Ripple(リップル)の技術を利用した送金サービス『Money Tap』が送金革命を起こしそうな予感がします!

ここ最近フィンテック関連の新たなサービスが次々と生まれてきていますが、

今回紹介する『Money Tap』はその中でも大本命とも言えるサービスと言えるかもしれません。

Money Tapとはいったい何なのか?

Money Tapを一言で言うと「スマートフォンでの銀行間送金サービスアプリ」です。

これだけ聞くと別に目新しくもなんともないサービスに聞こえてしまうかもしれませんが注目なのはその「送金時間」です。

このMoney Tapに利用されている技術にRipple(リップル)社の「X Current」というブロックチェーン技術が利用されます。

このX Currentは国内外での送金処理をほぼリアルタイムで処理できてしまうという画期的な技術なのです。

これまでは主に銀行に送金依頼をすると銀行間での処理により数日間の送金処理待ちという時間が発生していました。

海外などから入金をしてもらう際にも入金待ちという状態が発生し、

相手が送金処理をしても実際に入金を確認できるのは数日後という経験をしたことがあると思います。

決済処理であればクレジットカードの技術で海外との取引でも即時決済処理をできましたが、

送金というサービスではずっと昔の銀行間のやり取りのままで時代遅れといった状態でした。

このMoney Tapのサービスで注目すべき点は以下の3点でしょう。

・送金待ちの日数が無くなりリアルタイムでの送金処理が可能

・人件費などの事務手数料が無くなり送金手数料が安くなる

・口座番号以外に電話番号、QRコードが利用でき、さらには生体認証を活用した安全な送金が可能

このMoney TapについてはSBIホールディングスSBI Ripple Asia、そして開発には野村総合研究所が参画していると、

かなりの本格的な送金アプリサービスとなっています。

内外為替一元化コンソーシアムにおけるスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」提供に関するお知らせ

内外為替一元化コンソーシアムには以下の邦銀61行が加盟しているためサービス開始と同時に日本全国のほぼすべての銀行でサービス利用が可能になりそうです。

青森銀行 中国銀行 秋田銀行 筑波銀行 足利銀行
東京スター銀行 阿波銀行 東邦銀行 イオン銀行 東和銀行
池田泉州銀行 栃木銀行 伊予銀行 名古屋銀行 岩手銀行
西日本シティ銀行 愛媛銀行 農林中央金庫 大分銀行 野村信託銀行
沖縄銀行 八十二銀行 オリックス銀行 百五銀行 群馬銀行
広島銀行 京葉銀行 福井銀行 山陰合同銀行 北洋銀行
滋賀銀行 北陸銀行 四国銀行 みずほ銀行 七十七銀行
みちのく銀行 清水銀行 三井住友信託銀行 十六銀行 三井住友銀行
商工組合中央金庫 三菱東京UFJ銀行 信金中央金庫 三菱UFJ信託銀行 新生銀行
武蔵野銀行 住信SBIネット銀行 八千代銀行 スルガ銀行 山形銀行
セブン銀行 山口銀行 ソニー銀行 ゆうちょ銀行 第四銀行
横浜銀行 大和ネクスト銀行 りそな銀行 千葉銀行 琉球銀行
千葉興業銀行

サービス提供の開始は2018年の夏頃を予定しているようなので、

これまで銀行での送金処理を行っていた人には経費削減と時間短縮、さらには業務効率化が見込めるサービスになりそうです。

以上、Ripple(リップル)の技術を利用した送金サービス『Money Tap』が送金革命を起こしそうな予感がします!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

<情報参考サイト>

Rippleのブロックチェーン技術を活用した送金アプリ「Money Tap」今夏公開へ 住信SBI、りそな銀行など ITmedia

SBIがx Currentを実装した送金アプリ「Money Tap」を発表 BITTIMES

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする