キャッシュレス消費者還元事業が終了しても消費税増税分の2.0%を永続的に0.75%に軽減できる裏技⁉REX CARD(レックスカード)の魅力について再確認。

消費税増税によるキャッシュレス還元の話題が多い2019年10月ですが、実質的には消費税が8%から10%に増税されたことによる期間限定のキャンペーンです。

2020年6月まではキャッシュレスによる消費者還元事業の恩恵を受けられますが、それ以降はずっと消費税10%の重荷を背負わなければなりません。

そんななか見逃されているとっておきのクレジットカードがあります。

それが今回紹介するREX CARD(レックスカード)です。

「REX CARD(レックスカード)って何?」という方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、詳しく知りたい方はまずはこちらの記事を読んでみて下さい。

価格.com(カカクドットコム)が発行する価格にこだわった!ポイントがガシガシ貯まるREX CARD(レックスカード)について解説

それでは、消費税増税にとっておきのREX CARD(レックスカード)について詳しく解説していきたいと思います。

REX CARD(レックスカード)なら消費税増税分を2%から0.75%にずっと軽減できる

REX CARD(レックスカード)の最大の魅力はクレジットカード業界でも最高峰の1.25%という還元率を誇るカードということです。

これだけの高還元率で年会費無料のカードというのは他にありません。

特定の店舗やショッピングサイトで高還元率のクレジットカードというのは山ほどありますが、どこで利用しても1.25%の還元率を誇るカードなるとREX CARD(レックスカード)しかありません。

たとえばポイントの貯まりやすさで選ばれている楽天カードや、PayPay(ペイペイ)との相性の良いヤフーカードでも通常は1.0%のポイント還元率となります。

楽天カードは楽天市場などで利用すればポイント還元率は高くなりますが、特定の利用シーンに限定されてしまいます。

しかし、REX CARD(レックスカード)なら利用シーンや場所を選ばずに1.25%のポイント還元率がどこでも適用されるというのは大きな魅力です。

・ REX CARD(レックスカード) (公式サイト)

REX CARD(レックスカード)は消費者還元事業の対象カードになっています

「消費者還元事業が終了する2020年7月以降にREX CARD(レックスカード)を作ればいいのか?」と思うかもしれませんがそんなことはありません。

REX CARD(レックスカード)は消費者還元事業の対象に登録されているので、今すぐ作っておいた方が良いカードの一つです。※

※REX CARD(レックスカード)は発行元の株式会社ジャックスで登録されています。

すでに他のカードを利用している人であれば2020年6月まではそちらのカードを利用するのも良いですが、2020年7月から消費者還元事業が終了した時のためにREX CARD(レックスカード)を用意しておくと良いでしょう。

・ REX CARD(レックスカード) (公式サイト)

REX CARD(レックスカード)に匹敵する他のクレジットカードは本当に無いのか?

REX CARD(レックスカード)に匹敵する他のクレジットカードは本当に無いのか?

ここまでREX CARD(レックスカード)を推しておいてこんなことを言うのも何ですがあると言えばあります。

それはリクルートカードです。

リクルートカードのことを詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考に読んでみて下さい。

新社会人に選ばれている人気のカード!リクルートカードについて徹底的に解説

リクルートカードのポイント還元率は1.2%なのでREX CARD(レックスカード)との還元率の差は0.05%です。

一見すると1.25%と1.2%というとで大差は無いと感じると思います。

しかし、仮に100万円を利用した場合では以下のような差が出てきます。

■ 1,000,000円×1.25%=12,500ポイント

■ 1,000,000円×1.20%=12,000ポイント

たった500ポイントと考えるか、500ポイントも差が出ると考えるかは人それぞれだと思います。

参考までに還元率1.2%で500ポイントを貯めようとすると約42,000円を利用しなければなりません。

還元率1.0%なら500ポイントを貯めようとすると50,000円も利用しなければなりません。

これだけポイントを貯めるための利用金額に差があると非常に大きく感じると思います。

実際にポイントを貯めている人にとってはこの差は非常に大切だと感じるでしょう。

ある意味でポイントに対して敏感な人に選ばれるクレジットカードがREX CARD(レックスカード)だと言えるでしょう。

・ REX CARD(レックスカード) (公式サイト)

以上、キャッシュレス消費者還元事業が終了しても消費税増税分の2.0%を永続的に0.75%に軽減できる裏技⁉REX CARD(レックスカード)の魅力について再確認。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする