Amazonプライム会員の年会費が3,900円から4,900円に値上がり!そして存在感が出てきたAmazon MasterCard(アマゾンマスターカード)ゴールドの特典内容!!

Amazonプライムは商品の配送を早くすることができたり、映画や音楽、マンガなどを月額または年会費を支払うことで利用し放題になることができる、アマゾンの魅力的な会員サービスです。

これだけの特典がありながらも年間でたったの3,900円(税込)※で利用できるというのはかなり幸せなことだったと思います。

※月会費の場合は年間で4,800円(税込)

アマゾンを利用している人のなかにはこの特典内容と料金に魅力を感じて、Amazonプライム会員になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、2019年4月12日に突如としてAmazonプライムの年会費が改定されました。

そのAmazonプライムの年会費改定の内容というのは以下の通りです。

■ 年会費 改定前:3,900円(税込)/年 → 改訂後:4,900円(税込)/年

■ 月会費 改定前:400円(税込)/月 → 改訂後:500円(税込)/月

・ Amazonプライムの会費について (アマゾン公式)

年間にして1,000円の値上げ、月会費支払いの人は月100円の値上げで年間だと1,200円の値上げになります。

ちなみに学生会員の価格も同様に以下のように値上がりします。

■ 年会費(学生) 改定前:1,900円(税込)/年 → 改訂後:2,450円(税込)/年

■ 月会費(学生) 改定前:200円(税込)/月 → 改訂後:250円(税込)/月

インフレでさまざまなものが値上がりする中Amazonプライムの会費までも値上がりするというのはかなりの痛手ですよね・・・。

ちなみにAmazonプライムの値上げの理由は、物流コストの上昇や日本事業におけるサービスの向上や収益力の増加などが理由としてあるようです。

アマゾンは値上げの理由を「プライムのサービス充実に向けた投資を進める」ためだと説明した。消費者の満足度を高めれば、顧客が大量に離れることはないと判断したもようだ。人手不足などを受けて物流コストが上昇しているため、負担の一部を転嫁する狙いもありそうだ。

日本では2007年にプライム制度を開始、配送を無料にするだけでなく、動画や音楽の見放題サービスなども提供、利益度外視で顧客を増やすことを優先してきた。今回の値上げが日本事業の収益力を高める足がかりとなる可能性もある。

引用 日本経済新聞その1日本経済新聞その2

こうなると「Amazonプライムの会費を少しでも安くする方法はないのか?」と考えてしまう人も出てくるでしょう。

そこでいま注目を集めている一枚のカードがあります。

それがAmazonのゴールドカードである『Amazon MasterCardゴールド』です。

Amazon MasterCardゴールドならAmazonプライム会費が無料

AmazonのゴールドカードであるAmazon MasterCard(アマゾンマスターカード)ゴールドの特典内容には以下のようなものがあります。

■ アマゾンでのお買い物でアマゾンポイント2.5%

■ アマゾン以外でのお買い物でアマゾンポイント1.0%

■ Amazonプライム会員費無料

Amazon MasterCardゴールドの年会費は10,800円(税込)ですが、Amazonプライムの会費4900円(税込)が無料になると、差額として実質的には5,900円がクレジットカード分の負担となります。

・ Amazon MasterCard(アマゾンマスターカード)ゴールド (公式)

しかし、Amazon MasterCardゴールドの年会費を安くする方法を使うと話は変わってきます。

その年会費を安くする方法というのは『マイ・ペイすリボ』と『カードご利用代金WEB明細サービス』を利用するという方法です。

こちらのサービスを利用すると以下のように年会費の割引が適用されます。

■ マイペイすリボの利用:年会費▲5,400円割引

■ カードご利用代金WEB明細サービス:年会費▲1,080円割引

合計で▲6,480円の割引となるので年会費は4,320円(税込)のみの負担となります。

つまり、Amazonプライムの会費4,900円(税込)よりも安い金額でAmazonプライムを利用することが出来ます。

なお、このサービスの適用はカード入会後2年目以降となるのでご注意下さい。

これは、Amazon MasterCard(アマゾンマスターカード)が三井住友カード系のクレジットカード会社から発行されているためこのような方法を利用することができます。

三井住友カードについて詳しくは公式サイトをご覧ください。

・ 三井住友カード (公式サイト)

Amazon MasterCardクラシックはどうなのか?

Amazon MasterCard(アマゾンマスターカード)にはゴールドの他にもクラシックカードがありますが、こちらはどうなのか?

・ Amazon MasterCard(アマゾンマスターカード)クラシック (公式)

結論から言ってしまうとAmazonプライムの会費に対する旨味というのは残念ながらありません。

ただし、Amazon MasterCardクラシックはアマゾンでのお買い物でアマゾンポイントが1.5%もらえることや、Amazonプライム会員ならアマゾンポイントが2.0%もらえるなどのメリットがあります。

ほかにも年に1回でもカードを利用すれば実質年会費が無料で利用できるというのもメリットの一つです。

ただ、今回のAmazonプライム会員の値上げでAmazon MasterCardクラシックが注目を集める一枚になるということはなさそうですね。

JCBカードのパートナーポイントプログラムから支払う方法もある

Amazonプライム会員費をお得にする方法としてもう一つ、JCBカードのパートナーポイントプログラムを利用するという方法があります。

パートナーポイントプログラムというのは、JCBカードの利用で貯まるOkiDokiポイントをそのままアマゾンのお支払に利用できるポイントサービスです。

・ Amazonパートナーポイントプログラム (アマゾン公式)

じつはこのJCBのパートナーポイントプログラムでAmazonプライムの会員費の支払いができるのです。

パートナーポイントプログラムというのは、JCBカードの利用で貯まるOkiDokiポイントをそのままアマゾンのお支払に利用できるポイントサービスです。

パートナーポイントプログラムでは1ポイント=3.5円分として利用できるので、1,400ポイントがあれば年会費4,900円(税込)のお支払が出来ます。

ポイントでのお支払におすすめのJCBカードとしてはポイントが2倍貯めることができる『JCB CARD W』です。

・ JCB CARD W (公式サイト)

JCB CARD Wなら1,000円ごとのご利用で2ポイントのポイントを貯めることが出来るので、年間でカードのご利用が70万円以上あればポイントだけでAmazonプライムの会費を支払うことも可能です。

なお、スターバックスカードへの入金でポイント10倍などの特典やキャンペーンでのポイント倍増などを活用すればもっと少ない利用金額でポイントを貯めることもできます。

なお、女性向けには『JCB CARD W plus L』もおすすめですよ。

・ JCB CARD W plus L (公式サイト)

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

ちなみに、Amazon MasterCardが三井住友カード系列のカードなのでここでJCBカードとのパートナーというのがちょっと微妙な関係だと個人的にはいつも感じてしまいます。

アメリカに比べればまだまだ安いAmazonプライム会員料金

年会費が4,900円(税込)に上がったことでAmazonプライム会員を止めようかと考える人もいるかもしれませんが、本国のアメリカでは年会費が119米ドルもの料金になっています。

(119米ドル=日本円で約13,400円 1ドル=112円換算)

それを考えると日本のAmazonプライム会員の料金はアメリカの年会費の約36%という半額以下の設定はかなりのバーゲンプラスです。

いままで年会費3,900円(税込)でこれだけのサービス内容を利用できたことがむしろ安過ぎたと言えるでしょう。

個人的には年間4,900円(税込)という料金ならまだまだAmazonプライム会員を続ける価値はあると考えています。

ちなみに値上がりに対して反発の声は少なく止む無しという人も多いなか、デリバリープロバイダを止めて欲しいという以下のような要望の声もあるようです。

「会員値上げはよいので配送業者に還元して欲しい。特にデリバリープロバイダに還元して質をあげれるようにしてあげて欲しい」
「プライム会員年間1万になってもいいからデリバリープロバイダだけはやめてくれ」
「デリバリープロバイダやめてくれるなら年8,000円くらいまでなら払う」

・ アマゾンプライム会費値上げに「デリバリープロバイダやめてくれるなら年8,000円くらいまでなら払う」懇願続々 (ネタりか)

ちなみに『デリバリープロバイダ』とはヤマト運輸や佐川急便のような大手配送業者ではなく、地域限定の配送業者の総称です。

ヤマト運輸や佐川急便などがさばき切れない荷物を配送を代行して行っている配送業者ですね。

それにしても、年間8,000円まで払うという意見もあるのではまだまだAmazonプライム会員の価値には魅力があるということでしょうね。

ただ、アメリカと同じくらいの料金設定になったらちょっと考えるかもしれません・・・、というかAmazon MasterCardゴールドを作るしかないですね。

以上、Amazonプライム会員の年会費が3,900円から4,900円に値上がり!そして存在感が出てきたAmazon MasterCard(アマゾンマスターカード)ゴールドの特典内容!!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする