旦那さん必見。奥さんに使って欲しいクレジットカードと主婦目線でのキャッシュレス支払いについて。

世の中の旦那さんの中には「自分はクレジットカードを使っているけれど奥さんは現金派なので、家族カードを作ってもなかなか使ってもらえない。」そんな風に感じている人がいると思います。

旦那さんは仕事の出張やプライベートでクレジットカードの特典を使う機会が多いため便利に感じているのかもしれませんが、奥さんにはそんな機会が無かったりするでしょう。

それもそのはずで、奥さんは日々の買い物はスーパーやデパートなどが多く、クレジットカードを使うメリットというのはなかなか理解できないと思います。

そもそも何のためにわざわざ現金からクレジットカードに変えるのかも分からないでしょう。

女性は理由も無く変えるということは嫌がりますからね・・・・。

何かをするのにも変えることにも女性はちゃんとした理由というのが必要です。

しかし、普段からクレジットカードを利用している旦那さんからすれば奥さんになかなか理解してもらえないというのはもどかしい気分ですよね。

家族カードを使えばポイントもたくさん貯まってメリットも大きくなるのにと、内心思いながら自分だけクレジットカードを使っている旦那さんもいるでしょう。

しかし、これも旦那さんの独りよがりとなってしまいます。

だからと言って無理矢理「カードを使え!」と言ってしまうのは乱暴過ぎますし、そんなことをしたら余計に反発されてしまいます。

ここは根気よく、またクレジットカードを使うことで奥さんにメリットがあることをやさしく分かりやすく伝えましょう。

夫婦円満でお互い理解し合いながらクレジットカードを使うことが旦那さんの理想の姿ですよね。

家の家計を握るのは大蔵大臣の奥さん

まず、どこの家庭でも同じことかもしれませんが家計のやりくりをしているのはほとんどが奥さんでしょう。

旦那さんの毎月の給料をしっかりと配分して、家族みんなが生活できるようにしてくれている奥さんは、どんな会社よりも優秀な経理担当者です。

こればかりは男性にはかなわないところです。・・・尊敬に値します。

(男性は趣味などに没頭してしまうと無駄使いの天才になってしまいますからね)

家庭の財政事情を把握し予算を厳しく管理して赤字が出ないようにして、毎日無駄のない買い物をしてくれる奥さんは旦那さんの大切なパートナーですよね。

昔から言われている事ですが奥さんは家庭の大蔵大臣です。

お小遣いももう少し欲しいと思っても奥さんがダメと言ったらダメなのです。

世の中の旦那さんはいつも痛いほど感じている事だと思います・・・・。

しかし、奥さんがしっかりと家計を管理してくれるからこそ旦那さんは安心して仕事に専念することができ、子供も不安も無く毎日楽しい日々を送れているというものです。

そんな家計の切り盛りをしてくれている奥さんの意見というのは大切にしなければなりません。

主婦の人はクレジットカードをどう思っている?

主婦の方はクレジットカードに限らずキャッシュレス決済に対して懐疑的なところがあるでしょう。

そもそも現金を使わない支払いというのに抵抗があるという女性の方も少なくないと思います。

理由として結婚前にクレジットカードを使ったことが無いという人や、親が現金しか持たせてくれなかったなどいろいろな理由があります。

ほかにも子供の教育のためにもお金の使い方が分かるように現金を使うようにしているという家庭もあります。

こちらは読売新聞の発言小町に寄せられたキャッシュレスに対する意見の一部ですが、かなりなるほどと思わせる意見も多く非常に興味深いです。

私もクレジットカードはそこそこ使いますが、全部キャッシュレスというのだと、なんとなーく行動全てが誰かに把握されている感じがしてイヤなんですよね。
特定の誰ってわけでもないのですけど。位置情報もそういう理由でなるべく使わないように切ってます。

引用元:読売新聞 発言小町

先日とある番組で言っていました。
お金に興味がない子供。
お小遣いを貯めなくても周りの大人が買ってくれるから。
しかも周りの大人は皆んな電子マネーやクレカを使用します。
だから、10円が10枚集まると100円になるという基本的なことが理解できないそうです。
当然小銭を減らすためにちょっと多めに払うテクニックは到底無理です。
(例えば960円の代金に1000円を支払うのではなく、1010円を払って50円玉をもらう等)
これが由々しき事態なのか当然の成り行きなのか分かりませんが、自分の子供にはちゃんとお金でお使いをさせようと改めて思いました。

引用元:読売新聞 発言小町

なお、キャッシュレス肯定派の方の意見もあります。

こちらは意見はまるで私のようですね(笑)

私もキャッシュレス派です。
電子マネーもしくはクレジットカードです。デビットはやっていません。
一番良いのは会計がスムーズなことでしょうか。
スーパーのレジなどでは1円…2円…あ!やっぱり足りない!5千円からでいいです!(えぇ!ズコー)って思います。
また現金を下ろすためにATMに行かなくて良いことでしょうか。
個人の開業医なんかはまだまだ現金のみですね。
でも電子マネーは各社が出しすぎているので統一して欲しいです。
タッチセンサーには各ブランドのロゴシールが盛りだくさん(笑)
そのうち体内に埋め込む方式になって手をかざせば会計終了!ってなって欲しいです。
そんな未来が来るのを信じるか信じないかは、あなた次第(笑)

引用元:読売新聞 発言小町

キャッシュレスの浸透している諸外国からの観光客が不便を感じているそうですね。
観光客の消費活動は大いに日本経済に貢献しているので、障害はできるだけ除去していかないといけませんね。

キャッシュレス可能店舗、どんどん増えればいいですよね。
(「現金の使えないお店」が増えることはないだろうからね。)

おいらの生活範囲では、飲み物の自販機と立ち食いそば屋が「現金オンリー」かな?

引用元:読売新聞 発言小町

キャッシュレス派の人は同じようなことを言ってしまうのかもしれませんが、すべてがキャッシュレスになればいいというわけではありません。

最後にこちらの意見を紹介しますが、結論としては現金とキャッシュレスが共存することが一番だという点では私も同意見です。

主さんは管理もきちんとされているようですし、クレジット・電子マネー派とはいえ、手元にも数十万キープされているということですので、主さん自身が今生活の全てにおいてキャッシュレスを便利に利用されていることに対して、どうこう言うつもりは全くありません。
ごく日常においては、楽でスマートだというのは事実だと思います。
特に交通系電子マネーは本当に画期的発明で、多くの人が切符の値段や乗り換え・下車地変更の不安感を解消されたはず。

ですが私としましては、現金が無くなるレベルまでキャッシュレス社会を推進するようなら絶対に反対です。
現金・クレジット・チャージが共存する現状が好ましいと思っています。

キャッシュレスで一番ネックになってくるのは、所詮電気が必要な機械に頼っているということ。
災害時のように停電が長引いた時にどうするのかが一番大きいと思います。
普通の電卓だけで計算する青空スーパーでは、当然カードは使えません。あっという間に弱者です。
日常的なところだと、普段現金に頼らない人が、出先でカードや携帯無くしたり故障してしまったらかなり難儀しますよね。

それに、お金を使ってる感って私は結構大事だと思いますよ。
後払い方式だと、後から有無を言わせずまとめてドカッと引かれるわけで、やはり日常使いするには、やはり普段の金銭感覚がしっかりしていないとならないアイテムです。

また、主さんは恐らく正社員で安定されているか、もしくはそういう方とご結婚された方、とりあえず収入には困っていない生活を送れている方なのでしょう。
そんな主さんに忘れて欲しくないのは、皆が皆クレジットの契約が簡単にできるような境遇ではないことです。

引用元:読売新聞 発言小町

女性はクレジットカードにあまり詳しくない。ここは旦那さんの腕の見せ所です。

旦那さんにとって奥さんもクレジットカードを使った方が便利だということを日々感じていることがあると思います。

スーパーやデパートでのお買い物でもクレジットカードの方が割引になったり、ポイントがたくさんもらえるから家計の足しになるなど思うところはあるでしょう。

しかし、奥さんはクレジットカードにただ詳しくないだけでその魅力を知ればちゃんと使ってくれるかもしれません。

そんなクレジットカードの魅力を伝えるのであればもっとも身近な旦那さんの意見というのがやはり重要です。

ネットやテレビのニュースなどでお得になるという話を聞いても、実際にクレジットカードを作って使うという事は女性だけではなかなか難しいでしょう。

ある意味でクレジットカードは得体のしれない何でも買えてしまう恐怖のカードのように感じているかもしれませんからね。

そこで旦那さんが奥さんにクレジットカードというものやその使い方を分かりやすくちゃんと説明してあげれば、奥さんもきっと理解してちょっと使ってみようという気になるでしょう。

同じ釜の飯を食べる相手なのだからお互いが家計の節約になることを考え、家族のことを支え合うという気持ちがあればしっかりと伝わるでしょう。

では、どんな風に奥さんにクレジットカードのことを説明すれば理解してもらえるのか?

それには奥さんにとってもクレジットカードを使うことでメリットがあるということをちゃんと説明してあげることでしょう。

そんな奥さんにメリットがあることを分かりやすく説明するためにはどうすればいいのかを次に紹介したいと思います。

奥さんを説き伏せるなら節約と時短をアピールしよう

いつも育児や家事、そして家計のやりくりを頑張ってくれている奥さんを助ける思いで説明してあげれば奥さんも喜んでくれるでしょう。

そんな時にどうやって説明すればいいかというと、「節約」「時短」というキーワードを使って説明してあげるととても分かりやすいです。

まず、節約という観点で説明するなら日々お買い得な食べ物や日用品を選んで、さらにポイントの付く商品選びをしている奥さんの苦労を分かってあげましょう。

チラシと睨めっこしながらいま必要なものを安く買って家族を喜ばせてくれるというのはある意味で仕事以上に大変です。

また、数えきれないポイントカードを集めて少しでも家計の足しになればと日々頑張ってくれている家庭は多いでしょう。

クレジットカードならどこでもポイントが貯められるので節約の効果が多いということを説明してあげましょう。

また、公共料金の支払いにもクレジットカードならポイントがついて便利というのもアピールするとさらに効果的です。

時短という観点で説明をするには、クレジットカードを使えば家計簿をつける作業が無くなりますし、お買い物に掛かる時間や銀行までお金をおろしに行く作業も無くなります。

また、これから訪れる消費税増税ということも考えると家計が圧迫されることは目に見えているので、その点を忘れずにアピールするれば効果的でしょう。

ただ、奥さんを納得させるのが目的ではなくお互いに家計の助けになることを考えて、クレジットカードを使うことが本当にいいのかどうかを話し合うことが一番大切ですね。

うまくいけば旦那さんの的確なアドバイスで家計が節約された分、お小遣いアップも期待できるかもしれませんよ・・・・?(本音はここですよね)

以上、旦那さん必見。奥さんに使って欲しいクレジットカードと主婦目線でのキャッシュレス支払いについて。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする