キャッシュレスを『使う』のと『使わない』で人生が大きく変わる!?キャッシュレスを使うと人生がお得になる理由について解説。

消費税の増税で始まった消費者還元事業により日本でもキャッシュレスという行為が浸透してきました。

わたしも身近なところでは、先日すき家に食事に行った時のこと、普段はお支払を現金やSuicaなどの交通系電子マネーで支払う光景がほとんどでしたが、ここ最近はスマホ決済で支払う人やクレジットカードで支払うという光景も見かけるようになりました。

みんながさまざまなキャッシュレス支払いを身に付けて使っています。

こういった身近なところで起こる変化を見ると、日本も変わったなぁとしみじみ感じます。

YouTube(ユーチューブ)のメディアでもキャッシュレスの話題が扱われるようになった

キャッシュレスの話題はテレビやネットニュースなどで頻繁にみかけるようになりましたが、YouTube(ユーチューブ)のようなメディアでも話題として取り上げられています。

こちらはYouTuber(ユーチューバー)のマックスむらいさんの動画ですが、キャッシュレス決済をいま使わないと絶対に損をするということで紹介しています。

19分ほどの動画ですがクレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレスについてほとんどよく知らないという人には分かりやすくためになる動画だと思います。

(当サイトをご覧の方にはすでにご存知の内容も多くありますが)

事業者側の目線と利用者側の目線で解説をしています。

事業者側の目線でのメリットとしては、レジ締めやレジ作業のミス、作業時間の短縮、さらには現金輸送のコスト削減ができるという点があげられています。

アルバイトでレジ作業を実際に経験した人や店舗を経営している人には分かることかもしれませんが、レジの現金と売り上げのレシートの金額が一致しているかどうかを計算する作業というのはとても大変です。

お釣りを多く渡し過ぎていたりすれば計算が合わず何度も確認の作業をくり返すことになります。

1日やるだけなら大した作業に感じませんが、これを毎日やるとなると相当な重労働になりますし、貴重な時間も奪われることになるので誰もやりたくない作業です

そんな手間がキャッシュレス決済ならデータとして入出金の情報が残るので、スマホやタブレットを使って簡単にレジ締めと同じような作業をすることができます。

事業者の人にとってもキャッシュレス化というのは非常にメリットが大きいです。

事業者の方がキャッシュレスを導入するために知っておきたいことを以下の記事にまとめたので合わせて読んでみて下さい。

飲食店経営、小売販売店経営でキャッシュレス化を考えている方は必読。導入費用を安くキャッシュレス決済が使えるサービスを4つ紹介。

また、利用者側のメリットについても語られていますが、とくにキャッシュレスを使う利点として、ポイントについてかなり熱く語られていました。

現金で支払うとポイントは付きませんが、PayPay(ペイペイ)などのスマホ決済やクレジットカードでお支払をすればポイントがもらえるというのは、みなさん共通の認識だと思います。

マックスむらいさんは半年で約40万円をPayPay(ペイペイ)で決済しているようですが、キャンペーン等の還元も含めて5万円以上は得をしているのではないかと語っています。

還元率で考えると約12%くらいはキャッシュレスで得をしているということになりますね。

・ PayPay(ペイペイ) (iOS版)

・ PayPay(ペイペイ) (Android版)

ほかにもこの動画のなかで語られている、少額のお支払にはスマホ決済、高額なお支払にはクレジットカード決済という、キャッシュレスの使い分けの話がありますがこれも共感できる部分があります。

スマホ決済だけ使えばいいわけでもなく、クレジットカードや電子マネーなども併用してシーンに合わせて使い分けるというのが一番おすすめの使い方です。

キャッシュレスを使うと人生は大きく変わる。20代ランボルギーニを買った男の話

こちらはbiz SPA!で紹介されている記事ですが、こちらの男性は電子マネ―とクレジットカードをフル活用して20代でランボルギーニを購入したというすごい人です。

・ 電子マネーをフル活用。20代で1200万円の外車を買った男 (bizSPA! フレッシュ)

いったいどうやってランボルギーニという高級車を購入したのか?

その理由を記事の内容を参考に探ってみたいと思います。

電子マネーやクレジットカードのキャンペーン期間はそれぞれ違うので、1つのサービスを使い続けるのではなく、複数のサービスを移り変わりながら使うのがコツです

1つだけではなく複数のクレジットカードや電子マネーを使うことで、最大限に活用することが重要ということですね。

これは節約術として効果のある方法です。

さまざまなクレジットカードや電子マネーがつねにキャンペーンを実施しているので、その時その時に最もお得なものを選んで使い分けると効果的ということです。

たとえばこの記事でも紹介されている三井住友カード。

「現在参加可能なものでは三井住友VISAカードに新規入会すると、利用額の20%が還元されるキャンペーンがあります(2019年12月27日まで)。これは還元の上限額が1万2000円までなので、6万円分まで何を買っても20%還元で利用できることになります。

カードの種類が10種類以上あるので、複数枚作ればカードの枚数分還元額を増やすことができます。僕は2枚作りました。その他、先ほど話したnanacoのチャージ時に20%還元され、nanacoで商品を購入するときにもポイントが付きます。こういった、ポイントの二重取り、三重取りは当たり前ですね」

三井住友カードではタダチャン!というキャンペーンを実施しており、20%の還元または最大10万円までのお買い物が全額タダになります。

また買い物が無料になる!!!好評だった三井住友カードの『タダチャン!』キャンペーンが第二弾として復活!!第一弾を見逃してしまった方は今回がチャンスです!

こちらのキャンペーンを普通に利用するだけでも十分にお得なのですが、この男性は1枚だけではなく2枚の三井住友カードを作り、さらにnanacoチャージにカードを利用してポイントの2重取りをしているということです。

このへんは少し上級者のテクニックといえるかもしれませんね。

見分けるためにはある程度の経験値が必要ではあるのですが、企業の公式サイトに直接アクセスできるURLを紹介しているブログが信頼できると思います。公式サイトを紹介してもブログを書いている人には1円も入らないので、本当にいい情報を伝えたいというブログだと思います。

おすすめしないのは、紹介しているサービスや商品のURLがアフィリエイトリンクばかりのブログ。ユーザーがURLをクリックするとブログの持ち主にお金が入るので、本当にお得ではない情報が書かれていることも。もちろん、アフィリエイトがすべて悪いという訳ではなく、読者にとってお得な広告を紹介している場合もありますが稀です

さいごに当サイトはこの記事で紹介されているアフィリエイトサイトに該当するものなのですが・・・・。

読者の方にお得な情報を提供している稀なサイトの方に該当していると信じたいと思います。

これは読者の方の判断になるので何とも言えませんが・・・。

キャッシュレスは一過性のブームで終わるものなのか?

最後にこれだけ盛り上がっているキャッシュレスですが、「どうせ消費税増税のキャンペーンでお得なうちだけ利用して、キャンペーンが終了したら使わなくなるんでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、これはあくまでも推測ですが消費税増税を機にキャッシュレスを始めた人の大半は、そのままキャッシュレス決済を使い続けるのではないかと思います。

その理由としては、実際に街でクレジットカードやスマホ決済などのキャッシュレスを利用している人を見かけたときの事ですが、みなさん楽しんで利用しているということです。

ちょっと若い男女のカップルなどが「私はLINE Pay使ってるよ。」なんて会話を耳にすると、キャッシュレスが一つの話題として成立しているんだと感じます。

そして、何よりポイントなどでお得になるなど興味をもって使っていくことでみんなの理解が深まれば、私のようなキャッシュレス好きの人がこれからもっと増えてくるのではと思っています。

正直たまにレジの店員さんが扱いに慣れてなくて決済方法を利用できないなんて光景も見かけたりしますが、このへんは慣れてくれば減ってくると思います。

そして、キャッシュレスの利用がもっとスムーズになってくればみんなわざわざ現金で払いたいと思うことは少なくなるでしょう。

これはあくまでも個人的な意見なので、これについては後ほどアンケートを取ってみなさんの意見も聞いてみたいと思っています。

結果が出たら後ほどこの記事に追加しておこうと思います。

以上、キャッシュレスを『使う』のと『使わない』で人生が大きく変わる!?キャッシュレスを使うと人生がお得になる理由について解説。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする