あえてデメリットを強調して解説。これからクレジットカードを作ろうという人へ忠告!クレジットカードは魔法のカードではない!!

おそらく2019年には消費税増税対策としてクレジットカードなどを作ろうと考える人が多数出てくるのではないかと思います。

私のようなサイト運営者としては願ったり叶ったりなところもあるのですが、利用者側の目線で考えると1点危惧するところがあります。

それはクレジットカードを魔法のカードと勘違いをして使い過ぎをしてしまうということです。

多くの人がクレジットカードを敬遠する理由の一つが「どれだけ使ったのか分からず使い過ぎてしまう」という点でしょう。

使っても手持ちの現金が減らないことで、まるでお金持ちになったかのように錯覚して使い過ぎてしまうというのは本当に危険な行為です。

特に今までクレジットカードに触れてこなかったという人は、クレジットカードをどのように使えば良いのかも分からないかもしれません。

いきなりクレジットカードをメインで利用するというのはちょっとハードルが高いでしょう。

そこで今回はクレジットカードを初めて使う人におすすめの使い方のステップについて紹介したいと思います。

まずは光熱費などの固定費の支払いからクレジットカードを利用する

いきなり普段の買い物を現金からクレジットカードにするのはちょっと怖い。そんな人におすすめなのは電気・ガス・水道など毎月必ず発生する支払いからクレジットカードにしてみることをおすすめします。

一体なぜかというと固定費の支払いであればまず、使い過ぎてしまう心配というのがほぼゼロに近いからです。

電気・ガス・水道などの料金をクレジットカード支払いにするのは面倒そうと考える人もいるかもしれませんが、これはとても簡単です。

例えばJCBカードなどは公共料金のお支払いに利用できるところを細かく紹介しています。

公共料金・携帯電話料金などの毎月のお支払い (JCBカード公式サイト)

これらの公共料金のお支払いをクレジットカードにすることで簡単にキャッシュレス支払いを体験することができます。

初めて公共料金のお支払いにクレジットカードを利用するのであれば「JCB CARD W」を利用するのがおすすめです。

JCB CARD Wであれば支払いに応じてもらえるポイントも通常の2倍という高還元率でポイントをもらえるというメリットがあります。

・ JCB CARD W (公式サイト)

JCB CARD Wについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

電子マネーチャージからクレジットカードを利用する

公共料金のお支払いにクレジットカードをすでに利用しているという人は、次なるステップとしては電子マネーのチャージにクレジットカードを利用することです。

電子マネーで最も利用している機会が多いものとしては交通系ICのSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)が最も多いでしょう。

もし、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)を利用しているのであれば、チャージする方法をクレジットカードに切り替えることで、クレジットカードを上手に活用することを体験するできます。

例えば、Suica(スイカ)を利用しているの方であればビックカメラSuicaカードでSuica(スイカ)チャージを利用すれば、驚くほどにポイントが貯まるというのを体験することができます。

・ ビックカメラSuicaカード (公式サイト)

このカードを作ったらまずはSuica(スイカ)チャージのみ利用するので十分です。

Suica(スイカ)チャージだけでもオートチャージ機能などを利用することができるので、十分に魅力を感じることができるでしょう。

もし、慣れてきたらビックカメラの買い物などに利用してみてください。

ビックカメラSuicaカードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

また、PASMO(パスモ)を利用しているのであればPASMOチャージができる「ソラチカカード」を利用すれば、東京メトロポイントやANAマイルも貯めることができるのでおすすめです。

・ ソラチカカード (公式サイト)

ソラチカカードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

もし小田急線をメインに利用されている方であればソラチカカードではなく、「OPクレジット」を利用した方がいいでしょう。

・ 小田急ポイントカード【OPクレジット】 (公式サイト)

OPクレジットカードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

こちらの2枚はPASMO(パスモ)のオートチャージ機能も搭載しているので、PASMO(パスモ)チャージ専用に利用しても十分に魅力的なクレジットカードになっています。

ネットショッピングにクレジットカードを利用する

公共料金のお支払いも電子マネーのチャージにもクレジットカードを利用することができたのであれば、次はネットショッピングにクレジットカードを利用することですね。

意外とネットショッピングにクレジットカードを利用することが一番ハードルが低い気がすると思いますが、ネットショッピングとなるとカードを利用する金額も変動するので使い過ぎが心配になるでしょう。

ちなみにネットショッピングで最もポイントが貯まりお得になりやすいカードは以下の2枚です。

■ 楽天カード (公式サイト)

■ Yahoo! JAPANカード (公式サイト)

これらのクレジットカードは「楽天市場」及び「ヤフーショッピング」で他のクレジットカードに比べてたくさんポイントが貯まるので非常にお得です。

ただし、これらのカードで貯まるポイントには「期間限定ポイント」というのがあります。

この期間限定ポイントを上手に活用しないといけないのですが、ポイントを使うことが目的になってしまうと次から次へと買い物を繰り返してしまい浪費癖がつく恐れがあります。

本来節約するためのポイントがむしろ浪費の原因になりやすいのが期間限定ポイントです。

この期間限定ポイントを敢えて無視する事で浪費癖を解消することができるオススメのクレジットカードが「セゾンカード」です。

・ セゾンカードインターナショナル (公式サイト)

セゾンカードを利用するメリットとしては、セゾンカード利用で貯まるポイントが「永久不滅ポイント」という有効期限が無期限ポイントという点です。

ポイントの有効期限に縛られないことで、焦って買い物をする必要も無くなり、また無駄な不用品を購入してしまうことを予防することができます。

セゾンカードインターナショナルについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

また、ネットショッピングでクレジットカードを利用することに対しては不正利用の不安もあると思います。

ポイントよりも盤石(ばんじゃく)なセキュリティ対策をしているクレジットカードを利用したいという方であれば、おすすめなのが「三井住友カード」です。

・ 三井住友VISAカード (公式サイト)

三井住友カードは国内屈指の安全対策を実施しているクレジットカード会社なので、カードの不正利用に対する不安が最も少なく利用できるクレジットカードです。

三井住友カードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

「デメリット=不安要素」デメリットを理解することで安心して利用することができます

この記事の冒頭で一体なんでデメリットを強調して紹介したのかというと、そもそもみんながデメリットと思っていることは不安要素に思っていることです。

「使い方が分からずクレジットカードを利用したら使い過ぎてしまうんじゃないか?」

「クレジットカードを利用して不正利用被害にあってしまったらどうしよう?」

「勝手にリボ払いを利用してしまっていたらどうしよう?」

おそらくで初めてクレジットカードを利用する人は様々な不安を感じていると思います。

そんな不安を感じている人にいきなり「現金の代わりにクレジットカードをこれから使っていきましょう!」と言っても難しいでしょう。

まだ十分に理解していないものなので、少しずつ段階を踏んでいかないと使いこなすというのは難しいです。

まずは公共料金のお支払いに、次に電子マネー、さらにネットショッピングへの利用と、段階的にクレジットカードを利用していけば、少しずつクレジットカードを理解しながらキャッシュレス決済を体験していくことができます。

さぁ、普段のお買い物にクレジットカードを利用してみよう

今回紹介したステップを少しずつ踏んでいけば、おそらくクレジットカードを利用することに対する不安も無くなっていくでしょう。

また、クレジットカード以外のキャッシュレス支払いを利用することに対しても抵抗が無くなっていき、自然と生活の中にキャッシュレス支払いを取り入れていくことができると思います。

おそらく他にも「どれだけ使ったのかが分からなくて不安になる」などいろんな意見もあるかもしれませんが、まずは一歩踏み出してみることが大切です。

もし周りの人にクレジットカードを使っている人がいたら、そういった人の意見を聞いてみるのも一つの手でしょう。

食わず嫌いではありませんが、使わないまま放っておくのはもったいないのがクレジットカードです。

初めてで不安という人も、まずは公共料金のお支払いからでもクレジットカードを利用して体験してみることをおすすめします。

以上、あえてデメリットを強調して解説。これからクレジットカードを作ろうという人へ忠告!クレジットカードは魔法のカードではない!!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする