2019年7月1日からnanaco(ナナコ)のポイント還元率が1.0%→0.5%に改悪。nanacoでセブン-イレブンを利用している人はどうすればいいのか?

セブン-イレブンでのお支払にnanaco(ナナコ)をご愛顧(あいこ)している皆さんに残念なニュースが舞い込んでしまいました・・・・。

一体何かというとこの記事のタイトルにもありますがnanaco(ナナコ)のポイント還元率が1.0%から0.5%へと下がってしまうという悲しいニュースです。

これによりnanaco(ナナコ)ポイントの貯まり方は以下のように変わります。

■2019年6月末まで:100円=1nanacoポイント

■2019年7月1日から:200円=1nanacoポイント

こちらの内容は以下のねとらぼさんの記事でも詳しく紹介されています。

・ セブン&アイ、「nanaco」ポイント付与率を半減1%→0.5%に (ねとらぼ)

これはかなりショックな内容だと思います。

数あるコンビニの中でも利用するならセブン-イレブンという人はかなり多いと思います。

そんなセブン-イレブンでnanaco(ナナコ)はポイントがたくさん貯まる電子マネーとして使っている人も多いと思います。

そのnanaco(ナナコ)のポイントが2分の1しか貯まらなくなる・・・はっきり言って悲劇でしょう。

ちなみにこのnanaco(ナナコ)のポイント還元率の改悪は2019年7月1日からとなります。

いったいなぜ?nanaco(ナナコ)のポイント還元率が下がったのか?

いったいなぜnanaco(ナナコ)のポイント還元率が下がってしまうのか?

これは、良くも悪くもセブン-イレブンの経営戦略の一つなのかもしれませんが、セブン&アイが提供するスマホ決済の『7 Pay(セブン・ペイ)』が2019年7月1日にサービスを開始するからです。

・ 7 Pay(セブン・ペイ) 公式サイト

このセブン・ペイを利用するとnanaco(ナナコ)ポイントが0.5%付与されます。

つまり、nanaco(ナナコ)で減ったポイントが7 Pay(セブン・ペイ)へ移されたということになります。

7 Pay(セブンペイ)とはいったい何なのか?

繰り返しになりますが『7 Pay(セブン・ペイ)』は、セブン&アイが提供する新たなスマホ決済サービスです。

もう皆さんも覚えきれないかもしれませんが、LINE Pay(ラインペイ)やPayPay(ペイペイ)、Origami Pay(オリガミペイ)のお友達だと思ってください。

この7 Pay(セブン・ペイ)の特徴ですが、支払いでnanaco(ナナコ)ポイントとセブンマイルプログラムのマイルを同時に貯めることが出来るというのがあります。

セブンマイルプログラムに参加するには、事前にセブン-イレブンアプリをスマホにインストールしておく必要があります。

セブンマイルプログラムについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

なお、7 Pay(セブン・ペイ)の支払い方法は一般的なスマホ決済と同様にバーコードとQRコードの2種類があります。

nanaco(ナナコ)1つで支払いたいという人ならこちらのクレジットカードを併用するのがおすすめ


新たに誕生する7 Pay(セブン・ペイ)ではなく、これまで同様使い慣れたnanaco(ナナコ)での支払いをメインに利用したいという人もいるでしょう。

でもポイントが0.5%しか貯まらなくなってしまうというのは残念ですよね。

しかし、クレジットカードを併用すれば今まで同様どころか今まで以上にnanacoポイントを貯めることが可能になります。

そんなnanacoポイントを貯めるのに便利なクレジットカードを紹介します。

セブンカード・プラス

まず、一番におすすめなのがセブン-イレブンの公式カードとも言うべきセブンカード・プラスです。

・ セブンカード・プラス (公式サイト)

セブンカード・プラスならnanaco(ナナコ)へのチャージで200円ごとに1nanacoポイントと0.5%のポイント還元率となるので、セブンカード・プラスを使えばこれまで同様に1.0%のnanacoポイントが貯まります。

セブンカード・プラスについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

リクルートカード

もう一枚おすすめのクレジットカードがリクルートカードです。

・ リクルートカード (公式サイト)

リクルートカードはnanacoチャージ分がポイント対象となり、貯まるポイントも1.2%という高還元率なのでポイントをたくさん貯めたいという人にはおすすめです。

ただし、1点注意としては貯まるポイントがリクルートポイントとなるので、nanacoポイントではありません。

もしnanacoポイントを貯めたいという方であればセブンカード・プラスを利用した方が良いでしょう。

リクルートカードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

クレジットカードを活用してセブン-イレブンでnanaco(ナナコ)を上手に利用しよう

正直なところスマホ決済の『7 Pay(セブン・ペイ)』のためにnanaco(ナナコ) のポイント還元率を下げるというのは、さすがにセブン-イレブン経済圏の包囲網が厳し過ぎじゃないかと思ってしまいます。

新たなサービスに力を入れたいという企業側の気持ちは分かりますが、利用者側にとってはnanaco(ナナコ)、セブンマイルプログラム、7 Pay(セブン・ペイ)という3つのポイントの仕組みを理解しなければなりません。

おまけに使えるところがほぼセブン&アイグループと限られているので、利用できる場所が限定的というのもあります。

セブン-イレブンとしてはセブン&アイの経済圏での利用を限定することで顧客の囲い込みをしたのかもしれませんが、利便性の悪さでかえって顧客離れとならないかが心配です。

経済圏への囲い込みでは楽天のような例もありますが、やはり利用できるところが限定的というのは利用者にとってはマイナスなイメージになります。

nanaco(ナナコ)の利便性の高さは良いと思うので、その価値を下げないようにスマホ決済の7 Pay(セブン・ペイ)も使い勝手も可能性を広げていって欲しいと個人的には思います。

以上、2019年7月1日からnanaco(ナナコ)のポイント還元率が1.0%→0.5%に改悪。nanacoでセブン-イレブンを利用している人はどうすればいいのか?の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする