楽天ゴールドカードについて徹底的に解説。楽天市場のミディアムユーザーにおすすめの一枚です。

楽天カード

楽天ゴールドカードは楽天カード株式会社が発行しているカードです。

 

こちらの楽天ゴールドカードは年会費無料の楽天カードの一つ上に位置するカードです。

 

楽天ゴールドカードを一言で表すと、「コスパ最強で作れるゴールドカード」です。

 

コスパ最強とはいったい何なのかというと『年会費の安さ』と『ポイント還元率の充実度』です。

 

では、楽天ゴールドカードの基本スペックについてまずは紹介したいと思います。

 

カード名称 楽天ゴールドカード
年会費 2,000円(税抜)
家族会員 年会費 500円(税抜)
ETCカード 年会費 無料
会員資格 満20歳以上(学生不可)
取り扱いブランド VISA,JCB,MasterCard
利用可能額 最高200万円
お支払い方法 1回・2回払い/ボーナス1回・2回払い/リボルビング払い/回数指定分割払い
電子マネーポイント対応 Edy
ポイント還元率 (基本) 1.0%
ポイント還元率 (楽天市場利用) 5.0%
ポイントサービス 楽天スーパーポイント
付帯サービス  –

 

では、楽天ゴールドカードの魅力について詳しく紹介していきたいと思います

 

年会費2,000円(税抜)で作ることができるゴールドカード

楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税抜)で作ることができるゴールドカードです。

 

世の中一般的に存在するゴールドカードですが、年会費としては1万円というのが相場です。

 

それに対して楽天ゴールドカードの年会費2,000円というのは相場の5分の1なのでかなり安い部類になります。

 

「年会費が安い分サービスや特典も少ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そこは正直に言って年会費1万円のカードと同等というサービスにはいきません。

 

もし年会費1万円のゴールドカードと同等のサービスだったら世の中でゴールドカードを欲しい人はみんな楽天ゴールドカードにするべきですという話ですからね。

 

公式サイト  楽天ゴールドカード

 

国内空港ラウンジを年間2回まで利用することができる

楽天ゴールドカードには国内空港ラウンジを利用できる特典も用意されています。

 

利用できる国内空港ラウンジは以下の場所になります。(一部海外も含む)

 

新千歳空港 函館空港 旭川空港 青森空港 秋田空港
仙台国際空港 新潟空港 富山空港 小松空港 成田国際空港
羽田空港 中部国際空港セントレア 富士山静岡空港 関西国際空港 伊丹空港
神戸空港 岡山空港 広島空港 米子鬼太郎空港 山口宇部空港
出雲縁結び空港 高松空港 松山空港 徳島阿波おどり空港 福岡空港
北九州空港 大分空港 長崎空港 阿蘇くまもと空港 宮崎ブーゲンビリア空港
鹿児島空港 那覇空港 ダニエル・K・イノウエ国際

(ハワイ)

仁川空港

(韓国)

 

空港ラウンジが利用できるというのは年会費2,000円のカードとしては破格のサービスの一つでしょう。

 

ただし、楽天ゴールドカードの空港ラウンジサービスは年間2回までという回数制限が設けられています。

 

2018年8月までは楽天ゴールドカードは国内空港ラウンジを回数制限なしで利用できたのですが、あまりにも利用者が増えてしまい、ゆっくりくつろぐはずのラウンジが混雑の場になってしまったのが原因です。

 

関連記事:楽天ゴールドカードの国内空港ラウンジサービスが改悪。2018年9月から年間2回しか利用できなくなります。代替カードはどうする?

 

毎月のように空港を利用する人にとっては2回という回数は物足りないと感じるかもしれませんが、空港を利用する頻度が少なく年に数回という人にとっては十分な回数でしょう。

 

もし、空港を利用する頻度が多くなってきたと感じた場合には、楽天プレミアムカードに変更すれば国内だけではなく海外の多くの空港ラウンジも利用することが出来ます。

 

公式サイト  楽天プレミアムカード

 

楽天ゴールドカードはポイント還元率が高い

楽天ゴールドカードを作る最大のメリットは楽天市場でのお買い物でもらえるポイントが増えるという点でしょう。

 

楽天ゴールドカードは年会費無料の楽天カードに比べてポイント倍率が2倍多くもらえるようになります。

 

■ 楽天カード:3%(100円につき3ポイント)

■ 楽天ゴールドカード:5%(100円につき5ポイント)

※上記は楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)適用時のポイント

 

下図は楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の内容ですが、楽天ゴールドカードではポイントの倍率が+2%となります。

 

引用 楽天カード株式会社

 

たとえば、楽天カードの場合は1万円のお買い物で300ポイントなのに対し、楽天ゴールドカードなら1万円のお買い物で一気に500ポイントももらえます。

 

同じお買い物でポイントが約1.7倍も多くもらえるというのは非常に大きいですね。

 

楽天市場のミディアムユーザーなら1ヶ月に約8千円近く(年間10万円)楽天市場でお買い物をする人は楽天ゴールドカードを選ぶと年会費以上にお得になります。

 

公式サイト  楽天ゴールドカード

 

楽天ゴールドカードのデメリットは?

いい事ばかりのように聞こえる楽天ゴールドカードですがデメリットはないのか?

 

デメリットがあるとしたら他のゴールドカードと比べると少し特典が少ないという点です。

 

他のゴールドカードではお食事や旅行、宿泊などの特典も用意されているものがありますが、楽天ゴールドカードの場合にはそういったものが用意されていません。

 

空港ラウンジサービスも他のゴールドカードでは回数制限無しで利用できるものもあります。

 

その代わりに楽天ゴールドカードは年会費を抑えてお買い物と空港サービスに特化した特典を用意した感じですね。

 

ある意味で特典内容を絞り込み必要最小限の特典で年会費を抑えたゴールドカードとも言えます。

 

楽天ゴールドカードを作ろう

楽天ゴールドカードは楽天でよくお買い物をする人にはポイントでお得になる可能性を秘めている一枚となっています。

 

年会費無料の一般の楽天カードでも十分にポイントが貯まりますが、楽天市場を利用して買い物をする機会が多い人には楽天ゴールドカードはコストパフォーマンスの高い一枚です。

 

また、ポイントを集めるのが趣味という人にとってもたくさんポイントが貯まる楽天ゴールドカードは魅力的な一枚でしょう。

 

楽天ゴールドカードはこんな人におすすめ
 ・楽天市場の買い物で貯まるポイントを増やしたい
 ・年に数回空港ラウンジを利用したい

 

公式サイト  楽天ゴールドカード

 

以上、楽天ゴールドカードについて徹底的に解説。楽天市場のミディアムユーザーにおすすめの一枚です。の記事でした。

 

読んでいただきありがとうございました。

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
タイトルとURLをコピーしました