「せんべろ」が好きな人には必見!!『無添くら寿司』でお得に食事ができるクレジットカードを紹介。

「せんべろ」という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、意味としては『1,000円程度の予算でお食事とお酒を楽しむこと』つまり千円でべろべろに酔うことを言います。

こんな言葉が生まれてくるのも世の中が不景気になっているからなのかもしれません。

以前にも以下の記事バーミヤンでボトルキープができるおやじ飲みを紹介しました。

居酒屋に代わる「おやじ飲み」の聖地。ボトルキープができるファミレスの『バーミヤン』でお得なクレジットカードを紹介。

今回はその『無添くら寿司』版ということになります。

・ 無添くら寿司 (公式サイト)

無添くら寿司といえば寿司だけではなく、『KURA BURGER』といったハンバーガー『やすしやのシャリカレー』といったカレーライスなど、食事のジャンルとしては異業種とも言えるメニューを揃えた寿司チェーン店です。

もはや、『寿司』を食べに行こうというよりは『くら寿司』を食べに行こうといった感じで、お店そのものが魅力を持った場所となっています。

そんな無添くら寿司でいま、一人飲みを安く楽しむことができる『せんべろ』というのが密かに人気を集めています。

無添くら寿司で出来る『せんべろ』とは?

「いくら安くといっても1,000円でベロベロというか、ほろ酔い出来るほどお酒と食事を楽しむなんて無理じゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

では、『無添くら寿司』でせんべろするといったいどうなるのかというと、週間アスキーさんのグルメ記事を一例として紹介すると以下のようになります。

・えんがわ:100円

ちびころチキン:100円

・魚介ユッケ 石澤ドレッシング:100円

・ブロッコリーサラダ:100円

・瓶ビール:550円

合計:950円(税込1,026円)

引用 おつまみ100円!くら寿司で一人飲みしたら超安くて大満足 (アスキーグルメ)

一品あたり100円ほどのつまみにちょうどいい料理が多いので、寿司を食べたりつまみを食べたりしても1,000円ほどで十分お腹も酔いも満たされてしまいますね。

ちなみに私だったら以下のようなメニューにしているかもしません。

・竹姫寿司 うな肝:100円

ちびころチキン:100円

・特製茶碗蒸し:180円

・あさり入り味噌汁:180円

・瓶ビール:550円

合計:1,110円(税込1,199円)

ここにさらにサーモンやアナゴ、真たこなどの寿司を食べて・・・と考えると、私の場合は約1,500円くらいになってしまいそうです。

こんな風に自分なりの『せんべろ』の楽しみ方をくら寿司で見つけてみるのも楽しいかもしれません。

無添くら寿司で使えるクレジットカードは?

無添くら寿司のお支払に利用できるのは現金かクレジットカードのみとなります。

無添くら寿司では各種クレジットカードを利用することができます。

・ JCB

・ VISA

・ MasterCard

・ アメリカン・エキスプレス

・ ダイナースクラブ

・ ディスカバー

基本的にクレジットカードにおいては主要なカードブランドは利用できると考えておいてよいでしょう。

なお、中国系のカードブランドである銀聯(またはUnion Pay)は対応していないので、中国からの旅行客などにはちょっと不便かもしれません。

ただし、いずれインバウンド(外国人旅行客)対策として対応が追加されるかもしれませんね。

また、デビットカードやプリペイドカードとしてはJCB PREMOも利用することが可能です。

なお、電子マネーやスマホ決済などには残念ながら対応していません。

しかし、くら寿司ではポイントサービスとして楽天スーパーポイントを貯めることができます。

電子マネーやスマホ決済が利用できないので、楽天スーパーポイントが貯まるというのはくら寿司利用者にとっては大きな魅力です。

無添くら寿司でおすすめは楽天カード

無添くら寿司でせんべろするのにおすすめのクレジットカードは楽天カードです。

無添くら寿司では楽天スーパーポイントを貯めることができるので、楽天カードを使うとポイントを効率よく貯めることができます。

まず、無添くら寿司では200円ごとの利用で楽天ポイントが200円ごとに1ポイントもらうことができます。

・ 楽天ポイントカード|無添くら寿司 (楽天ポイントカード公式)

・ 無添くら寿司|楽天ポイント (無添くら寿司公式)

さらに、楽天カードでくら寿司のお支払をすれば200円の利用で楽天スーパーポイントを3ポイント貯めることができます。

■ 楽天ポイントカード:200円ごとに1ポイント

■ 楽天カード:100円ごとに1ポイント

つまり、週に2~3回無添くら寿司でせんべろをするという人なら、週に3,000円の利用で1ヶ月に12,000円を利用した場合、楽天スーパーポイントが180ポイント貯まるということになります。

・ 楽天カード (公式サイト)

もし、楽天カードを使わずに楽天ポイントカードを利用した場合だと、たったの60ポイントしか貯めることができません・・・・。

同じ金額を使っても3倍もポイントが違うというのは大きな差ですね。

1年間で考えると2,400ポイントもの差が出てしまうので約2回分せんべろが無料になるという計算になります。

楽天カードは入会金も年会費も無料なので、まだ持っていない方で無添くら寿司で節約して『せんべろ』をしている方は、楽天カードを作った方がよりお得にお食事やお酒を楽しむことができますよ。

・ 楽天カード新規入会キャンペーン (楽天カード公式)

楽天カードについては、こちらの記事でも詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

カードに求めるものはポイントのみ!楽天カードについて徹底的に解説

無添くら寿司で楽天カードを使ってコスパ良く『せんのみ』を楽しもう

くら寿司でビールや日本酒、チューハイなどを頼んでつまみやお寿司を3、4品くらい頼めば立派な晩酌として楽しめるでしょう。

平日など仕事の疲れを癒すためにくら寿司で少し安く飲んでから家に帰る・・・、なんてサラリーマンの人もいると思います。

そんな現代のサラリーマンの癒しのせんべろに楽天カードを使えば、ただでさえコスパの良いくら寿司の『せんべろ』がさらにお得に楽しむことができるのです。

いま、仕事終わりの帰り道に「今日も疲れたなぁ・・・」と思ってこの記事を読んでいる人は、楽天カードを片手にくら寿司へ行ってみると良いかもしれません。

もしかしたら今まで見逃していた仕事終わりのオアシスがそこにあるかもしれませんよ。

以上、「せんべろ」が好きな人には必見!!『無添くら寿司』でお得に食事ができるクレジットカードを紹介。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする