海外留学・海外旅行で使えるプリペイド式カード 「キャッシュパスポート」と「Manepa Card(マネパカード)」

その他カード

キャッシュパスポート

長期休暇などで海外旅行に行くのをきっかけにクレジットカードを作ろうと考える人や、海外留学に行くためにクレジットカードを作ろうと考える人がいると思います。

 

海外でお買い物をするのにクレジットカードがあるとそのままお買い物もできますし、現地のホテルや空港でのお買い物も便利になります。

 

現金をすべて現地の通貨に交換しようとすると両替手数料が発生したり、お支払いでお釣りなどをもらった時に現地の通貨レートで計算するのも非常に面倒ですからね。

 

また、国によっては現金よりもクレジットカードやQRコード決済などの方が普及しており、現金でのお支払を断られるなんて国もあります。

 

(とくに中国などはその傾向が強いですね)

 

日本にいると現金支払いでも不便を感じないですが、海外へ行ったり海外で生活をしてみるとクレジットカードの必要性を感じることがあると思います。

 

海外留学について紹介している本やサイトなどでもクレジットカードが必需品として紹介されるくらいですからね。

 

ただ、人によってはさまざまな事情がありクレジットカードが作れない、または作りたくないという人もいるでしょう。

 

たとえば、紛失や盗難の恐れのある国へ行く人は、不正利用をされないようクレジットカードを持ちたくないという人もいると思います。

 

そんな方に海外旅行に行くときにクレジットカードの代わりに使えるものとしておすすめなのがプリペイド式のクレジットカードです。

 

プリペイド式クレジットカードとして有名なものとして、トラベレックスジャパン株式会社が発行しているキャッシュパスポートと株式会社マネーパートナーズが発行しているManepa Card(マネパカード)の2枚があります。

 

クレジットカードとプリペイド式カードの違いとは?

クレジットカードについては知っているという人も多いかもしれませんが、簡単に説明すると、「現金を使わずに決済(支払い)ができるカード」です。

 

どのような仕組みになっているかというとカード会社が一時的に支払いの建て替えをしてくれるというものです。

 

詳しい内容については以下の記事でも紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

 

プリペイド式のカードの仕組みは?

一方でプリペイド式のカードというのはその名の通り「事前に支払い済み」のクレジットカードになります。

 

(Prepaied=前払いという意味ですからね)

 

分かりやすく言うとデビットカードや電子マネーと同じようなもので、事前に登録した口座に入金(チャージ)しておいた金額分だけお支払に利用できるカードになります。

 

プリペイド式のクレジットカードを利用するメリットとしては使い過ぎの心配が無いという事です。

 

クレジットカードの場合、例えば手持ちが10万円しかなくてもクレジットカードの利用限度額が50万円のカードを持っていると、最大で50万円分が利用できてしまいます。

 

そのため手持ちのお金以上に使ってしまう危険性があるので、お金の管理がまだ未熟な海外留学にいく学生などの場合ではあまり持たせたくないでしょう。

 

そういった場合にプリペイド式のクレジットカードであれば使い過ぎの心配がありません。

 

また、旅行中に事前にチャージしておいた金額が足らなくなってしまった場合でも、インターネットバンキングから追加でチャージすることも可能です。

 

ほかにも使う分だけお金だけを入金するシステムなので、万が一海外で盗難・紛失してしまっても、被害を最小限に抑えることができます。

 

また、現金に対して通貨の交換手数料が不要になるというメリットもあります。

 

現金の場合だとそのつど現地の通貨に交換しなければなりませんが、交換するためには手数料が発生してしまいます。

 

手数料は国によっても交換する場所によっても異なりますが、交換する金額の約3~5%程度が手数料として発生してしまいます。

 

プリペイド式のカードの場合にも利用手数料が発生しますが、最安で1.6%程度となるので、現金に対してお得になるというメリットがあります。

 

ほかにもプリペイド式のクレジットカードはカード発行の審査が不要というメリットもあります。

 

クレジットカードの場合カード発行に伴い審査があり、審査の結果によってはカードが発行できないという可能性があります。

 

しかし、プリペイド式のクレジットカードは自分が使う分だけのお金を入金(チャージ)して利用するカードのため、カード発行のための審査がありません。

 

カード発行のための年齢制限(15歳以上)というのはありますが、これをクリアせしていれば誰でもカードを発行することができます。

 

MasterCardブランドはどこでも使えるの?

クレジット決済の主なブランドとしてはVISA、MasterCard(マスターカード)、JCB、American Express(通称アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)が世界の5大ブランドとしてあります。

 

そしてキャッシュパスポートManepa Card(マネパカード)ともにカードブランドはMasterCardブランドになります。

 

もっとも有名なのはVISAブランドかもしれませんが、MasterCard(マスターカード)は世界で最も多くの加盟店で使えるカードブランドなので、これ1枚を持っているだけでもほとんどの場所で使えます。

 

世界で最も多くの場所で使えるMasterCard

 

とくにMasterCardは昔からヨーロッパ(欧州)地域に強いと言われているので、イギリスやフランス、スペイン、ドイツなどの地域へ行く予定の方には良いでしょう。

 

もちろん、ヨーロッパ以外のアメリカ(北米)、南米、日本を含めたアジアなどの地域でもMasterCardが使える場所が多いので心配ありません。

 

逆に海外で利用する際に注意して欲しいのはJCBやAmerican Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)などのカードブランドです。

 

これらのカードブランドももちろん海外でも利用できるのですが、海外で利用できる場所がVISAやMasterCardに比べると少ないので、必ずVISAかMasterCard(マスターカード)のいずれか一枚を持って行くことを強く推奨します

 

とくにJCBは日本発祥のカードブランドで、日本では使い勝手は非常に高いのですが、海外ではそれほど多くありませんので気を付けて下さい。

 

また、中国では銀聯(ぎんれん)という中国発祥の決済ブランドがあり、こちらの決済ブランドが普及しています。

 

日本でも銀聯(ぎんれん)カードが発行できる国内のクレジットカードとして三井住友カードなどがありますので、中国へ行く予定の方はこちらのカードを作っておいた方が安心でしょう。

 

海外留学でキャッシュレス払いの異文化も学ぼう

海外に留学する人の大きな目的は勉強や語学を学ぶことだと思いますが、異国の文化に触れることも貴重な経験の一つになるでしょう。

 

食事や風習、生活習慣などの一つ一つが貴重な経験となりますが、現金を使わないキャッシュレス決済というのも一つの大きな経験となるでしょう。

 

日本では現金払いが当たり前の社会ですが、海外では日本とは違った支払いのスタイルが主流のため、キャッシュレス決済の習慣を身につければ、他の国での生活にも順応しやすくなります。

 

キャッシュパスポートManepa Card(マネパカード)を利用して、海外でのお支払スタイルを是非楽しんでください。

 

バックパッカーなどの一人旅でも心配ないカード利用ができる


留学ではなく旅という方法で海外の文化に触れようとする人もいるでしょう。

 

特に最近ではバックパッカーなど海外を一人で旅をするという人も増えています。

 

危険や不安との隣り合わせという一面もありますが、一人で海外の生活を送ることによる充実感や達成感というのが味わえるのも一人旅の醍醐味です。

 

しかし、海外へ長期の旅などをする場合には一時的に無職という状態になる人もいるでしょう。

 

海外で支払いをするためにクレジットカードを作ろうとしても、審査に通らないという人もいるかもしれません。

 

そんな人にはキャッシュパスポートManepa Card(マネパカード)のようなプリペイド式のクレジットカードという存在は非常に貴重です。

 

入金(チャージ)などもネットで出来るので、パソコンや海外用のWi-fiを持っていればネットバンキングを利用して、いつでもどこでも入金(チャージ)をすることができます。

 

万が一盗難などの被害にあってもチャージしたお金をすぐに出金などすれば、被害を最小限に抑えることもできるので、心配なくカード払いを利用できます。

 

海外でのショッピングやレジャーが快適になる

海外旅行へ行く場合にはクレジットカードが1枚あるだけでも買い物などが非常に便利になります。

 

通貨の交換所などを探し回る必要もなくなりますし、買い物先で現金払いを断られるようなことも無くなります。

 

現地での移動で電車やタクシーを利用する際にも現金よりもクレジットカードの利用の方が当たり前のところもありますし、またホテルなどでは支払いに現金を利用できないなんてこともあります。

 

プリペイド式ではない、クレジットカードのすすめ

あえてプリペイド式のカードを選ぶ必要がなくクレジットカードでいいという人であれば、最初からクレジットカードを選んだ方がさらに便利です。

 

クレジットカードならプリペイド式のカードのように入金(チャージ)をする必要もなく、入金手数料も掛かりません。

 

また、クレジットカードには海外旅行傷害保険なども付帯しているものが多く、海外へ行くために保険に入る必要なものないというのも大きなメリットです。

 

では、海外で利用するのにおすすめのクレジットカードは一体どんなカードがあるのか?

 

ここでは、海外で利用するのに便利なクレジットカードを3枚だけ紹介します。

 

三井住友カード


海外で利用するのにもっともおすすめのクレジットカードは三井住友カードです。

 

おすすめしたい理由

■VISAブランドとMasterCardブランドが作れる

■学生向け、女性向けなどカードの種類が豊富

■中国で便利な銀聯(ぎんれん)カードも発行できる

■セキュリティがしっかりしている

■実質年会費を無料で利用できる

 

三井住友カードは海外で使うには最も信頼できるクレジットカードと言えるでしょう。

 

三井住友カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

 

JALカード

JALカードも海外で利用するのには便利なクレジットカードです。

 

おすすめしたい理由

■VISA、MasterCard、JCB、アメックスの4ブランドから選べる

■カード利用でマイルを貯めて飛行機に乗れる

■空港売店や機内販売でのお買い物がお得になる

 

JALカードなら日々のお買い物で帰国のためのマイルを貯めることができます。

 

JALカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

 

まったく同じ理由でANAカードもおすすめの一枚です。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カード


最後に紹介するのは海外のクレジットカードであるアメリカン・エキスプレス・カードです。

 

おすすめしたい理由

■海外でも通用するアメックスブランド

■空港利用に便利な特典が豊富に揃っている

■充実した旅行傷害保険を付帯している

■空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが発行できる

 

旅行やレジャーで利用するならアメックスカードは旅を快適にしてくれる頼もしいクレジットカードです。

 

アメリカン・エキスプレス・カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

 

以上、海外留学・海外旅行で使えるプリペイド式カード 「キャッシュパスポート」と「Manepa Card(マネパカード)」の記事でした。

 

読んで頂きありがとうございました。

コメント

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
タイトルとURLをコピーしました