所有欲を満たす金属製のクレジットカード。日本で作ることができる金属製クレジットカードは?そして今後も金属製カードは増えるのか?

クレジットカードの中でも特別な存在感を感じさせてくれるものが金属製のクレジットカード。

一般的なプラスチック製のカードに比べて硬質なメタルの質感と輝きを持つ金属製のクレジットカードは所有する喜びと満足感を与えてくれる一枚です。

また、お支払いのシーンでカードを出す時に特別な存在感を持つ金属製のカードは利用したお店でも一目を置かれることもあります。

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)はフルラインナップで金属製カードを用意

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)は早くから金属製のクレジットカードを採用してたクレジットカード会社です。

それどころかLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)にはプラスチック製のカードという物が存在しません。

すべてのラインナップが金属製のカードというクレジットカードはめずらしいです。

ある意味でここまで割り切ったというのはとても凄い自信があるということでしょう。

そんなLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のラインナップは以下の3つのカードがあります。

TITANIUM CARD(チタンカード)

TITANIUM CARD(チタンカード)はLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)の中でも最も下位に位置するグレードでエントリーレベルのカードになります。

ただし、エントリーレベルとは言ってもそこはさすがに金属製のカードなので、その中身は一般のプラチナカード級となっており、誰でも作りやすいカードとはなっていません。

プラチナカード級のカードということでそのカードの特典も当たり前のように上質なサービスが用意されています。

どのようなサービスがあるのかというとフェラーリやランボルギーニなどの超高級車のカーシェアリングサービスの利用特典や、レストランでのお食事を1名分無料にしてくれるなどのサービスが用意されています。

また、空港ラウンジ利用サービスとしてプライオリティ・パスの発行もできます。

詳細はこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

関連記事:LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のTITANIUM CARD(チタンカード)を徹底的に解説。

なお、ラグジュアリカードのチタンカードは材料はチタンではなくステンレスとカーボンとなっています。

公式サイト  TITANIUM CARD(チタンカード) 

BLACK CARD(ブラックカード)

BLACK CARD(ブラックカード)はLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)の中でも中間に位置するグレードです。

TITANIUM CARD(チタンカード)が年会費5万円に対してBLACK CARDは年会費10万円と割高になりますが最もLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)らしさを体験できるのがこのBLACK CARD(ブラックカード)です。

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)らしさというのは金属製カードという点だけではなくその名にふさわしい贅沢なサービスです。

どのようなサービスがあるのかというとリムジンによるレストランへの送迎サービスや、会員限定のテイスティングイベントの招待などカード会員しか体験することのできないサービスが用意されています。

詳細はこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

関連記事:LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のBLACK CARD(ブラックカード)を徹底的に解説。

BLACK CARD(ブラックカード)というとクレジットカードの中でも最高峰のイメージがありますが、その名前にも負けない魅力がLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のBLACK CARD(ブラックカード)にはあります。

公式サイト  BLACK CARD(ブラックカード) 

GOLD CARD(ゴールドカード)

GOLD CARD(ゴールドカード)はLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)の中でも最上位に位置するグレードです。

GOLD CARD(ゴールドカード)と言っても一般的には材料に金が使われていることはまずありませんが、LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のGOLD CARD(ゴールドカード)はカードの券面に本物の金(24金)を使用しているというから驚きです。

しかも、このGOLD CARD(ゴールドカード)はオスカー像を手掛けるファクトリーと同じ工房で製作されているという大変な手間の掛けて作られています。

LUXURY CARD(ラグジュアリカード)のGOLD CARD(ゴールドカード)はまさに所有欲を最大限に満たすためのクレジットカードと言えるでしょう。

これだけ特別な一枚なので誰でも作れるものではありません。

LUXURY CARD(ラグジュアリカード)のGOLD CARD(ゴールドカード)は完全招待制のカードのため申し込みで作ることはできません。

TITANIUM CARD(チタンカード)またはBLACK CARD(ブラックカード)保有者の中から選ばれた人のみが作ることのできる一枚です。

おそらく日本ではアメックスのセンチュリオンと同等かそれに次ぐクレジットカードです。

関連記事:LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のGOLD CARD(ゴールドカード)を徹底的に解説。

アメリカン・エキスプレスはプラチナ以上は金属製カードがある

アメリカン・エキスプレスでは金属製のカードは最上位のセンチュリオンカードにのみ存在していました。

アメックスの金属製カードというと事で特別な存在感を持っていましたが、2018年10月にアメックスプラチナにも金属製カードが誕生しました。

関連記事:遂にアメックスプラチナに金属製カード(メタルカード)が誕生!!ゴールドカードとの差別化が明白になってきた!

アメックスプラチナにも金属製カードが追加されたことで、アメックスの金属製カードというものが少し身近な存在になりました。

アメックスはゴールドカードからプラチナカードにアップグレードすると年会費も一気に跳ね上がりますが、こうした金属製のカードの誕生で年会費も納得できるような内容になったのではないでしょうか。

何よりもアメックスの金属製カードを手に入れることができる喜びというのはアメックスプラチナ以上でしか味わえないものですからね。

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

関連記事:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードについて徹底的に解説します。

Apple Cardは金属製カードが採用されている

iPhoneでおなじみのAppleですが本国アメリカではすでに金属製のクレジットカードとしてApple Card(アップルカード)が発行されています。

しかもApple Card(アップルカード)はチタン製というとても軽量で強い高価な金属を使用しています。

Apple Card(アップルカード)はカードの材質が金属というだけではなく、カード番号の記載やセキュリティコードといった一般的なクレジットカードにあるものが無いという仕様になっています。

その代わりにiPhoneのTouch IDやFace IDといったスマートフォンを認証デバイスとして使用して本人確認をして利用できるというまさに最先端の仕様になっています。

未来のクレジットカードはこうしたApple Card(アップルカード)のようなものが主流になっていくのかもしれませんね。

関連記事:ついに発表されたApple Card(アップルカード)!まさにクレジットカード界の黒船の到来か!?2%という高還元率!カードはチタン製!!気になる日本への導入は??

アメリカではアメックスゴールドに金属製カードが誕生している

アメリカン・エキスプレスの本場アメリカではアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードにも金属製のクレジットカードが存在しています。

しかも金属製カードの色は2種類用意されており、通常のゴールド色とさらにローズゴールド色の2種類から選ぶことができます。

金属製のカードを追加するというだけでも大変な手間と苦労が掛かりそうなところですが、そこに2種類の選択肢を用意するというところがアメックスの凄さなのかアメリカという国のクレジット文化の豊かさなのかもしれません。

日本ではゴールドカードのクレジットカードなんてほとんどが男性のユーザーという印象ですが、アメリカなどでは女性でもゴールドのクレジットカードをサッと出してお支払いをしているので女性にも選びやすいローズゴールドを用意しているというのはさすがという感じです。

関連記事:日本では手に入らない。海外で発行されているアメリカン・エキスプレス・カードについて紹介。一部はぜひ日本にも導入して欲しいです!

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)に新たにエントリーレベルの金属製カードが追加される可能性が大

LUXURY CARD(ラグジュアリカード)では、エントリーレベルのカードとしてTITANIUM CARD(チタンカード)よりもさらに下位のグレードのカードを追加する予定があります。

チタンカードでも年会費5万円という高額な年会費のため金属製カードが欲しいと思ってもなかなか手が出せいない人もいるでしょう。

そんな人にとっては年会費の安いエントリーレベルのカードは手が出しやすい一枚になるでしょう。

どんなカードになるのかは詳細はまだ分かりませんが、できれば年会費が3万円くらいに抑えてもらえるとたくさんの人に利用される金属製カードになるのではと感じています。

関連記事:日本の金属製カードの草分け的存在。LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)が2020年に新たにエントリー向けとさらなる上位カードを誕生させる予定。

ビジネスカードでもLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)なら金属製カードが選べる

金属製のクレジットカードをビジネスのシーンで利用してステータスをアピールしたいと考える人もいるでしょう。

仕事用としてビジネスカード(法人カード)を利用している人は仕事用として割り切って地味なクレジットカードを使っている人もいるでしょう。

しかし、仕事用のクレジットカードが金属製のカードであればビジネスの場でも主張できるアイテムの一つになります。

金属製のビジネスカードとしてはLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)が金属製のカードを発行しています。

金属製のクレジットカードなら相手にとって名刺代わりに自分の地位をアピールすることができます。

取引先との会食でお支払のシーンで金属製のカードを見せれば取引先も一目を置くことは間違いないでしょう。

公式サイト  LUXURY CARD(ビジネスカード)

関連記事:金属製カードで取引先への見栄えも抜群!LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)法人用カードのすすめ。

今後は日本でも上位ステータスのクレジットカードは金属製カードになるでしょう

海外では日本よりも金属製のクレジットカードというのが増えてきているので、今後も日本で金属製のカードが増えていく可能性は高いでしょう。

いまのところはステータスの高いクレジットカードにのみ金属製のカードが採用されていますが、Apple Card(アップルカード)のようなクレジットカードが日本にも導入されればもっと多くの人が金属製のカードを持つ日が来るかもしれません。

ただ、多くの人が金属製のカードを手にするようになるとその希少性や特別な存在感というのが薄れていってしまうので、金属製のカードの存在感を楽しむのであれば今が一番いい時でしょう。

金属製のカードが気になるという方は、まずはもっとも身近なLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)のTITANIUM CARD(チタンカード)から始めてみてはいかがでしょうか?

公式サイト  TITANIUM CARD(チタンカード) 

以上、所有欲を満たす金属製のクレジットカード。日本で作ることができる金属製クレジットカードは?そして今後も金属製カードは増えるのか?の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ