ビックカメラSuicaカードについて徹底的に解説。Suica利用者ならポイント還元率1.5%なので必ず持っておきたい一枚です。

・・・・ついにこのカードについて解説する時が来たようです。

いままでこのカードをについて詳しく解説していなかったというのが嘘のようですが、それくらいクレジットカードの中でも重要な一枚です。

なぜこんな前置きをするかというと、ビックカメラSuicaカードを知ってこそ真のクレジットカードの達人とも言えるからです。

ビックカメラSuicaカードは株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードです。

この株式会社ビューカードの親会社は東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)なので、ビックカメラとの提携カードということになります。

その名の通りビックカメラで利用するとポイントがお得に貯まるカードですが、このカードの特筆すべき点は交通系電子マネーSuicaとの相性が非常にいいカードです。

しかも本家本元のVIEWカードを差し置いてしまうくらいのスペックを誇ります。

では、まずそんなビックカメラSuicaカードの概要について紹介したいと思います。

カード名称 VIWEカード(ビューカード)
カードブランド VISA,JCB
入会資格年齢 18歳以上(高校生除く)
年会費 本人 477円(税抜)※
年会費 家族会員 477円(税抜)
ご利用可能額 10万円~80万円
お支払方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
旅行傷害補償(国内) 最高1,000万円
旅行傷害補償(海外) 最高500万円
ポイント還元率 1.0%
ポイントサービス JREポイント,ビックポイント
電子マネー対応 Apple Pay,Suica

※年1回のご利用で年会費無料

ここで1点注目しておいて欲しいのが、年会費477円(税抜)が年間1回の利用で無料になるという所です。

この年間1回の利用には金額は指定されていないので、極端な話で言えばコンビニでおにぎり1個のお支払いでもOKですよ。

カードを年に1回も使わないで477円(税抜)支払うなら、カードを1回でも使っておにぎり1個買う方が誰だっていいでしょう。

毎年おにぎり1個カードで支払って食べるだけで年会費無料のカードとして使い続けられるのですから嬉しいですよね。

(ちなみにおにぎりではなくチロルチョコやうまい棒でもOKですよ)

それではビックカメラSuicaカードの魅力について詳しく紹介していきたいと思います。

Suicaチャージでポイントが1.5%と抜群に貯まる最強カード


ビックカメラSuicaカードの最大の魅力はSuicaをチャージして貯まるポイントの多さです。

すでに書いていますがSuicaチャージで貯まるポイントの還元率は1.5%と他の追随を許さないほどのスペックを誇ります。

もはやSuicaをチャージするのために生まれてきたカードと言えるでしょう。

この1.5%という還元率はSuicaチャージの中でもトップクラスです。

他のクレジットカードでSuicaチャージをしているという方は今すぐビックカメラSuicaカードを利用した方が良いでしょう。

Suicaをチャージするために生まれてきたカード → ビックカメラSuicaカード (公式サイト)

1.5%ってそんなにお得なの?

「1.5%でやたらと大騒ぎしているけれどそんなの大したことないでしょ?100円で1.5円しかお得にならないんでしょ?」

賢い人は頭の中でこんな計算をしているのではないでしょうか?

確かに1.5%がすごいと言われてもピンとこないですよね。

そこでもっと分かりやすくするとしたら1ヶ月の電車代や3ヶ月の定期券代などで考えてみて下さい。

片道500円くらいの区間で通勤に利用していれば1ヶ月の定期代は約30,000円くらいになると思います。

もし、3ヶ月の定期券として購入した場合は約90,000円の定期代となりますよね。

(実際には定期券になるともっと安いと思いますが)

これらの電車料金の1.5%となるとどれくらいになるでしょうか?

■1ヶ月:30,000円 × 1.5% = 450円

■3ヶ月:90,000円 × 1.5% = 1,350円

ちょっと魅力的に感じてきませんか?

もし年間で考えると450円が12ヶ月分となり年間で5,400円の節約効果が生まれます。

しかも年間の負担は実質無料です。

ちなみにこの計算は片道が500円という区間での計算なので、電車料金がもっと高い区間で定期券を利用している方なら、さらに大きな節約効果を生み出すことができるでしょう。

ビックカメラSuicaカード (公式サイト)

ビックカメラでの利用ならさらにお得に

ビックカメラSuicaカードのさらにお得な利用方法として、Suicaチャージした電子マネーでビックカメラでのお買い物があります。

Suicaでビックカメラでのお買い物のお支払いをするとビックカメラのポイントが10%もらえるという特典があります。

Suicaチャージ分も含めると最大で11.5%というポイントをもらうことも可能です。

ただし、注意点としてこちらの特典が利用できるのはお買い物金額が2万円までとなりなります。

その理由はSuicaチャージの上限が2万円までということと、ポイントが10%もらえるのは1枚のSuicaでのお支払のみが適用となるためです。

複数枚のSuicaを利用して2万円以上の高額な商品のお買い物をしようとする場合には適用されませんので注意して下さい。

Suicaでの支払いではなく普通にカードで支払った場合は?

ビックカメラでSuicaでの支払いではなく、普通にカードでのお支払いとして支払った場合はどうなるのか?

実はビックカメラSuicaカードにはビックポイントカードの機能も搭載されているので、カードでお支払いをしてもポイントが10%もらえます。

もちろんビックカメラグループのソフマップやコジマでのお買い物も同様です。

Suicaチャージ分のポイントも欲しい人であればSuicaでの支払いの方がお得ですが、高額商品のお買い物であればカードでお支払いをしても十分お得になりますのでご安心下さい。

家の近くにビックカメラが無い・・・そんな人でも大丈夫!

ビックカメラSuicaカードはその名の通りビックカメラでお得になるカードというイメージがあると思うので、ビックカメラを利用しない人にはメリットが無いという先入観があると思います。

「家の近くにビックカメラが無いからメリットないよ」と最初から決めつけてしまい、このビックカメラSuicaカードを検討していないという人もいませんか?

じつは、このビックカメラSuicaカードは家の近くにビックカメラが無くても十分メリットがあるカードです。

「えっ!?ビックカメラSuicaカードなのにビックカメラで使わなくていいの?」って思う人もいるかもしれません。

はい。そうなのです。

最初にも説明した通りでビックカメラSuicaカードはSuicaのチャージだけでも1.5%もポイントをもらえるお得なカードです。

そして、Suicaといえば電車の利用以外にもコンビニでも支払うことが出来たり、ファミレスなどの支払いにも利用できたりと使い道はとても多彩です。

そのため、ビックカメラでお買い物をしなくてもSuicaチャージ専用として利用するだけでも十分作る価値のあるカードです。

ビックカメラは利用しないけれどもSuicaは利用している、という人はそれだけで十分このカードを作る意味があります。

Suicaのオートチャージも利用できる

ビックカメラSuicaカードのSuicaとの相性はとても抜群です。

ビックカメラSuicaカードは本家VIEWカードのお家芸ともいえるSuicaのオートチャージにまで対応しています。

このオートチャージという機能はSuicaの残高が減って支払いの際に残高不足になったら自動的にチャージをしてくれるというとても便利な機能です。

SuicaのオートチャージはVIEWカードの特権ともいえるべき機能ですが、ビックカメラSuicaカードもVIEWカードの提携カードのためこの機能を利用することが出来ます。

ここまで聞くともうお気づきかもしれませんが、現時点でSuica利用者の最強カードはビックカメラSuicaカードと言えるでしょう。

Suicaもビックカメラも利用しない時はどうなるのか?

ここまでSuicaのチャージやビックカメラグループでの利用シーンを限定して紹介してきましたが、それ以外のところで利用するとどうなるのか?

もちろん普通のクレジットカードとして利用できます。

なお、普通に買い物などで利用する場合はポイントは以下のようになります。

■100円のご利用:JREポイント0.5ポイント

■100円のご利用:ビックポイント0.5ポイント

ポイントが2種類に分かれてしまうのはちょっと面倒です。

しかし、このポイントは相互交換が可能なのでどちらかのポイントにまとめて利用したいという方はご安心下さい。

ちなみにポイントの交換としては以下のようになります。

■1,500ビックポイント → Suica1,000円分 (交換率:約67%)

■1,000JREポイント → 1,000ビックポイント (交換率:100%)

ビックポイントからの交換はちょっともったいない気がするかもしれませんが、せっかく貯めたポイントを使い切るためには、自分の生活スタイルに合わせてポイントを利用するのが一番です。

ビックカメラもSuicaも利用するという人ならポイント交換せずにポイントを無駄なく利用することができますね。

関西地区などでビックカメラSuicaカードを利用する場合の注意点

電子マネーのSuica(スイカ)というのはJR東日本の一部の地域がSuica(スイカ)圏内となりますが、関西地区になるとJR西日本の電子マネーICOCA(イコカ)となります。

Suica(スイカ)もICOCA(イコカ)も相互利用が可能ですが、JR東日本圏外の地域ではビックカメラSuicaカードの特徴の一つでもあるオートチャージ機能が使えなくなるという注意点があります。

これは関西地区に限らずその他JRの交通系電子マネーKitaca(JR北海道)TOICA(JR東海)SUGOCA(JR九州)などでも同様にオートチャージ機能が使えなくなってしまいます。

※なお、SUGOCAの場合はJR九州から発行しているJQ CARDでオートチャージを利用することが可能です。

これを知らずに出張や旅行などでSuica(スイカ)圏外に行く際にはオートチャージ機能が使えると油断して改札を通ると、残高不足で改札でゲートを閉じられてしまうこともあるようです。

これはちょっと残念な点です・・・・。

ただし、Suica(スイカ)チャージでもらえる還元率1.5%のJREポイントの特典は健在なので、ポイント獲得を狙う人には十分選択肢として候補に入れてもいいでしょう。

できれば将来的にJR東日本のSuica(スイカ)以外のJR系電子マネーすべてにオートチャージ機能が対応してくれると嬉しいのですけどね

・ ビックカメラSuicaカード (公式サイト)

ビックカメラSuicaカードの入会審査基準は?

ビックカメラSuicaカードを作ろうとしたときに、「ビックカメラSuicaカードの入会審査基準はいったいどれくらい厳しんだろう?」という疑問が浮かぶかと思います。

ビックカメラSuicaカードは比較的多くの人に利用してもらうという位置づけのため、入会審査の基準は比較的低く設定されているという印象です。

カードの審査基準というのは公開されていませんが、目安として以下の条件に合う方であれば問題なくビックカメラSuicaカードに入会することができるでしょう。

・医者、議員、外交官、地方公務員、国家公務員、税理士、教職員など

・会社に勤めている正社員、派遣・契約社員の方、または自営業などを行っている方、アルバイトをされている方など

・勤続年数が2~3年以上の方

・年収が300万円以上の方

・過去に金融事故(支払い延滞、自己破産など)をしたことがない方

・金融機関に多額の借り入れがない方(自動車や住宅ローンは除く)

アルバイトのような不安定な収入源でもきちんと継続的に収入を確保していたり、年間でまとまった金額の収入を得ている場合はカード発行ができる可能性は十分にあります。

ほかにも、過去に金融事故を起こしているとCICなどの情報機関に過去の延滞情報が登録されてしまいますし、カードを発行しても未払いになる可能性やカード破産をして踏み倒されてしまう恐れもあるとカード会社も判断するため入会することは出来ないでしょう。

ちなみに会社員の方であれば、勤務先などは一般的な企業に勤めているのであれば問題ないと思います。

入会審査に通過する重要なポイントとしては継続的に安定した収入があること、過去に支払い延滞などを起こしていないことだと個人的には思います。

ビックカメラSuicaカードを作ろう

Suicaを日常的に利用している方は明日からSuicaチャージをビックカメラSuicaカードにしてしまいましょう。

細かいことは言いません。

細かいことを言うと逆に分からなくなってしまうので。

すべてのクレジットカードの知識を把握しているとは言いませんが、私の知りうる限りでおそらく他のどんなクレジットカードよりもSuicaチャージがお得になるカードです。

いろんなクレジットカードでSuicaチャージを試すくらいなら最初からビックカメラSuicaカードにする方が圧倒的に賢い選択です。

便利な電子マネーをもっとお得に利用したいという方は、ぜひVIEWカードを利用してみて下さい。

ビックカメラSuicaカードへのお申し込みはこちらから → ビックカメラSuicaカード(公式サイト)

以上、ビックカメラSuicaカードについて徹底的に解説。Suica利用者ならポイント還元率1.5%なので必ず持っておきたい一枚です。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする