楽天ゴールドカードの国内空港ラウンジサービスが改悪。2018年9月から年間2回しか利用できなくなります。代替カードはどうする?

楽天ゴールドカードは年会費2,160円(税抜)で持てる格安のゴールドカードで、これまで国内空港ラウンジ利用サービスを提供していました。

この年会費の安さで国内空港ラウンジの利用が出来るというのは非常に貴重な存在でしたが、2018年9月1日から年間2回までの利用制限となることが2018年6月1日にお知らせされました。

楽天ゴールドカード サービス変更に関してのお知らせ

空港のラウンジ利用料金は1人あたり通常1,000円~1,500円程度なので、楽天ゴールドカード年会費と空港のラウンジ利用料金がほぼ一致するという結果となった感じです。

国内空港ラウンジ利用料金の一例

羽田空港 POWER LOUNGE:1,080円/人

羽田空港 エアポートラウンジ:1,080円~2,160円/人

成田国際空港 トラベラウンジ:1,200円/人

成田国際空港 トラベラーズラウンジラシュラン:1,030円/人

これはあくまで推測ですが、楽天ゴールドカード会員の人が年間に何十回と利用する人がいたため、より高い年会費のカード会員が快適に空港ラウンジを利用できなくなってしまったせいだと思います。

なお、空港ラウンジの利用回数の制限が出来る代わりに新たなサービスとして、楽天トラベルデスクが利用できるようになりました。

トラベルデスクは現地の観光情報、レストランのご案内や、パスポート紛失など緊急時のご案内などに利用できるサービスです。

たしかに便利なサービスではあるのですが、このようなサービスは他のゴールドカードには当たり前のように用意されているサービスです。

まさに焼け石に水といったところですね・・・・。

今回のサービス変更によって楽天ゴールドカードを他のゴールドカードと比べると、残念ながらサービス内容はやはり見劣りしてしまうでしょう。

2018年9月以降楽天ゴールドカードを作るべきか?

このサービス内容が変更になることによって、楽天ゴールドカードに対する魅力というのは著しく下落してしまい、お勧めするのが少し難しくなってしまいます。

2018年9月1日から楽天ゴールドカードが一般の楽天カードに比べて優位性がある点としてポイント還元率のみとなります。

・楽天市場で年間10万円以上利用する場合:楽天ゴールドカードがお得

・楽天市場で年間10万円未満の利用をする場合:一般の楽天カードがお得

楽天ゴールドカードに残された魅力として楽天市場でのポイントが5倍になるという点です。

通常100円のご利用で1ポイントのところ、100円のご利用で5ポイントもらえるのですから、年間10万円ご利用すれば5,000円分のポイントがもらえることになります。

一般の楽天カードでも100円のご利用で3ポイントもらえますが、年間10万円ご利用しても3,000円分のポイントにしかなりません。

年間で10万円のご利用となると楽天ゴールドカードと楽天カードのポイント差は2,000円分となるので、楽天ゴールドカードの年会費とほぼ同等になります。

そのため、もし楽天市場でのご利用が年間10万円未満の場合は一般の楽天カード発行することで十分です。

楽天ゴールドカードで国内空港ラウンジ利用していた人は2018年9月以降どのカードに切り替えるべきか?

まず、2018年9月以降も楽天ゴールドカードのサービスには空港ラウンジの利用というのは残ります。

おそらくカードの特典に空港ラウンジ利用というのがあると集客につながるので完全に外せなかったのでしょう。

年間に空港ラウンジを利用する2回より少ない方であれば、2018年9月以降も楽天ゴールドカードは魅力的なカードになるでしょう。

しかし、年間に空港ラウンジを2回以上利用する機会のある方の場合、他のゴールドカードを作った方がお得になります。

・空港ラウンジを年2回以内利用する場合:楽天ゴールドカードがお得

・空港ラウンジを年2回以上利用する場合:他のゴールドカードがお得

せっかくゴールドカードを持っていても回数制限のある空港ラウンジ利用というのは少し寂しいですよね。

そこで、空港ラウンジが利用できる年会費の安い、楽天ゴールドカードの代替となるゴールドカードを3枚だけ紹介したいと思います。

おすすめは三井住友ゴールドカード

国内空港ラウンジを回数制限なく利用したい方で、楽天ゴールドカード並みの年会費に抑えたいという人におすすめなのが三井住友ゴールドカードです。

三井住友ゴールドカードは通常年会費が10,000円(税抜)と安くないのですが、「WEB明細+マイペイすリボ」というサービスを利用するだけで、年会費が4,000円(税抜)と半額以下になります。

また、三井住友ゴールドカードは入会できる年齢が30歳以上という年齢制限がありますが、20代の方には三井住友VISAプライムゴールドカードという20代の方向けのカードがあります。

三井住友VISAプライムゴールドカードは三井住友ゴールドカードと同等のサービスながら、通常年会費が5,000円(税抜)と格安となっています。

しかも「WEB明細+マイペイすリボ」というサービスを利用すれば、年会費が1,500円(税抜)と楽天ゴールドカードよりも安い年会費で回数制限のない国内空港ラウンジ利用をすることができます。

三井住友ゴールドカードについては、こちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

おすすめはエポスゴールドカード

エポスゴールドカードは年会費5,000円(税抜)で持つことが出来るゴールドカードです。

なお、エポスゴールドカードに入会するには電話申し込みか、通常の【エポスカード】を利用してインビテーションから入会するという2つの方法があります。

電話申し込みの場合にはエポスゴールドカードデスクに電話をすれば、通常年会費5,000円(税抜)で持つことが出来ますが、【エポスカード】で年間50万円ほど利用してエポスゴールドカードのインビテーションを受け取って入会すれば年会費が無料となります

年会費無料で空港ラウンジを利用できるというのは、インビテーションでエポスゴールドカードに入会した人の特権です。

おすすめはdカードゴールド

dカードゴールドはドコモユーザーの方なら圧倒的にお得に空港ラウンジを利用できるカードです。

dカードゴールドは通常年会費が10,000円(税抜)と安くはありませんが、dカードゴールドには「ドコモ利用料金10%ポイント還元」というサービスがあります。

このサービスを利用すれば1ヶ月9,000円のドコモ利用料金がある方は、dカードゴールドの年会費が実質無料になることと同じになります。

なお、ドコモ光を契約されている方であれば、ドコモ光の利用料金も10%ポイント還元の対象となります。

つまり、ドコモの携帯電話利用料金とドコモ光の合計が1ヶ月9,000円以上となる場合、9,000円を超える分は実質ポイントでお得をするということになります。

これだけの特典がありながらさらに空港ラウンジ利用の特典も付いているので、ドコモユーザーならdカードゴールドがあれば楽天ゴールドカードは不要でしょう。

dカードゴールドについては、こちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

以上、楽天ゴールドカードの国内空港ラウンジサービスが改悪。2018年9月から年間2回しか利用できなくなります。代替カードはどうする?の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする