のお店などではVISAは使えなくても、

JCBは使用できるなんてこともあります。

またJCBはVISAと違って独自でカード発行も手がけています。

また国内だけではなく海外でも利用できる唯一の国産カードブランドです。

Master Card

MASTER CARD

Master CardもVISAと同じくアメリカのカード決済ブランドです。

VISAとの違いはヨーロッパ方面に力を入れていることでしょう。

VISAに比べると日本ではあまり馴染みのないカードブランドかもしれませんが、

世界的に見ればVISAに次ぐ一流のカードブランドの一つです。

American Express

AMERICAN EXPRESS

American Expressといえば騎士(ナイト)の絵が描かれた、

ちょっと敷居が高いブランドに思えるかもしれません。

American Expressは他のカードブランドに比べて、

旅行に関するサービスが充実しています。

旅券の割引や旅行の補償サービスや空港のラウンジ利用などが、

カードのランクがゴールドなど上のランクでなくとも、

American Expressというブランドだけで自動的に適用されます。

またAmerican Expressの呼称は省略されてアメックスと呼ばれたりもします。

Diners Club

DINERS CLUB

Diners Clubカードもアメリカのカードブランドですが、

これはあまり馴染みのないカードブランドかもしれません。

一般的な庶民には到底手が出ないブランドです。

Diners Clubカードは決済金額の上限が設けられておらず、

それなりの審査基準が設けられています。

またカードで買える物としては車や家など到底考えられないようなものまで買うことができるカードブランドです。

そのため所有できる職業としては医者や弁護士などの特殊な職業や、

一般企業でも役職を持っている立場の人が所有できるカードブランドです。

一般的なカードのゴールドカードよりも敷居が高いカードブランドです。

もし縁がある方はこのカードを所有すればステータス性は

カードブランドが表してくれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする