60歳からのクレジットカード。60代でも作れるカードはあるのか?申し込みのできるクレジットカードと申し込み時の注意点を詳しく解説。

年齢が60歳を超えてもまだまだ働き続けることができる日本ですが、心身共に働き続けてきた年齢になると仕事をリタイアしたことも考えた生活というのを考え出すでしょう。

「老後の生活はできるだけ簡素な生活を送れるようにしたい。」そんな風に考える人も多くいるでしょう。

身の回りの不要なものを整理して終活などという言葉も頭をよぎったりするかもしれません。

しかし、世の中はさまざま進化して新しいサービスなども誕生したり、レジで支払いをする時も現金だけではなく、クレジットカードや電子マネーなどのお支払も増えてきました。

とくにデパートや百貨店などでは高額の商品を購入したりするのにクレジットカードを使いたいという機会もまだまだ残っていたりするでしょう。

また、海外などに旅行で行く機会があるとクレジットカードが無いと大変不便です。

「普段の支払いは現金でいいが、一枚くらいクレジットカードを持っておきたい。」そんな風に考えると思います。

今回はそんな60代の方でもクレジットカードが作れるのか?について解説していきたいと思います。

じつは年齢が高い人ほどキャッシュレスを活用しているという事実

まず、最初に知っておいて欲しいこととしては60代の人でどれくらいクレジットカードのようなキャッシュレス支払いをしているのかということです。

「キャッシュレス決済を利用しているのは60代が一番多い」

意外に思うかもしれませんが、BIGLOBE(ビッグローブ)が調査した調査結果では60代のキャッシュレス決済の利用率が最も高くなっています。

出典 BIGLOBE調べ キャッシュレスに関する意識調査

「利用している」という回答数を見ると年代別に以下のようになります。

・ 20代:49.5%

・ 30代:53.0%

・ 40代:58.0%

・ 50代:61.5%

・ 60代:70.5%

20代は過半数を下回る割合ですが60代では7割を超える人がキャッシュレスでのお支払を利用しているということになります。

普段はあまり話題にもならないかもしれませんが、意外とみなさん現金以外の支払いを利用しているということです。

「もしかして自分だけ取り残されている・・・?」、とちょっと不安に思ってしまうかもしれませんね。

年金受給者になる前となった後では選択肢が変わる

60歳という年齢になると会社も定年退職を迎えるかどうかという年齢になってきます。

かつては60歳で定年を迎える時代でしたが、いまでは65歳まで定年期間も延長されようにもなってきました。

また、60歳を超えて「継続雇用制度」というケースで会社で働き続ける人も増えてきています。

継続雇用制度の場合、60歳という年齢で一度会社を定年退職しているため、年金受給者となります。

そして、クレジットカードを申し込む際には職業を選択する項目がありますが、年金をもらうようになると「年金受給者」となります。

正直なところ年金受給者になると作ることができるクレジットカードの選択肢は減ってしまいます。

その理由は仕事として職業を持っている人に比べると継続して安定した収入が入ってくるという保証がなくなってしまうためです。

年金受給者でも作れるクレジットカードはある。おすすめのカードは?

「年金受給者となるとクレジットカードを作ることができないんじゃないか?」とネガティブなイメージを持ってしまうかもしれません。

しかし、年金受給者でもクレジットカードを作ることはできます。

では、どんなクレジットカードが良いのかというと以下の4枚のクレジットカードから選ぶことをおすすめします。

セディナカード

セディナカードはかつてOMCカードと呼ばれていた時代もありましたクレジットカードです。

60歳くらいの年齢の方だとセディナカードという名前よりもOMCカードという呼び名の方が知っているという人もいるかもしれませんね。

セディナカードはマルエツやイオンでのお買い物にも便利に使えるクレジットカードです。

セディナカードでは公式サイトのQ&Aに以下のような回答を掲載しており、年金受給者でもクレジットカードが発行することを説明しています。

年金通知書(氏名が確認できるもの)や年金証書のご提出をお願いいたします。紛失された場合には、社会保険事務局にて再発行のお手続きをお願いいたします。別途収入がある場合には、収入先の「収入額を確認する書類」も併せてご提出ください。
※公的年金にかかわる源泉徴収票は受付できません。

引用 セディナカード公式 Q&A (リンク) 

・ セディナカード (公式サイト)

また、セディナカードは三井住友フィナンシャルグループの一員となっているため、セキュリティなどの安全対策は三井住友カードと同等のサービスを提供しています。

三井住友カードについて詳細はこちらの公式サイトよりご覧ください。

・ 三井住友カード (公式サイト)

イオンカード

イオンカードは日常のお買い物をイオンでお買い物をする方におすすめのクレジットカードです。

そして、イオンカードの大きな特徴は奥さんにおすすめできるクレジットカードというのがあります。

その理由は以下のようにカード会員の女性比率が64.4%と過半数を超えているという点があります。

そして、カード会員の年齢別構成比でみると60歳以上の方が全体の38.4%と、他の年齢層と比較しても最も高いというのがあります。

出典 イオンフィナンシャルサービス決算補足資料抜粋(2018年3月期)

つまり、奥さんにイオンカードを作りたいと相談しても、これらの内容を説明すれば奥さんも納得してくれるでしょう。

なお、イオンカードは年金受給者においても以下のように幅広い年金の種類に対応しているというのも大きな特徴です。

公的年金以外の企業年金、私的年金を受給されている方も年金受給者として職業を選択できます。

公的年金は、国民年金、厚生年金、共済年金、老齢年金、障害年金、遺族年金を受給されている方も含まれます。

また、イオンカードは『G.G.感謝デー』として55歳以上の方を対象に毎月15日にお買い物を5%割引してくれるなど、年齢の高い方に対するサービスが豊富なことも大きな特徴としてあります。

イオンカードについて詳細はこちらの公式サイトよりご覧ください。

・ イオンカード (公式サイト)

楽天カード

楽天カードはアルバイトをしている人や主婦の方でも作ることができる申し込みの柔軟性が高いクレジットカードです。

もちろん年金受給者の方も安心して申し込みをすることができます。

楽天カードはポイントサービスの『楽天ポイント』が貯まりやすいことで有名なので、カードを使ってポイントを貯めることでポイントで節約することができます。

楽天について詳細はこちらの公式サイトよりご覧ください。

・ 楽天カード (公式サイト)

クラブ・オン/ミレニアムカードセゾン

クラブ・オン/ミレニアムカードセゾンは西武(SEIBU)とそごう(SOGO)を利用する人にはおすすめの一枚です。

その理由はクラブオンミレニアムカードセゾンでお買い物をすると、最大で7%ものポイントをもらうことができるからです。

また、こちらのカードも公式サイトのよくあるご質問に以下のような回答を掲載しており、年金受給者の方でもお申し込みできることを説明しています。

18歳以上で電話連絡対応な方であればどなたでもお申し込みいただけます。

ただし、クレジットカードの発行には審査がございますので、発行がお約束できるわけではございませんのでご了承ください。

引用 セゾンカード公式 よくあるご質問 

毎月のお買い物で西武(SEIBU)かそごう(SOGO)をご利用する方なら、こちらのカードを利用してお買い物をすればポイントで節約することができますよ。

クラブ・オン/ミレニアムカードセゾンについて詳細はこちらの公式サイトよりご覧ください。

・ クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン (公式サイト)

60歳はまだまだ人生の終わりではありません

出典 Number Web  (文藝春秋)

写真は84歳の「稲田弘」さんというトライアスロンの選手の方ですが、御年84歳でこの姿は信じられないような体です。

(正直私も完全に負けていますね・・・・。)

84歳と言えば60歳になってから24年後の姿です。

60歳だからと言って「もうクレジットカードなんていらないだろう」と思っている方でも、これから70歳、80歳という年齢を重ねるうちにまだ人生の転機が待っているかもしれません。

これからの人生のためにも、まだまだ人生でいろんな経験をしようと考えている方は、ぜひ諦めないで一枚のクレジットカードを選んでみて下さい。

以上、60歳からのクレジットカード。60代でも作れるカードはあるのか?申し込みのできるクレジットカードと申し込み時の注意点を詳しく解説。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする