JCB(ジェーシービー)が推進する乱立するスマホ決済の統一規格『Smart Code(スマートコード)』。期待はしてますが道のりは厳しそう・・・・。

スマホ決済サービスが増え続ける日本においてスマホ決済を使い分けるというのはほぼ不可能に近くなっています。

このサイトでもスマホ決済サービスを紹介していますが、そのすべての情報を網羅することはまさに至難の業だと感じています。

そんな思いを記事にしたものが以下のものです・・・・。

スマホ決済が乱立することで、小売店側としても複数のスマホ決済サービスのどれを導入すればいいのか?また導入するためには何が必要なのか?を逐一調べなければなりません。

また、スマホ決済のユーザーにとってもすべてのスマホ決済を使い分けるというのは手間でしかありません。

そこまでするくらいならクレジットカードか電子マネーを利用した方が手軽で便利だと思ってしまいます。

はっきり言って小売店側も消費者側も不便極まりない状態になりつつあります。

すべてのスマホ決済を一つのコードで利用できるようになればいいのに・・・、というのがスマホ決済ユーザーの本音でしょう。

そんな理想を可能にしてくれる可能性を秘めているのがJCB(ジェーシービー)が推進する『Smart Code(スマートコード)』です。

Smart Code(スマートコード)っていったい何?

「Smart Code(スマートコード)とはどんなサービスなのか?」というのを図式化したものが上の図になります。

Smart Code(スマートコード)のスキーム(仕組み)はいたって簡単です。

複数の○○Pay(ペイ)を一つのコード決済規格で処理し、処理した決済の情報を各コード決済事業者へ送るという仕組みです。

これにより小売店側(加盟店側)としては、Smart Code(スマートコード)の契約さえしておけば、あとはどのスマホい決済サービスを導入するかを決めるだけになります。

加盟店側へのメリットについてはJCBの公式サイトでも以下のように紹介されています。

3. 加盟店のメリット
(1)コード決済導入負荷の軽減
従来、コード決済に対応するには、各コード決済事業者と個別に加盟店契約を締結し、それぞれ環境整備を行う必要がありました。Smart Code加盟店になることにより、Smart Codeへ参画するコード決済事業者のコード決済が全て取扱い可能になるとともに、設置端末や精算が一本化されます。
(2)海外のコード決済導入時のシステム対応負荷の軽減
Smart Codeは、国際的な標準規格EMV(R)を準用しているため、加盟店は、海外のコード決済を導入する際に必要なシステム対応負荷を軽減することができます。

出典 JCB公式サイト

また、コード決済事業者側にとっても加盟店を獲得するハードルが低くなるので、Smart Code(スマートコード)が利用できるということで加盟店を獲得しやすくなります。

コード決済事業者へのメリットについてはJCBの公式サイトでも以下のように紹介されています。

従来、コード決済事業者が加盟店を増やすには、加盟店契約を締結し、都度導入開発を行う必要がありました。Smart Codeへ参画することにより、全てのSmart Code加盟店で、個別の契約・導入開発を行うことなく利用を開始することが可能になります。

出典 JCB公式サイト 

考え方や仕組みとしては乱立しているスマホ決済のまさに理想の姿だと感じています。

参画しているのがメルペイのみ・・・というのが心配

何だか良さそうな感じがするこのSmart Code(スマートコード)ですが、2019年春頃よりサービスを提供するとアナウンスをされていますが、いまのところ参画を予定しているコード決済事業者が「メルペイ」のみという状況です。

せっかくの統一規格を用意しても参画するコード決済事業者が一社のみでは何の意味もありません・・・。

しかもメルペイではメルカリを利用するユーザーの一部しか見込めないでしょう。

主要なスマホ決済サービスであるLINE Pay(ラインペイ)やPayPay(ペイペイ)、Origami Pay(オリガミペイ)などが参加しないと本格的な改革には繋がらない気がします。

ただ、このスマホ決済サービスの統一規格というのは必要になってくるものだと思うので、今後のスマホ決済サービスはSmart Code(スマートコード)かもしくはその他の統一規格に集約されていくのでないかと思います。

ただ、いちユーザーとしては早く使い勝手のいいスマホ決済サービスになって欲しいと思うばかりです。

使いたいスマホ決済を選択して、コードは一つで決済できるなんて日がいつか来るといいですね。

以上、JCB(ジェーシービー)が推進する乱立するスマホ決済の統一規格『Smart Code(スマートコード)』。期待はしてますが道のりは厳しそう・・・・。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする