クレジットカード豆知識 〜自転車保険の費用はクレジットカードで保険料を節約できる〜

出典 株式会社ジオライドジャパン

移動の手段に自動車を利用する人が多かったこれまでの時代から、節約志向、健康志向の流れにより自転車を利用する人が増えてきました。

渋滞とも無縁で自動車のようにガソリン代や車検や税金などの費用も掛からず維持するのにも負担が少ないのも人気の理由の一つだと思います。

しかし、自転車にも事故を起こした際の保障のために自転車保険に入ることが義務化されている自治体があることをご存知でしょうか?

自転車保険への加入が義務化されている自治体

「自分の住んでいる地域が自転車保険に加入することが義務化されているのか?」というのは意外と知らない人が多いと思います。

自転車保険の加入が義務化されている自治体というのは意外と多いのです。

知らない人のために自転車保険への加入が義務化されている自治体を以下に紹介したいと思います。

足立区 仙台市 相模原市 金沢市
埼玉県 京都府 名古屋市 鹿児島県
静岡市 大阪府 滋賀県 兵庫県

※2019年3月時点

これらの自治体の地域にお住いの方は自転車保険への加入が義務付けられています。

また、上記の自治体に住んでいない方でも自治体側が『努力義務』として自転車保険への加入を促しているところもありますので、こちらの地域にお住いの方も自転車保険へ加入しておいたほうがいいでしょう。

努力義務として自転車保険への加入を促している自治体を以下に紹介したいと思います。

福岡県 千葉県 東京都 鳥取県
徳島県 熊本県 群馬県 愛媛県

※2019年3月時点

なお、努力義務というのは法的な拘束力は持っていませんが、万が一事故などを起こした際には保険の加入、非加入によって罰則の違いが出てくる可能性がありますので注意して下さい。

努力義務(どりょくぎむ)とは、日本の法制上「〜するよう努めなければならない」などと規定され、違反しても刑事罰や過料等の法的制裁を受けない作為義務・不作為義務のことである。

遵守されるか否かは当事者の任意の協力にのみ左右され、またその達成度も当事者の判断に委ねられる。憲法におけるプログラム規定と似ているが、プログラム規定は憲法上で行政立法の判断で国家が努力すべき義務と規定しており、国民に課されていない。

引用 ウィキペディア

自治体が義務化していないのであれば自転車保険に加入しなくても大丈夫?

「自分の住んでいる地域は自転車保険への加入が義務化されていないから大丈夫」と思ってしまうかもしれません。

しかし、自転車に乗って誰かを怪我させてしまったりすると当然ながら傷害事件として扱われてしまいます。

「そんなこと言っても自転車の事故なら大きな問題にもならないでしょ」と、自転車の事故と思って甘く見ているととんでもないことになります。

過去には自転車事故によって9,500万円という信じられないような高額の賠償請求がされた事例もあるからです。

【関西の議論】母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9,500万円の”明細”は・・・ (産経新聞)

もし、万が一自転車に乗って誰かにぶつかって思いもよらない怪我や後遺症をさせてしまったら・・・・9,500万円などという途方も無い金額を請求されたら人生終わってしまいますよね。

なお、道路交通法上では自転車も『軽車両』としてクルマと同じように扱われます。

軽車両

自転車、荷車その他人もしくは動物の力により、または他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等および小児用の車以外のものをいう。

自転車

ペダルまたはハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車(レールにより運転する車を除く。)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等および小児用の車以外のもの(人の力を補うための原動機を用いるものであって、内閣府令で定める基準に該当するものを含む。)をいう。

引用 第2条、第63条の3道路交通法施行規則第9条の2

たかが自転車、されど自転車ということです。

このような損害賠償を負担しないためにも自転車保険というのは自転車に乗る方は加入しておいたほうがいい保険となります。

一般的な自転車保険の値段は?

「万が一事故を起こした時のために自転車保険に入っていた方がいいな」と感じることかと思いますが、いったい自転車保険に加入するとどれくらいの負担になるのか?

価格.comで紹介されている自転車保険の比較では、年間で約2,000円~10,000円の保険料の負担が必要となってきます。

・ 自転車保険 比較 (価格.com公式サイト)

こちらの保険は東京海上日動や三井住友海上などの大手保険会社が取り扱っている保険内容になります。

また、これらの保険には『個人賠償責任保険』と『傷害保険』がセットになった保険が主なものになりますが、おもに重要となってくる保険は個人賠償責任保険になります。

個人賠償責任保険(こじんばいしょうせきにんほけん)とは、個人の日常生活や住宅の使用・管理等に起因して第三者の身体や財物に損害を与え、賠償責任を負担した場合の損害を包括的にカバーする賠償責任保険である。

単独の保険でなく自動車保険等の特約として、「日常生活賠償特約」等の名称のものがある。

出典 ウィキペディア

傷害保険(しょうがいほけん)は、ケガにより入院・通院をしたり、後遺障害を負ったり、死亡した場合に保険金が支払われます。病気に対する保障(補償)はありませんので、病気で入院・通院することがあっても保険金は支払われません。

このような保険に新たに加入することは生活費の中でも大きな負担になってくると思いますが、自転車に安心して乗るためには欠かせない保険です。

すでに自動車保険などを契約している人であれば、自動車保険のオプションなどで付いてくることもありますが、自動車保険を契約していない方だと新たに保険の契約をする必要性が高いです。

しかし、毎年、毎月掛かる保険料の支払いという負担はできるだけ抑えたいものですよね。

そんな人に有効なのがクレジットカードに付帯している保険サービスを代用することです。

自転車保険はクレジットカードの補償で代用して節約できる

自転車保険のなかでも重要な『個人賠償責任保険』ですが、こちらの保険はクレジットカード各社の取り扱っている保険サービスでも加入することができます。

クレジットカード会員向けに取り扱っている保険なので、一般の保険よりも費用を抑えて補償内容を充実させることができます。

こちらの保険はクレジットカードに付帯している保険で代用することが可能です。

イオンカード

イオンカードではイオン保険サービスという保険商品を取り扱っています。

・ イオン保険サービス (イオンカード公式)

この保険商品のなかに『自転車プラン』と『日常生活賠償プラン』というものがありますが、おすすめなのが『日常生活賠償プラン』です。

自転車プランの場合個人賠償責任保険のついた保険に加入すると月額320円のプランからとなります。

出典 損保ジャパン日本興亜

日常生活賠償プランなら月額260円からのお支払で個人賠償責任保険が1億円分保証されます。

出典 損保ジャパン日本興亜

補償内容の違いとしては入院や通院の補償がありますが、個人賠償責任保険を目的として加入するのであれば『日常生活賠償プラン』がいいでしょう。

くわしくはイオンカードの公式サイトをご覧ください。

・ イオンカードセレクト (公式サイト)

セゾンカード

セゾンカードでは保険@SAISON CARDというサービスで保険商品を取り扱っています。

・ 保険@SAISON CARD (セゾンカード公式)

この保険商品のなかに『自転車プラン』というものがあり、充実した内容の保険が安い保険料で加入することができます。

・ 自転車プラン (保険@SAISON CARD)

出典 損保ジャパン日本興亜

自転車プランの保険で個人賠償責任保険や傷害保険も充実させた保険が月額680円で加入することができるので、充実した保険にしたいという方にはセゾンカードの保険がおすすめです。

くわしくはセゾンカードの公式サイトをご覧ください。

・ セゾンカードインターナショナル (公式サイト)

楽天カード

楽天カードでは楽天カード超かんたん保険というサービスで保険商品を取り扱っています。

・ 楽天カード超かんたん保険 (楽天カード公式)

こちらの保険では自転車プランという保険が月額170円という安さで提供されているので、保険料の安さにこだわりたい方にはこちらの保険がおすすめです。

出典 三井住友海上火災保険株式会社

個人賠償保険のみではなく、傷害保険、入院、通院などかなり充実した内容となっているのですが、以下のように保証期間には180日以内という制限がありますので、こちらの補償内容をよく読んで加入することをおすすめします。

出典 三井住友海上火災保険株式会社

くわしくは楽天カードの公式サイトをご覧ください。

・ 楽天カード (公式サイト)

自転車保険に加入して安全運転で安心して自転車を楽しみましょう

自転車に乗る人が増えることで自転車による事故というのも多くなってきます。

とくにスピードの出るロードレーサータイプやMTB(マウンテンバイク)などオシャレな自転車に乗る人も増えてきていますが、スピードが出る分とっさの判断で泊まることができず、歩行者だけではなく自転車同士での事故にもなりやすいです。

また、自転車の場合信号などを守らない人も多いので、見通しの悪い交差点など、いつどこから自転車が飛び出してくるのか分からない事も多いです。

せっかく節約や健康のために自転車に乗っても怪我や事故などで多額の損害賠償を請求されてしまっては元も子もないので、安心して自転車に乗るためにも自賠責保険に加入することをおすすめします。

以上、クレジットカード豆知識 〜自転車保険の費用はクレジットカードで保険料を節約できる〜の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする