在宅勤務で注目を集める『テレワーク』。テレワークを始めるために必要なものは?クレジットカードも必要な意外な理由とは?

世界的な感染症の新型コロナウイルスが猛威をふるっている日本ですが、その影響でいま意外な仕事のスタイルが注目を集めています。

それが『テレワーク』です。

テレワークという言葉を聞き慣れない方もいるかもしれませんが、日本で言うところの在宅勤務のようなもので、会社に出社しなくても仕事をすることができる制度・仕組みです。

テレワークとは?
Tele(遠隔)とWork(働く)という言葉を組み合わせた言葉で、会社以外の場所でも時間や場所の制約を受けずに働く形態。テレワーク以外の呼び方として、在宅勤務やテレコミュートTele(遠隔) Commute(通勤)とも呼ばれる。

日本でも以前から在宅勤務を制度として用意している企業がありましたが、育児などで出社できない人や、病気や怪我などで出社できない人など条件付きで利用する制度といったイメージでした。

これが、新型コロナウイルスの影響で感染を予防するために企業が積極的にテレワークを推奨するようになってきました。

しかし、テレワークをするためにはいったい何が必要なのか?

いままで在宅勤務などをしたことがある人ならいいですが、急にテレワークを推奨されてもどうすればいいのか分からないといった人が多くいるでしょう。

そこで、今回はテレワークについて詳しく紹介していきたいと思います。

予想外に快適なテレワーク

在宅勤務・テレワークについて興味はあるけど、実際には会社に通勤しているという人は多いでしょう。

会社に出社しないで家で仕事することに罪悪感などを感じてしまいなかなか言い出せなかったりしているのではないでしょうか?

在宅勤務が罪悪勤務になってしまうのが日本の古い悪い文化の一つです。

しかし、実際には在宅勤務・テレワークを望んでいる人は多いのではないでしょうか?

おそらくこの記事を読んでいる人は、在宅勤務・テレワークに興味があって読んでいる事でしょう。

在宅勤務・テレワークをすることのメリットとしては以下のようなものがあります。

在宅勤務・テレワークのメリット

■ 通勤の渋滞や満員電車に巻き込まれなくてすむ

■ 通勤時間を睡眠時間に変えることができる

■ 共働きなら在宅勤務で家事や育児を両立することができる

■ スーツなどの服装を気にせずカジュアルな服装で仕事ができる

■ 家族と過ごす時間が増える

■ 家族に仕事している姿をアピールできる

メリットとして一番大きいのは通勤の時間を有効活用できるようになることでしょう。

自宅から会社まで徒歩や自転車で数分くらいの人にとってはあまりメリットは感じないと思いますが、自宅から会社まで自動車や電車を利用している人で、通勤時間が長ければ長いほど在宅勤務・テレワークの魅力は大きくなります。

また、仕事によって平日は家族と過ごす時間が無い人にとっても、在宅勤務をすることで、希薄になった家族の関係を強くすることができます。

在宅勤務・テレワークをすることよるデメリットも以下のようにあります。

在宅勤務・テレワークのデメリット

■ 自宅にいるため集中できない

■ テレビやゲーム、本などの誘惑が多く仕事が捗らなくなる

■ 職場の人と直接会うことができない

■ 職場にある紙の資料など見ることができない

■ 外食などをすることが難しい

おそらく多くの人は自宅という環境で仕事をすることに不慣れだと思うので、場合によっては仕事のやりづらさもあるかもしれません。

しかし、部屋の一室を仕事に集中するためのスペースとして用意できれば、こういった問題も解決します。

また、職場の人と直接会うことができないなどもありますが、それが問題と感じない人ならテレワークの魅力は大きいでしょう。

また、職種によってはそもそもテレワーク・在宅勤務ができないという問題もあります。

たとえば製造業などの仕事では直接作業をする必要があるのでテレワークは不可能でしょう。

また、営業などで商談事などをする必要がある業種でもテレワークをするのが難しいでしょう。

日本と海外のテレワーク事情

日本で急速に注目されるようになってきたテレワークですが、海外ではどれくらいテレワークが利用されているのか?

これについては総務省から統計的なデータが公表されています。

・ テレワークの普及動向(海外) (総務省)

もっともテレワークが普及している国はアメリカですでにテレワークにより在宅勤務で仕事をする人が多くいます。

アメリカの企業では実に約85%の企業がテレワークを導入しており、実際にテレワークを利用している人は約50%ほどにもなります

また、実際にテレワークを利用している人は約25%ほどいるため、4人に1人はテレワークを利用していることになります。

そもそも企業側が在宅勤務を積極的に利用するように働きかけているので、在宅勤務・テレワークの制度を利用することに対して何の抵抗もありません。

また、アメリカでは仕事は成果主義の企業が多いため、通勤するか在宅勤務というよりも結果を出せるかどうかを重視してるので、仕事で結果が出ればテレワークにより仕事をしていても問題はないということです。

まさに合理的な考え方の国の文化と言えるのがアメリカです。

また、ヨーロッパではテレワークはeWorkと呼ばれており、企業の約49%がテレワークの制度を導入しています

ヨーロッパでは行政主導でのeWorkが推進されてきたため

また、ヨーロッパではテレワークを実際に利用している人は約21%ほどいるため、5人に1人はテレワークを利用していることになります。

いっぽう日本を含めたアジアの国ではテレワークの普及はまだ進んでいません。

中国や韓国などはテレワークについての普及は進んでおらず、実際に利用している人はわずか1.0%程度でしかありません。

また、日本はアジア圏でもテレワークに積極的な国ですが、それでもテレワークを導入している企業は約10%程度で、実際に利用している人はそのうちの約8%程度と非常に少ないというのが現実です。

唯一アジア圏で日本と同じくテレワークがを推進している国のシンガポールでも、導入している企業は約5.4%となっています。

在宅勤務・テレワークに必要なものは?

在宅勤務・テレワークをしようとした時に、「必要なものは一体何があるのか?」気になると思います。

一般的に在宅勤務でテレワークをする時に必要なものとしては以下のものになります。

テレワークに必要なもの
・パソコン・インターネット回線(Wi-Fi)
・スマホ
・テレビ会議システム(Zoom,Skypeなど)
・イヤホンマイク
・WEBカメラ

まず、確実に必要になるものとしてはパソコンとインターネット回線です。

パソコンはテレワークで使用するだけであればそれほど高性能なものは必要ありませんが、デスクトップ型とノートパソコン型でいうと明らかにノートパソコン型の方が良いでしょう。

ノートパソコン型なら基本的にインターネットと無線Wi-Fiが利用でき、なおかつWEBカメラのついているので、テレワークに向いています。

予算としても3~5万円ほどでWindowsも最新版がりようでき、仕事に欠かせないOfficeのソフトも付いたパソコンが手に入ります。

パソコンのメーカーとしては多くの企業にも導入されているHPのパソコンがおすすめです。

公式サイト HP Directplus -HP公式オンラインストア- 

パソコンだけがあってもインターネット回線が無ければテレワークは実現しません。

インターネット回線を利用することでメールでのやり取りなどが自宅からでもできるようになります。

また、外出先で仕事をする場合などにはWi-Fiが必要になったりもします。

外出先ではなくても家の中を移動して仕事をする場合には有線ケーブルではなくWi-Fiで無線通信を出来る環境をつくっておいた方が良いでしょう。

もし、自宅から会社の会議に参加する必要がある場合にはテレビ会議システムを用意しておく必要があります。

テレビ会議システムといえばビジネスではマイクロソフト社のSkype(スカイプ)が利用される機会が多いですが、最近ではzoomも注目を集めています。

これらのテレビ会議システムを利用することで画面の共有や音声での会議への参加が可能になります。

zoom

Skype for Business

また、会議に参加をする場合には話をしたり資料を魅せたりする必要がありますが、その場合に必要となるのがイヤホンマイク、ヘッドセットなどです。

また、カメラなどで映像を送る必要がある場合にはWEBカメラも必要になります。

ノートパソコンなどの場合マイク、スピーカー、カメラなどがすでに内蔵されているものが多いので、新たに購入する必要はあまりないでしょうが、デスクトップ型のパソコンしかない場合は別売りで購入する必要があるでしょう。

また、スピーカーで回りに音声を聞かれるのが嫌という場合や、大声で話すことができない場合にはイヤホンやヘッドセットなどを使うと効果的です。

本格的にテレワークをする時に意外と見逃してしまう便利なものは以下のものです。

テレワークを快適にするもの
・ワーキングチェア
・クッション

まず、ワーキングチェアですがこれは職場で使用している椅子を思い出してください。

家庭で使っている椅子と違い仕事をするために長時間座ることを想定して作られた椅子だと思います。

ワーキングチェアを利用するメリットは長時間座ったままの姿勢でも疲れないことと、姿勢が悪くならないということです。

ソファに座ったままでパソコンをすると前かがみの姿勢になり、ダイニングチェアなどは椅子が固く長時間座るとお尻や背中を痛めてしまうことがあります。

おすすめの椅子としては以下のメーカーの椅子を選ぶと失敗をすることはないでしょう。

・ オカムラ製作所

・ SteelCase

・ Herman Miller

・ エルゴヒューマン

ただ、ワーキングチェアは値段が数万円で購入できるものから数十万円という高額なものまでピンキリであるので、お財布事情に合った椅子を選びましょう。

もし新品にこだわらないというのであれば中古品から選ぶのも良いでしょう。

もし、ワーキングチェアを買うほどの予算が無いといういう場合には最低限でもクッションには投資をする方が良いでしょう。

ダイニングチェアなどでもシートクッションを変えるだけでも体への負担は大きく変わります。

シートクッションでおすすめなのはテンピュールです。

お尻が痛くなりやすい人にはテンピュールのシートクッションがおすすめです。

TEMPUR(テンピュール) シートクッション (幅40 奥行42 厚さ5cm) 10010-10

また、背中が痛くなるという人にはランバーサポートがおすすめです。

テンピュール(Tempur) クッション ダークブルー 約36x36x7cm ランバーサポート 137199

どちらも値段は一万円ほどとクッションとしては少し値が張りますが、体への負担は劇的に変わりますよ。

在宅勤務・テレワークにクレジットカードは必要

在宅勤務・テレワークに無縁のようなものに感じるクレジットカードですが、実際のところクレジットカードは必要なのか?

結論から言うと絶対に必要とは言えませんが、クレジットカードがあることで在宅勤務・テレワークの利便性が向上すると言えます。

たとえば在宅勤務中に食事や買い物をしなければならない時に家を出て買い物に行くというのは難しいです。

外出中に会社から重要な連絡や打ち合わせを求められてしまうと…と考えると、在宅勤務と言えどもなかなか外出をするのは難しいです。

そこで、Uber Eats(ウーバーイーツ)やセブンミールなどの宅配サービスを利用すれば自宅にいたまま外出せずに買い物や外食をすることができます。

・ セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール

このような宅配サービスを利用する際には支払いにクレジットカードが必要になります。

また、在宅勤務中に仕事の空き時間で少し欲しいものをネットショッピングで調べる人もいるでしょう。

ネットで商品を購入する時にも支払いにクレジットカードが必要になってきます。

楽天市場でネットショッピングをするなら楽天カードを使いたいと思うでしょう。

公式サイト  楽天カード

また、在宅勤務・テレワークをするためにパソコン周辺機器の購入や、快適な作業環境を作るために、机や椅子を購入しようとにamazon(アマゾン)などネットショッピングをする人もいるでしょう。

amazon(アマゾン)でネットショッピングをするならamazonマスターカードを作っておいた方が良いでしょう。

公式サイト  Amazon MasterCard

また、amazon(アマゾン)マスターカード以外のクレジットカードでもポイント還元率の高いクレジットカードを選べばamazon(アマゾン)以外でのお買い物でもポイントが貯まりやすくなります。

関連記事:ポイント還元率の高さで絶対におすすめしたい!!クレジットカード愛好家が選ぶ厳選クレジットカード!2020年度改訂版

在宅勤務・テレワークをはじめてみよう

ネットが普及して家庭でインターネットが使えるのが当たり前の時代になってきたいまでは、在宅勤務というのは当たり前の考え方になってきたと思います。

コロナウイルスという感染症がきっかけとはいえ、いままでの働き方を見直すいい機会になったのではないでしょうか。

以上、在宅勤務で注目を集める『テレワーク』。テレワークを始めるために必要なものは?クレジットカードも必要な意外な理由とは?の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ