コストパフォーマンス最強のゴールドカード。MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。

MUFGカードには以下のようなラインナップがあり、その中のMUFGカードゴールドが今回紹介するカードになります。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード ゴールドプレステージ
MUFGカード ゴールド
MUFGカード スマート

三菱UFJニコスが発行しているカードには様々な種類のカードがありますが、その中でもMUFGカードシリーズは三菱UFJニコスのプロパーカードのような位置づけになります。

まずはMUFGカードゴールドの概要について紹介したいと思います。

カード名称 MUFGカードゴールド
年会費 本人 1,905円(税抜)
年会費 家族会員 400円(税抜)
入会資格 満18歳以上(学生除く)
取り扱いブランド VISA,JCB,MasterCard,(American Express)
国内・海外旅行傷害補償 最高2,000万円
お支払い方法 1回・2回払い/ボーナス1回・2回払い/リボルビング払い/回数指定分割払い
ショッピング補償 年間100万円まで
利用可能枠 10万円~200万円
追加カード ETC、家族カード
電子マネー Apple Pay
その他 「楽Pay」登録で年会費優遇

カードのスペックとしては後にも紹介しますが年会費の安さが際立っています。

その他のサービスとしては、基本的には他のカードと比べても遜色のない、正統派なカードという印象です。

圧倒的な年会費の安さ

MUFGカードゴールドは、ゴールドカードとしては驚愕の年会費で所有することが出来ます。

その年会費とは・・・なんと1,905円!!

一般的なゴールドカードの年会費はほとんど1万円前後という設定が多いのですが、MUFGゴールドカードの年会費というのは破格です。

しかも「楽Pay」というリボお支払方法に登録すればさらに年会費が優遇されて、年会費が税込みで1,028円とゴールドカードとは思えない安さでカードを作ることが出来ます。

充実したサービス

年会費が安いからといってもゴールドカードとしてのサービスが乏しいかというとそんなことはありません。

必要なサービスはちゃんと揃っています。

まず、利用できる空港は国内空港のみでなおかつ国際線ご利用のみと限られていますが、空港ラウンジサービスが付帯されてきます

ゴールドカードとしては当たり前のサービスかもしれませんが、この年会費のカードで利用できるというのは驚愕とも言えます。

また、国内空港の国際線という最も空港でラウンジを利用する確率が高くなる路線でこのサービスが利用できるのは嬉しいです。

特典が付いていても実際には一度も利用しないなんてこともありますからね。

また保証も充実しており、航空便の遅延や航空会社に預けた手荷物遅延などでホテルに宿泊する期間が延びてしまった場合など、最大2万円まで補償してくれる国内渡航便遅延保険も付帯しています。

MUFGカードゴールドは、ゴールドカードとして満足できるサービスが揃っています。

銀聯カードとアメックス追加カードのデュアルスタイルがある貴重な存在

MUFGカードゴールドは追加カードがとても充実しています。

家族カードやETCカードなどは他のカード会社でも用意されていますが、それ以外にもMUFGカードでは、中国への出張や旅行が多い方には必須の銀聯カードと、もう一つデュアルスタイルとして発行できる、アメックスブランドの追加カードがあります。

クレジットカード各社でさまざまな追加カードを準備していますが、この銀聯カードとアメックスの追加カードを発行できるカード会社はMUFGカードだけでしょう。

では、それぞれの追加カードの内容について詳しく紹介していきます。

銀聯カード

銀聯カードは中国の銀行が共同で設立した中国銀聯という金融企業が発行しているカードブランドです。

わかりやすくいうと日本のJCBブランドの中国版といった感じでしょうか。

もともと中国という巨大な市場での銀行間取引を円滑にするために銀行同士が共同で出資して設立し、異なる銀行間取引の決済をできるようにするために誕生しました。

この銀聯カードは中国本土ではVISAを凌ぐほどの圧倒的なシェアを誇っており、カード支払いで銀聯ブランドを取り扱っていないところはほぼ無いといってもいいくらいの普及率があります。

銀聯カードとは中国ではショッピング利用でVISAブランドでも対応していないところもありますが、銀聯カードでは対応しているなんてところがあります。

中国ではこの銀聯カードがあると非常に買い物が便利になりますが、この銀聯カード発行のサービスがあるのは日本では三井住友カードとMUFGカードの2社のみなので、このためにMUFGカードを所有するという人もいます。

なお、三井住友カードの銀聯カードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

アメックスブランド追加のデュアルスタイル

MUFGカードゴールドとMUFGカードゴールドプレステージには、「デュアルスタイル」というサービスがあります。

こちらのサービスは、VISA、MasterCard、JCBのいずれかのブランドのMUFGカードゴールドとは別に、アメックスブランドのMUFGカードゴールドを追加発行できるサービスです。

また、デュアルスタイルで追加カードを発行すると以下のような年会費でカードを持つことが出来ます。

MUFGカードゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカードゴールド(VISA,MasterCard,JCB)
本会員 家族会員 本会員 家族会員
1,905円(税抜) 400円(税抜) 250円(税抜) 250円(税抜)

アメックスブランドの追加カードを発行するメリットととしては、アメックス会員が利用できる会員限定サービス、アメリカン・エキスプレス・コネクトがあります。

アメリカン・エキスプレス・コネクトには、旅行やお食事、ショッピングなどキャッシュバックキャンペーンや割引などの特典が揃っており、旅行やお食事をお得にすることが出来ます。

また、アメックスブランドのカード入会後3ヶ月はポイントが3倍となり、3ヶ月目以降も国内での利用でポイント1.5倍、海外での利用でポイント2倍と、お得なポイントサービスで利用する事が出来ます。

なお、アメックスブランドの追加カードサービスは、ゴールドカードセゾンのツインゴールドというサービスもあります。

ゴールドカードセゾンのツインゴールドというサービスについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

MUFGカードゴールドを作ろう

MUFGカードゴールドは、まだゴールドカードを持っておらず、初めてゴールドカードを作ってみようという方にとって、年会費の負担も低いのでとても作りやすいカードです。

また、敷居のとても低いカードながらもサービスも充実しているので、ゴールドカード初心者という方にも満足して利用できるカードになっています。

以上、コストパフォーマンス最強のゴールドカード。MUFGカードゴールドの記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする