2020年2月26日よりモバイルSuicaが年会費無料で利用できる。VIEWカードの優位性は下がりますが他のカードは魅力アップになります。

これまでスマホアプリのモバイルSuicaはAndroid端末を利用しているユーザーにとって、スマホでSuica決済をするための手段として多く利用されてきました。

(iPhoneユーザーはWalletで利用可能)

しかし、モバイルSuicaを利用するためには唯一の欠点として年会費が必要というのがありました。

これまでモバイルSuicaを利用する際にはVIEWカード以外のクレジットカードで支払いをする際には、年会費として1,030円(税込)の支払いが必要でした。

この年会費を唯一無料で利用できるクレジットカードというのがVIEWカード(ビューカード)でした。

しかし、2020年2月26日からついにモバイルSuicaが年会費無料でサービスを解禁することがJR東日本より発表されました。

モバイルSuica「年会費無料化」のポイント ビューカードを続ける価値は? (J-CASTニュース)

これによりSuicaチャージに利用できるカードは全て年会費無料で利用できることになります。

ガラケーや古い機種のスマホはモバイルSuicaが利用できなくなる

ただし、今回のニュースで残念な点があります。それは、ガラケーや古い機種のスマホではモバイルSuicaそのものが利用できなくなってしまうということです。

「モバイルSuica」年会費無料に、ケータイ向けサービスは終了~2020年2月以降 (engadget日本版)

ガラケーについてはほぼ絶望的な状況です・・・そして、スマホにおいても2014年頃までに発売された機種とAndroidのバージョンが4.4までの機種については対応できなくなってしまうということです。

Androidスマートフォンの一部の機種では2020年12月22日でサービス提供が終了となります。
例として、NTTドコモのXperiaシリーズでは2014年発売の「Xperia A2」以前の機種が、Galaxyシリーズでは2014年発売の「GALAXY S5 SC-04F」以前の機種がサービス終了の対象となっています。
なお、今回の発表で対象とならなかった機種についても、Android 4.4で利用している場合には、2021年3月以降にモバイルSuicaのサービスが利用できなくなる予定となっています。

出典 engadget日本版

古い機種のスマホを大切に使っているという人は、2020年以降モバイルSuicaの利用を続けることは難しくなりそうですね。

なお、回避策としてはGoogle Pay(グーグルペイ)のアプリ経由でSuicaを利用するという方法も残されているので、そちらを検討してみるといいでしょう。

Suicaチャージ分がポイントに還元されるクレジットカードは魅力向上

今回のモバイルSuicaのサービス改訂によりこれまで年会費が有料となっていたクレジットカードにおいて、チャージ分がポイントに還元されるクレジットカードは魅力が向上したということになります。

では、Suicaチャージ分がポイントに還元されるクレジットカードにはどんなものがるのかというと、以下のクレジットカードになります。

・ ビックカメラSuicaカード (公式サイト)

・ Yahoo! JAPANカード (公式サイト)

・ リクルートカード (公式サイト)

これら3枚のクレジットカードはモバイルSuicaのチャージでもポイントが貯められるというとても貴重な存在のクレジットカードです。

ちなみに年会無料という優位性はなくなりましたが、VIEWカード(ビューカード)も変わらずモバイルSuicaのチャージでポイントが貯まるカードになります。

・ 「ビュー・スイカ」カード (公式サイト)

Suicaの電子マネーとしての魅力は盤石になりつつある


モバイルSuicaの年会費無料化でSuicaの電子マネーとしての魅力はさらに鉄壁なものになったと感じます。

おそらくいま日本で最も利便性の高い電子マネーを一つ選べといったら誰もがSuicaをあげるでしょう。

電車やバスにもつかえてコンビニでも使える、さらには一部の飲食店でもSuicaでの支払いが可能です。

これだけ利便性が高い電子マネーというのは持っているだけでも重宝します。

2020年以降もおそらくSuicaは日本の主力の電子マネーとして君臨すると思いますので、これからモバイルSuicaを利用しようとしている方は、ぜひチャージ分もポイントが貯まるクレジットカードを選んで上手に活用して下さい。

以上、2020年2月26日よりモバイルSuicaが年会費無料で利用できる。VIEWカードの優位性は下がりますが他のカードは魅力アップになります。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする