最近多くない?電子マネーnanaco(ナナコ)のサービスが突如変更に!お支払い対象が限定されることになりました。気になる税金の支払いには使えるのか?

今回は突如としては発表された電子マネーnanaco(ナナコ)の支払い対象変更についてのお知らせについて紹介していきたいと思います。

「ここ最近、nanaco(ナナコ)のサービス変更多いなぁ」と感じているのは私だけでしょうか?

nanaco(ナナコ)はセブンアンドアイグループの発行している電子マネーですが、nanaco(ナナコ)は電子マネーの中でも税金などの支払いにも利用できるという、唯一無二の魅力を持っているものです。

しかし、そんな電子マネーのnanaco(ナナコ)が2019年12月20日よりサービスの一部を変更するというお知らせが突然発表されました。

発表された内容は以下の文章のようになります。

2019年12月20日(金)より、下記の商品・サービスについては「nanaco」でのお支払いが出来ませんのでご了承ください。

  • セブン‐イレブンにおける収納代行サービスの一部(現金ではお支払いいただけます)
  • 寄付(ふるさと納税を含む)、募金、貸付金(ローン、融資等)の返済、クレジットカードご利用代金(ショッピング・キャッシング)の返済等

なお、税金、公共料金(電気・ガス・電話など)については引き続き「nanaco」でのお支払いをご利用いただけます

引用 nanacoサービス一部変更のお知らせ

2019年12月20日からnanacoでお支払いできるサービスが一部変更になります。

税金のお支払いはできるようですがふるさと納税は出来なくなるようです。

収入代行も一部お支払い出来なくなるようですが、電気、ガス、電話やどの公共料金はお支払いできるようです。

2019年6月にもサービスが変更になりました

さかのぼること2019年6月にも電子マネーのnanaco(ナナコ)が「物品またはサービス以外」には利用できなくなるというお知らせが突然発表されました。

その時に発表された内容は以下のようになります。

平素は電子マネーnanacoをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2019年6月下旬より順次、物品またはサービス以外については、セブン-イレブン店舗において、「nanaco」でお支払いいただけない場合がございますので、ご了承ください。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

引用 nanacoの支払い対象についてのお知らせ

物品またはサービスと言われているものの具体的な内容はこちらになります。

■ 物品:食料品などの購入

 (セブン-イレブンやイトーヨーカドーでの利用を想定)

■ サービス:飲食店でのお支払い

 (デニーズなどで利用を想定)

セブン-イレブンやイトーヨーカドー、デニーズなど、セブンアンドアイグループの物品やサービスではnanaco(ナナコ)はこれまで通り利用できるようになるのは当然でしょう。

しかし、税金や収入代行などセブンアンドアイグループとまったく関係のないお支払いは対象外となのでは?と、この当時には少し不安になりました。

いつか「nanacoでの税金支払い」の聖域にもサービスが変更がくるのではないかという不安

電子マネーのnanaco(ナナコ)は汎用性は高くありませんが、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど主要な店舗で使えることができるので、利用している人も多いでしょう。

また、他の電子マネーには真似できない芸当として税金支払いができるということが、nanaco(ナナコ)を電子マネーの中でも唯一無二の存在として認められている感があります。

しかし、これだけ頻繁にサービスの変更が行われて対象となる、nanaco(ナナコ)が利用できる物品やサービスが少なくなっていき、いずれは税金支払いも対象外となる日が来るのでないかという不安も出てきます。

2019年ももうすぐ終わりですが、2020年頃にはもしかするとnanacoでの税金支払いもサービス変更で出来なくなる日が来るかもしれませんね。

以上、最近多くない?電子マネーnanaco(ナナコ)のサービスが突如変更に!お支払い対象が限定されることになりました。気になる税金の支払いには使えるのか?の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ