2019年10月に消費税8%→10%への増税がついに決定。そしてキャッシュレス決済で2%還元。あわてて間違ったクレジットカード選びに要注意。

多くの人達が恐れていたことがついに現実味を帯びてきてしまいました。

これまで何度もニュースで取り上げられてきた消費税増税がついに具体的な実施時期を明言して報道されてしまいました。

安倍首相「消費税率10%」表明の勝算と不安(東洋経済オンライン)

多くの報道でも取り上げられている通り消費税増税の施行時期は2019年10月からとなっています。

消費税が増税されるまで残された時間はあと1年しかありません・・・・。

今回の消費税増税は8%→10%と実質2%の増税となります。

これまでの消費税の歴史を振り返ってみると2~3%で段階的に引き上げられています

・1989年:消費税3%

・1997年:消費税5%(2%増税)

・2014年:消費税8%(3%増税)

・2019年:消費税10%(2%増税)

これまで約10年くらいの周期で消費税は増税されてきましたが来年2019年の増税はたったの5年間のスパンしか空いてません。

今回の消費税の増税はいままでの流れを考えるとかなり早い段階での増税となっています。

それにしても今から約30年前には消費税なんていう税金すら無かったなんていうのは、いまの若い人たちには考えられない事でしょう。

消費税増税の前に景気は上向いたのか?

そもそも消費税が増税になる前提として景気の回復、好景気というのが感じられなければ生活が苦しくなるだけですが一体どうでしょうか?

アベノミクスという政治的な政策で経済は5年前に比べて12.2%成長したと言われていますが、実際には給料が12.2%増えたという人や家計が12.2%潤ったという所は少ないでしょう。

個人の収入が増えたというよりは企業などの収益が改善されただけで、実際に家庭に入ってくるお金が増えたと実感している人はほとんどいないでしょう。

また、来年までに収入が増えるという見込みがあるという人もそれほどいないはずです。

ほとんどの人が収入は横ばいか12.2%よりも少ない微増をしたと感じるくらいでしょう。

そんななか消費税の増税は実行されてしまう予定です。

家計は全然苦しいままで来年増税を迎えてしまう・・・・

まだ子供も小さいのに、家のローンも残っているのに、車のローンも残っているのに、借金が残っているのに消費税が増税されてしまう・・・・。

こんな風に嘆いている家庭は多いでしょう。

また、家族やローンを持っていない人でも収入が上向いていない人には今回の消費税の増税はかなりの痛手です。

「たった2%くらい何とかなるだろう」と楽観的に考える人もいるかもしれませんが、普段の生活の支出が2%増えるというのはかなり大きいです。

もし仮に1ヶ月の生活費を10万円で生活していたとしたら消費税増税分だけで単純に1ヶ月に2,000円の支出増となります。

分かりやすく言うと、もしスマホやネットの通信量が毎月2,000円の増えたとしたら「高くなったなぁ」と感じるでしょう。

それと同じことが消費税増税で起こるということです。

地味ながらも確実に生活を圧迫していくのが消費税増税です。

クレジットカードなどキャッシュレス決済なら2%還元で負担が軽減される

今回の消費税増税では消費者の負担を軽減させるため、また増税後の消費の冷え込みを避けるために「キャッシュレス決済による減税措置」が用意されています。

資本金1億円で線引き=ポイント還元の中小企業 消費税増税で麻生財務相(時事ドットコム)

正確には減税措置ではないですが消費税の増税分2%をポイントで還元するという政策です。

「この2%分の還元が適用されるキャッシュレス決済とは具体的に何なのか?」というと、クレジットカード、電子マネー、QR決済などの支払い方法が該当となります。

つまり2019年10月からの消費税の課税は以下のようになります。

■現金払い:消費税率10%

■キャッシュレス払い:消費税率8%(ポイント還元分2%除く)

2019年10月より現金での支払いというのは税金を多く支払う支払い方法に変わってしまいます。

すでにキャッシュレス決済を利用している人であればスムーズに移行することが出来ますし、自動的に2%がポイント還元されるため心配はないでしょう。

しかし、いままで現金での支払いばかりしてきた人にとっては、クレジットカードや電子マネーなどをこれから使い始めなければなりません。

キャッシュレス決済に慣れない人にとっては「どうやって使えばいいのか?」「どういう時にどんなところで使えるのか?」など覚えていかなければなりません。

そもそもまだクレジットカードを持っていないという人もいるかもしれません。そんな人はまずはこちらの記事を読んでみることをおすすめします。

あわててクレジットカードを作る前にちょっと落ち着きましょう

「何だか消費税が増税される前に早くクレジットカードを作ったほうがいいかも」と思ってきた人もいるでしょう。

しかし、あわててクレジットカードを作ろうとする前にお茶やコーヒーでも飲んでちょっと落ち着きましょう。

「さんざんクレジットカードをお勧めしておいて何だよ」と思うかもしれませんが、よく調べたりせずに勢いでクレジットカードを作ってしまうと自分に合わないカードを作ってしまう可能性があります。

せっかくクレジットカードを作るのであればちゃんと自分の目的に合ったカードを選んで作ることが数年後も長く付き合えるカードになります。

クレジットカードを選ぶ際には目的別として以下のような項目を自分に当てはめて選ぶと自分に合った一枚を選びやすいです。

■ポイントをたくさん貯めたい

■マイルをたくさん貯めたい

■電子マネーやQR決済にも利用したい

■安全性の高いカードにしたい

■ステータスのあるカードにしたい

■長い間使い続けられるカードにしたい

何年もカードを使ってから「こんなクレジットカードを作るんじゃなかった」と後悔しないために慎重に選びましょう。

ちなみに私が以前クレジットカード選びに失敗した失敗談はこちらの記事で紹介しています。

なお、みんながどんな用途でクレジットカードを利用しているかというと、最も多い理由は「ネットショッピング」での利用です。

ほかには「電車、バスなどの交通系電子マネー用」や「ETC支払い」、「携帯電話料金の支払い」や「ネット利用料金の支払い」、「公共料金の支払い」などがあります。

また、「みんながクレジットカードを何枚保有しているか?」という観点では、最も多いのが1~3枚くらいの保有枚数です。

調査結果やアンケート結果によっては5枚以上という場合もありますが。

1枚ですべての支払いをまとめるというよりは目的別に数枚のカードを使い分けている人の方が多いです。

クレジットカードは3枚くらいの保有枚数がちょうどいい理由についてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

こういった情報も参考にしながらカード選びをするとより自分に合ったクレジットカードを選ぶことができるでしょう。

どんなクレジットカードを選べばいいの?おすすめのクレジットカードは?

消費税増税の前にキャッシュレス決済が出来るようにクレジットカードを作っておこうと考えている人も多いでしょう。

でもクレジットカードの種類がたくさんあってどのカードを作ったらいいのかいまいちよく分からない。

「そんなときに誰に相談すればいいか?」やはりクレジットカードに詳しい人に相談したいでしょう。

でも身近にクレジットカードに詳しい人がいない、というか普段の会話の中でクレジットカードのことを話したりしないので誰が詳しいのかよく分からない、という人も多いと思います。

そんな時に頼りになるのがクレジットカードのことを詳しく紹介しているこのようなサイトです。

自分で言っておいて何ですがそのへんの人に比べたら良いカードをおすすめできるという自信はあります。

そんな私がまとめたポイント還元率でおすすめのクレジットカードを以下の記事にまとめていますので紹介します。

また、クレジットカードに詳しい人がどんなカードを使っているのか知りたいという人は、こちらの記事を読むと詳しく分かるでしょう。

上記の記事で紹介しているクレジットカードの中から選べばほぼ間違いありません。

消費税増税でキャッシュレス決済が普及すると世の中がどう変わるのか?

消費税増税によりキャッシュレスが普及すると世の中がどう変化していくのか?

まず当たり前のことですが支払いに現金を利用する人が減り、クレジットカードを利用する人が増えます。

皆さんもそうなっていくでしょうし周りの人たちも変わっていくでしょう。

そして現金での支払いが減ることで経済のスピードが上がるというのが起こるでしょう。

これまでの現金での決済というのは間接的にネットワークを利用して決済処理をすることができていましたが、キャッシュレスが普及することにより決済が直接ネットワーク化されていくことになります。

現金の場合は銀行やATMに預けない限りはネットワークで支払いや送金、振り込みなどできませんでしたらからね。

これはお金というモノのIoT(Internet of Things)ともいえます。

(ただし、海外ではすでにキャッシュレス決済の普及が進んでいるため世界的に見れば日本は後追いという立場になりますが)

また、みなさんの身近にもっと分かりやすく起こる変化として「ATMへ行く頻度が減る」、「レジで小銭を探さなくなる」というのがあるでしょう。

小さなことですが実際にキャッシュレス化した生活を送っているとこういった変化を肌で感じます。

そして、不要な時間が無くなることで生活に時間が増えることになるのでその分を他のことに使えるようになるので、仕事の時間を増やすことができたり趣味の時間を増やすことも出来ます。

周りの人たちのスピードに置いていかれないようにするためにも、これからの世の中にはクレジットカードは必須のアイテムとなっていくでしょう。

クレジットカードによる時間短縮についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

消費税増税の前にクレジットカードを作っておこう

消費税増税という家計へ直撃する負担を軽減するためには少しでも負担を軽減できる制度は利用した方が得策です。

今回の増税分の還元というのは国の「増税政策」と「キャッシュレス決済の普及」という2つの目的が合致したことで施行される制度です。

キャッシュレス決済が普及したら国が今後このような制度を実施することはおそらくないでしょう。

そのため2019年というのはクレジットカードを利用するのに最もいい時期でもあります。

現金で支払ってもクレジットカードで支払っても税金というのは課せられてしまうのですから、どうせ同じ税金を払うなら少しでも還元される方が良いでしょう。。

また、クレジットカードはもともと節約にも効果が大きい支払い方法なので今から利用しても損はありません。

以上、2019年10月に消費税8%→10%への増税がついに決定。そしてキャッシュレス決済で2%還元。あわてて間違ったクレジットカード選びに要注意。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする