ポイントはマイルが最強説。貯まったマイルを相続できるというのは驚き!!家族でマイルを繋いでいこう。

今回はJALやANAのマイレージサービスには他のポイントサービスには無いちょっと変わったサービスがあるので紹介したいと思います。

そのサービスというのはマイルには持ち主が亡くなってもマイルが失効されずに、家族などの相続関係にある人がマイルを相続できるというサービスです。

正直なところ自分も知らなかったのですが、これについて現代ビジネスの以下の記事に紹介されていました。

・ 最強「マイル」への交換で、貯めたポイントを家族で永久利用する裏技 (現代ビジネス)

あまり縁起の良い話ではないかもしれませんが、もしたくさんのマイルを貯めていたのに不幸な事故などでマイルが使えなくなってしまい失効されてしまってはさらに悲しいことです。

縁起の良い話ではなくても知っておいた方がいい話であることは確かなので、マイラーの方はぜひ頭の片隅で覚えておいてください。

この読みものの目次(もくじ)

JALマイレージバンク

まず、JALマイレージバンクですが会員規約のなかに以下のような記述があります。

14条 合算不可

積算されたマイルを会員間で共有、合算および譲渡することはできません。ただしJALFCおよびJALカード家族プログラム登録会員は、そのプログラムの特典として、特典の引き換え時に限り、登録している家族会員間で積算マイルを合算することができます。また会員が死亡した際、法定相続人は所定の手続きにより会員のマイル口座に残る有効なマイルを相続することが可能です。

引用 JALマイレージバンク会員規約 

これを見ると家族会員同士であれば特典引換の時のみマイルを合算して利用することができるという記述があります。

また、会員の方が亡くなってしまった場合において法定相続人の方は所定の手続きをすることで有効なマイルを相続できるとあります。

※法定相続人:民法上で定めらた相続人のこと。主に配偶者や子どもなど。

マイルの相続手続きに必要な書類は以下のものになります。

手続きに必要な書類
・戸籍謄本
・相続人の身分を確認できるもの(免許証・パスポートなど)

なお、手続きについては『JMB日本地区会員事務局』へ問い合わせをする必要があります。

・ JALマイレージバンクに対するQ&A (JALマイレージバンク公式)

また、JALマイレージバンクのマイル相続は複数の相続に分けて相続することも可能です。

例えば、貯まっていた積算マイルが10,000マイルの場合、配偶者と子どもにマイルをそれぞれ5,000マイルずつ相続するといったことができます。

・ JALカード (公式サイト)

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブですが会員規約のなかに以下のような記述があります。

21条 会員の死亡

会員が死亡した場合、法定相続人は、会員が取得していたマイルを、所要の手続きが完了した時点で有効な範囲で承継することができます。その際、当該法定相続人は、故人である会員のマイルの相続権を有することを証明する書類を弊社に会員の死亡後6カ月以内に提示する必要があります。相続の申し出が前記の期間内になされない場合は、当該会員の積算マイルはすべて取り消されます。

引用 ANAマイレージクラブ会員規約 

ANAマイレージクラブですがJALマイレージバンクと同様に法定相続人が所定の手続きでマイルを承継することができるとあります。

マイルの相続手続きに必要な書類は以下のものになります。

手続きに必要な書類
・戸籍謄本
・相続人の身分を確認できるもの(免許証・パスポートなど)

なお、手続きについては『ANAマイレージクラブサービスセンター』へ問い合わせをする必要があります。

・ ANAマイレージクラブ よくあるご質問 (ANAマイレージクラブ公式)

ちなみにANAマイレージクラブの相続については、法定相続人の一人にのみ相続が可能で複数人に分けてマイルを相続することはできません。

配偶者や子どもがいる方はどなたか代表のお一人に相続するようによく相談した方が良いでしょう。

また、ANAマイレージクラブには会員の方が亡くなられてから6ヶ月以内に書類を提示する事という期間の制約があります。

亡くなられてから6ヶ月が過ぎてしまうと積算されたマイルも失効されてしまうので、いろんな整理の中で落ち着いてから手続きをした方が良いでしょう。

・ ANAJCBカード (公式サイト)

以上、ポイントはマイルが最強説。貯まったマイルを相続できるというのは驚き!!家族でマイルを繋いでいこう。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする