アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードについて徹底的に解説します。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは米国のアメリカン・エキスプレス社が発行しているクレジットカードで通称アメックスプラチナと呼ばれています。

 

アメックスには一般的なグリーンカードの上位カードにゴールドカードがありますが、さらにその上に位置するのがこのアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードになります。

 

では、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードというのは一体どんなカードなのか?

 

一言でいうと『ただの決済用のクレジットカードでは無いカードです。

 

では、まずアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの概要について紹介したいと思います。

 

カード名称 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
カードブランド American Express
入会資格年齢 20歳以上
年会費 本人 130,000円(税抜)
年会費 家族会員 無料(4名まで)
ご利用可能額 設定なし(上限は有)
お支払方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
旅行傷害補償(国内) 最高1億円
旅行傷害補償(海外) 最高1億円
ポイント還元率 1%
電子マネー対応 Apple Pay

 

・ アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 新規入会キャンペーン(公式)

 

まず、年会費が13万円と飛び抜けて高いというのが第一印象になるかもしれません。

 

しかし、これから紹介することを見るとむしろこの年会費13万円がお買い得に思えてしまうことでしょう。

 

それでは、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの特典やサービス、そして魅力について詳しく紹介していきたいと思います。

 

この読みものの目次(もくじ)

招待制だったアメックスプラチナは2019年4月より申し込み可能なカードに生まれ変わりました

まず、最初に紹介しておきますがアメックスプラチナは2019年4月より申し込みができるカードとなりました。

 

「それまでは一体どうやって入手することができたのか?」というと、アメックスグリーンまたはアメックスゴールドを保有して、カードの利用実績を積み上げながらアメックスからの招待(インビテーション)を待たなければ入手出来ないカードでした。

 

しかし、2019年4月よりアメックスグリーンやゴールドを持っていなくても、アメックス公式サイトよりアメックスプラチナカードを直接申し込みすることができるようになりました。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

すぐにアメックスプラチナが欲しいという人にとってはこの申し込み制に変わったことは嬉しいことでしょう。

 

逆に今までアメックスからの招待を受けるために頑張ってきた人にとってはちょっと複雑な気持ちかもしれませんね。

 

関連記事:アメリカン・エキスプレス・プラチナカードがついに『インビテーション制(招待制)』から『申し込み制』に変更!既存会員の人はちょっと複雑な気持ちかもしれません・・・。

 

アメックスの『グローバル・ラウンジ・コレクション』


アメックスプラチナでは空港利用サービスとして『グローバル・ラウンジ・コレクション』というものが用意されています。

 

グローバル・ラウンジ・コレクションとは一体何なのか?

 

「グローバル・ラウンジ・コレクション」は、世界130か国500空港1,200以上の空港ラウンジを利用することが出来るサービスです。

 

また、プライオリティ・パスとグローバル・ラウンジ・コレクションでは、利用できる空港ラウンジも少し異なりますが、ほぼ同等のサービスと思ってよいでしょう。

 

■ プライオリティ・パス:世界148カ国600都市1,200か所以上の空港ラウンジが利用可能

■ グローバル・ラウンジ・コレクション:世界130か国500空港1200か所以上の空港ラウンジが利用可能

 

また、プライオリティ・パスは会員制のサービスのため年会費というものがありますが、グローバル・ラウンジ・コレクションはアメックス会員であれば利用できるサービスです。

 

つまり、グローバル・ラウンジ・コレクションがあれば他のクレジットカードのプライオリティ・パス特典はほぼ不要と言えるほど、優秀な空港ラウンジサービスです。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

この中でもアメックスが独自に運営している『センチュリオン・ラウンジ』が利用できるという点が大きな特徴としてあります。

 

世界中でセンチュリオン・ラウンジが用意されている空港は以下の空港のみとなっています。

 

シアトル・タコマ国際空港 サンフランシスコ国際空港 ラスベガス・マッカラン国際空港
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港 マイアミ国際空港 ラガーディア国際空港
フィラデルフィア国際空港 香港国際空港

 

ご覧の通りで分かると思いますが主にアメリカの空港にのみ用意されており、アメリカ以外では唯一香港にセンチュリオン・ラウンジが用意されています。

 

このセンチュリオン・ラウンジはアメックスプラチナ会員以上の方で無いと利用することができません。

 

渡航先は限られてしまいますがアメックスプラチナ会員の特権でもあるので、対象の空港を利用する機会がある人はぜひ利用してみて下さい。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

アメックスの『インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ』

これ以外には『インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ』という独自運営の空港ラウンジもあります。

 

インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジが用意されている空港は以下の空港となります。

 

シドニー国際空港 メルボルン国際空港 エセイサ国際空港
メキシコシティ国際空港 ヘネラル・マリアーノ・エスコベート国際空港 トルーカ国際空港
グアルーリョス国際空港 ストックホルム・アーランダ空港 インディラ・ガンジー国際空港
チャトラパティ・シヴァジー国際空港

 

センチュリオン・ラウンジとは打って変わってこちらの空港ラウンジはアメリカ国内にはなく、その他の国の空港に用意されています。

 

こちらの空港ラウンジはアメックスプラチナだけではなく、アメックスゴールドでも利用できる空港ラウンジがあります。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

年1回最大2名まで無料で宿泊できる『フリーステイ・ギフト』

アメックスプラチナカードの大きな特典の一つに『フリーステイ・ギフト』というのがあります。

 

フリーステイ・ギフトは年に1回国内の対象ホテルを最大2名様まで無料で宿泊することができるという特典です。

 

しかも対象ホテルがハイアットホテルズやヒルトン、オークラホテル、ロイヤルパークホテルなど、おそらく2名で普通に宿泊したら50,000円以上の料金が掛かるような豪華なところばかりです。

 

このるフリー・ステイ・ギフトの特典を利用すれば年会費の半分くらいは元が取れてしまうでしょう。

 

クレジットカードの年会費に1回分の宿泊費が含まれていると考えればアメックスプラチナカードの年会費は安いと言えるかもしれませんね。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

大切な人とのお食事を憧れの名店で「日本の極 KIWAMI 50」と「2 for 1 ダイニングby招待日和」

アメックスプラチナカードではお食事サービスとして『日本の極 KIWAMI 50』(旧Fine Dining 50)というサービスもあります。

 

日本の極 KIWAMI 50』は、通常では予約の取れない名店のレストランや料亭でのお食事をアメックス会員限定で貸し切り利用できるというサービスです。

 

こちらの『日本の極 KIWAMI 50』はアメックスセンチュリオン、アメックスプラチナカード会員のみしか利用できないサービスなので、限られた人しか利用できない優雅なお食事が楽しむことができます。

 

関連記事:アメリカン・エキスプレスの優雅なお食事サービス『日本の極 KIWAMI 50』(旧Fine Dining 50)。予約の取りづらいお店を貸し切りで利用できるセレブなサービスです。

 

また、もう一つのお食事サービスとして『2 for 1 ダイニングby招待日和』というサービスがあります。

 

『2 for 1 ダイニングby招待日和』は対象のレストランで2名以上で所定のコース料理を利用すると1名分の料金が無料になるサービスです。

 

対象のレストランは約200店舗ほどあり、コースの利用金も約1万円/人前後のものなので、1名分が無料となると実質1人当たり約5千円前後の費用でコース料理を楽しむことができます。

 

また、こちらの『2 for 1 ダイニングby招待日和』は家族カード会員の方でも利用することができます。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

豪華客船の旅をさらに贅沢にしてくれる『インターナショナル・クルーズ・プログラム』

アメックスプラチナカードの豪華な特典の中には『インターナショナル・クルーズ・プログラム』というものもあります。

 

豪華客船クルーズの旅をプラチナ・コンシェルジュ・デスクから手配すると、以下のような特典が付くサービスです。

 

インターナショナル・クルーズ・プログラム特典内容
・客室のグレードアップ
・シャンパン1本サービス

 

また「インターナショナルクルーズ・プログラム」は、豪華客船クルーズの旅をプラチナコンシェルジュデスクから手配すると、シャンパン1本サービスなど豪華な特典が付くサービスです。

 

東京の夜景を空から眺めることができる『ラグジュアリー・フライト』

アメックスプラチナカードには『ラグジュアリー・フライト』というヘリで東京の夜景を鑑賞することができる贅沢なサービスがあります。

 

こちらのサービスはゴールドカードではお目に掛かることのないサービスですね。

 

ラグジュアリー・フライトはエクセル航空が運営するヘリクルージングサービスで、プラチナ・コンシェルジュ・デスクより申し込みをすることで、以下のような特典を利用することができます。

 

ラグジュアリー・フライト特典内容
・ウェルカムスイーツ
・プライベートルームの利用(最大1時間無料)
・アレンジフライト(対象コースの空域制限内であれば希望の場所を飛行)

 

ラグジュアリー・フライトでは東京上空をヘリコプターでナイトクルージングができるという、まさに絵にかいたようなキザな演出ができます。

 

こんな特別なプレゼント演出をされたら大切な人の喜ぶ顔が目に浮かぶことでしょう。

 

なお、ヘリクルーズの料金は貸し切りだと10万円以上の料金となりますが乗り合いなら2万円台から利用することができます。

 

また、夜景だけではなく昼間の利用であれば青空の下東京の街を一望することも可能です。

 

ビジネスクラス以上の座席が安く手に入る『インターナショナル・エアライン・プログラム』

アメックスプラチナカードにはビジネスクラス以上の座席を予約する際に特別価格で申し込みができる『インターナショナル・エアライン・プログラム』というサービスがあります。

 

価格の割引率は利用する航空会社によって異なりますが、目安として約3~4万円程度安く航空券を購入することができます。

 

適用される航空会社の種類は時期によって異なりますが、プラチナカード会員専用のウェブサイトから確認することができます。

 

なお、お申し込みはプラチナ・コンシェルジュ・デスクへお電話をして希望の航空券を伝えるだけでOKです。

 

また、時期によってはビジネスクラス以外でもプレミアムエコノミーなどの座席にもこのインターナショナル・エアライン・プログラムの割引が適用されることもあります。

 

年に数回こちらのサービスを利用すればアメックスプラチナカードの年会費も安く感じることでしょう。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

ブランドショップを貸し切りでお買い物ができる『ファイン・ショッピング』

アメックスプラチナカードではブランドショップを営業時間外に他のお客さんがいない貸し切り状態でお買い物ができる『ファイン・ショッピング』というサービスもあります。

 

女性にとっては自分のためだけに店内を貸し切ってお買い物が出来るなんて体験は嬉しいことでしょうね。

 

こういったまるでドラマのような展開に女性というのは弱いですからね。

 

大切な人の好きなブランドショップでこちらのサービスを利用すればきっと喜ばれることでしょう。

 

専属スタッフによるコンシェルジュサービス『プラチナ・コンシェルジュ・デスク』

アメックスプラチナカード会員になると、プラチナカード会員専用のコンシェルジュサービスとして、『プラチナ・コンシェルジュ・デスク』を利用することができます。

 

この『プラチナ・コンシェルジュ・デスク』はアメックスプラチナカードの最高の特典の一つと言えるサービスです。

 

アメックスプラチナカードの優待特典を利用する際には、こちらのプラチナコンシェルジュデスクに電話一本するだけで、あとはコンシェルジュが手配や予約などをしてくれます。

 

しかも、プラチナ・コンシェルジュ・デスクは24時間365日対応なので、仕事で夜遅くになってしまった時にも相談できたり、深夜にふと利用したいサービスなどを思いついた時にもすぐに相談することが可能です。

 

プラチナ・コンシェルジュ・デスクは対応の丁寧さも評判が良いので、いつ連絡をしても丁寧な対応で応えてくれます。

 

わがままな要求にも丁寧な対応で応えてくれるプラチナ・コンシェルジュ・デスクは、上級顧客として対応してくれることに感動することでしょう。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

アメックスプラチナは金属製のメタルカードも発行可能

アメックスプラチナでは2018年10月より金属製のクレジットカードが発行できるようになりました。

 

こちらは通常プラスチックで発行されるクレジットカードに対して追加で金属製のメタルカードを発行できるというものです。

 

金属製のクレジットカードはアメックスの中でもプラチナとセンチュリオンのみしか発行できない特権です。

 

また、国内の他のクレジットカードでも金属製のカードに対応しているのはLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)くらいしかありません。

 

金属製カードのメリットはその希少性と一目で上位ステータスのカードと分かるという点です。

 

普段使いではそれほど大きなメリットはありませんが、高級店などでのお食事やお買い物などのシーンではお支払に金属製のカードを使うと一目置かれるでしょう。

 

なお、金属製のカードは手数料は無料で発行できます。

 

また、金属製カードは本会員のみ発行可能で家族会員などは発行できませんのでご注意下さい。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

アメックスプラチナの特典・サービスは一体どれくらいあるのか?

年会費13万円のクレジットカードとなるとただの決済ができるクレジットカードではなく、特典がいかに用意されているかが重要になってきます。

 

ただの決済ができるカードに年間13万円も払っていたらただのカード会社への募金になってしまいますからね。

 

年会費13万円のクレジットカードとなるとここでは紹介し切れないくらいの特典が盛り沢山になります。

 

紹介した特典と紹介しきれなかった特典も含めると以下のような特典があります。

 

基本サービス

プラチナ・コンシェルジュ・デスク プラチナ・カード・アシスト
プラチナ・ウェブ(会員専用サイト) メンバーシップ・リワード

 

トラベルサービス

フリー・ステイ・ギフト ホテル・メンバーシップ
ファイン・ホテル・アンド・リゾート ザ・ホテル・コレクション
国内ホテルおよび国内旅館でのご優待 手荷物無料宅配サービス(国内ホテル・旅館)
アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン インターナショナル・エアライン・プログラム
カード会員様専用空港ラウンジ プライオリティ・パス
デルタ航空専用空港ラウンジ 空港ラウンジ
エアポート送迎サービス 手荷物無料宅配サービス(空港)
無料ポーターサービス 空港クロークサービス
ハーツレンタカー インターナショナル・クルーズ・プログラム
ベルモンド(列車&クルーズ) 京都特別観光ラウンジ

 

エンターテインメント・ライフスタイルサービス

ダイニング・イベント 2 for 1 ダイニングby招待日和
日本の極 KIWAMI 50 レストラン予約サポート
ゴールド・ワインクラブ ファイン・ショッピング
ギフト・サービス パーソナル・インポート・サービス
プリファード・ゴルフ プレミア・ゴルフ・アクセス
スポーツクラブ・アクセス SBIウェルネスサポート
ラグジュアリー・フライト プライベート・クルーズ
プラチナ・アクセス チケット・アクセス
新国立劇場 コットンクラブ
メンバーシップ・プレビュー

 

セキュリティサービス

旅行傷害保険 航空便遅延費用補償
キャンセル・プロテクション オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション ショッピング・プロテクション
ホームウェア・プロテクション ワランティー・プラス
ゴルフ・テニス・スキー保険 個人賠償責任保険
保険サービス

 

細かいサービスも含めると多くのサービスが用意されているなと改めて実感します。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 

 

アメックス・リワードポイントは1度利用すれば有効期限が無期限になる

アメリカン・エキスプレスにはメンバーシップ・リワードというポイントプログラムがあります。

 

このポイントプログラムはご利用料金100円から1ポイント貯められるという手軽さと、アメックスが提携しているショップでの利用であれば最大10倍のポイントがもらえるというサービスで、他のクレジットカードと比べても謙遜はありません。

 

アメックスが提携しているショップについては、ボーナスポイント・パートナーズに紹介されていますがどのようなショップと提携しているかというと、エノテカ、ボーズ、高島屋、バング&オルフセン、ノリタケ、大丸福岡天神店、じゃらん、イモトのWi-Fiなどがあります。

 

その他にも宿泊施設やレストラン、ゴルフコースなども提携しているのでアメックスを利用していれば、気づかないうちにボーナスポイントを獲得しているなんてこともあるでしょう。

 

また、アメックスのリワードポイントを貯めると商品やサービスとの交換、またはANAなどの提携航空のマイルへの移行、お支払への充当をすることが出来ます。

 

アメックスのリワードポイントは、有効期限が3年間と比較的長い有効期限が設定されていますが、1度でも商品と交換するとポイント有効期限が無期限になるという素晴らしい制度があります。

 

せっかく貯めたポイントですから有効期限で無効となるのは悲しいですからね。

 

アメックスプラチナはポイント交換レートがお得なメンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯される

アメックスプラチナカードを利用して貯まったポイント(メンバーシップリワード)はお支払への利用やマイルへの交換をすることができます。

 

しかし、通常だと1ポイント=0.5マイルや1ポイント=0.3円など交換レートはあまり高くありません。

 

これだとせっかくアメックスを利用してポイントを貯めてもちょっともったいないと思ってしまうでしょう。

 

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスに登録する事でこの交換レートを飛躍的にアップすることができます。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは通常年間3,000円(税抜)の費用が別途発生します。

 

メンバーシップリワードプラスに登録した時と、登録しない時での交換レートの差は以下のようになっています。

 

各種マイル移行・代金支払い メンバーシップ・リワード・プラス未登録 メンバーシップ・リワード・プラス登録
ANAマイルへの移行 2,000ポイント=1,000マイル 1,000ポイント=1,000マイル
提携航空マイルへの移行 2,000ポイント=1,000マイル 1,250ポイント=1,000マイル
航空会社の代金支払い 1ポイント=0.3円 1ポイント=1.0円
ホテル・旅行代理店の支払い 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.8円
旅行関連以外での支払い 1ポイント=0.3円 1ポイント=0.5円

※ANAマイルへの移行は別途メンバーシップ・リワード・ANAコース(年間5,000円+税)への登録が必要です

 

なお、アメックスプラチナカードではこの利用料が年会費に含まれているので自動で付帯されます。

 

つまり、ポイントの価値が最大で3倍以上に高くなるのでメインカードとしての利用を考えている人にもアメックスプラチナカードはおすすめの一枚です。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの入会審査基準は?

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード会員になりたいと思った時にふと思う疑問として、「いったいどのような人アメックスプラチナに入会できるのだろう?」ということ。

 

カード入会の審査に申し込んで無事に通過できるかどうか心配という人もいるでしょう。

 

アメックスプラチナカードの場合入会審査の基準は高いというのが正直な印象です。

 

カードの審査基準というのは公開されていませんが、これまでの経験からおそらく以下のような人であれば問題なくアメックスプラチナカードに入会することができるでしょう。

 

・ 会社に勤めている正社員、派遣・契約社員の方(アルバイトなどは除く)

 

・ 勤続年数が10年以上の方

 

・ 年収が800万円以上の方

 

・ 過去に金融事故(支払い延滞、自己破産など)をしたことがない方

 

過去に金融事故を起こしているとCICなどの情報機関に過去の延滞情報が登録されてしまいますし、カードを発行しても未払いになる可能性や、カード破産をして踏み倒されてしまう恐れもあるとカード会社も判断するため入会することは出来ないでしょう。

 

ちなみに個人で申し込みをする場合には、勤務先なども上場企業などであれば良いですが、一般的な企業に勤めているのであれば問題ないと思います。

 

入会審査に通過する重要なポイントとしては継続的に安定した収入があること、過去に支払い延滞などを起こしていないことだと個人的には思います。

 

ちなみに過去にインビテーションをもらった私の属性を参考に紹介すると以下のようになります。

 

年齢:30代後半

職業:会社員(一部上場)

勤続年数:15年

税込年収:約800万円

アメックスカード歴:3年

 アメックスグリーン1年(2015年)

 アメックスゴールド2年(2016年、2017年)

 

あまりハイスペックとは言えませんが、こんな属性でもアメックスプラチナを手に入れられるということを参考にして頂ければと思います。

 

インビテーションが届いた内容についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

 

関連記事:アメックスプラチナからインビテーション(招待状)が届いた。果たして招待状の中身は?どんな人(私)に届いたのか?を紹介

 

アメックスプラチナカードを作ろう

多くの人にとってアメックスプラチナは魅力的なカードだと思いますが、ネックに感じるのは高い年会費だと思います。

 

しかし、これらアメックスプラチナの特典を利用する機会があるという人にとっては、年会費13万円というのはむしろお買い得と言えるクレジットカードです。

 

これらの特典と同じサービスを利用している人はむしろ年会費以上に出費が増えてしまうでしょう。

 

宿泊もお食事も飛行機も旅行もゴルフも健康管理もする人にはアメックスプラチナは年会費以上のバリューを提供してくれるむしろお得なクレジットカードです。

 

さらにアメックスプラチナというステータスも手に入れることができますからね。

 

公式サイト  アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

 

以上、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードについて徹底的に解説します。の記事でした。

 

読んで頂きありがとうございました。

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
タイトルとURLをコピーしました