セブン-イレブンでのクレジットカードの支払い方法が新しく変わりました。これまでは手渡しでしたがICチップ付きカードは読み取り機へ差し込みましょう。

これまでセブン-イレブンでのお買い物をクレジットカードで支払っていた人は、ここ最近「あれ?変わった?」と思ったでしょう。

セブン-イレブンではこれまでクレジットカードのお支払方法はどんなカードでも店員さんへ手渡しでしたが、10月23日よりICチップ付クレジットカードではカード読み取り機に自分でカードを入れるという方式に変わりました。

セブン&アイ、カード決済の安全性向上 カード番号を店に残さず (日本経済新聞)

知らなかった人は突然支払方法が変わったことにびっくりしたことでしょう。

一体なぜこのようなことが起こったのかを簡単にご紹介したいと思います。

理由はクレジットカード取引のセキュリティ強化


「いままでのクレジットカードの手渡しの支払いで何が問題だったのか?」

それは一言でいうとカードの不正利用が簡単にできてしまうということです。

コンビニでクレジットカードを利用したことがある人なら分かると思いますが、自分以外の人がカードで支払いをしても分からないと思ったことはありませんか?

支払い時にサインもしない、暗証番号の確認も無いとなるとカードを持ってさえすればほぼ誰でも利用することが出来てしまいます。

もしサインを求められたとしてもカードの裏面に記載された署名と筆跡を合わせれば簡単に利用できてしまうでしょうし、サインした署名をじっくりと確認するということもほとんどありません。

もはやクレジットカードが第三者の手に渡ってしまったら利用停止をしない限り使いたい放題になってしまいます。

当然こんな状況ではクレジットカードを利用している人は安心できませんよね。

そこで日本クレジットカード協会が2020年までに世界水準のクレジットカード決済の環境整備をするという取り組みで始まったのが、クレジットカードの決済端末をICチップ対応にするというものです。

この取り組みの内容についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

ちょっと小難しい内容になっているので興味のある方や時間のある方は読んでみて下さい。

これからはカード決済機に挿すスタイルが主流になっていく

いままでのセブン-イレブンでのクレジットカードの手渡しというのはほとんどの店舗で利用できなくなってくるでしょう。

これからは自分でクレジットカード決済端末にカードを差し込んで支払うというスタイルになるため、店員さんにカードを渡すということが必要なくなります。

ちなみにこの方式はコンビニエンスストアではすでにローソンが導入しているので、コンビニエンスストアではローソンとセブン-イレブンがこれからこの支払い方法になりますね。

わずかにICチップの付いていないクレジットカードのみ磁気ストライプでの読み取りとなりますが、そういったカードは逆に安全性が低いクレジットカードということになります。

もし自分の持っているクレジットカードのセキュリティが心配という方は、こちらの記事でセキュリティ性の高いクレジットカードを紹介しているので参考にしてみて下さい。

不正利用の被害に遭う前に早めに切り替えてしまう方が安心ですよ。

セブンカード・プラスは大丈夫?2017年6月以降申し込みのJCBブランドの人は大丈夫ですよ。


セブン-イレブンでのお買い物にクレジットカードを利用する人ならセブンカード・プラスを利用しているという人も多いでしょう。

そんな人は「さすがにセブンカード・プラスは大丈夫でしょう」と思うかもしれません。

じつはセブンカード・プラスがICチップ付になったのは2017年6月27日からのため、約1年半ほど前と最近の出来事です。

・・・・実は意外と最近の出来事なのです。

しかもJCBブランドのみの対応となっているためVISAブランドを選んだ人はまだICチップがついていないと思います。

そのため2017年6月以前にセブンカード・プラスを発行したという人は自分の持っているカードにICチップが付いているかどうか一度確認することをおすすめします。

セブンカード・プラスのICチップ付カードについてはこちらから参照して下さい。

・ ICカードについて (公式サイト)

再発行手数料が掛かりますがICカードに切り替えることも可能ですよ。

・ セブンカード・プラス (公式サイト)

なお、セブンカード・プラスについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

以上、セブン-イレブンでのクレジットカードの支払い方法が新しく変わりました。これまでは手渡しでしたがICチップ付きカードは読み取り機へ差し込みましょう。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする