クレジットカード豆知識 ~審査が通らないのは何故?~

悩む 女性

「いくらクレジットカードに申し込んでも審査が通らない。」

クレジットカードを申し込んだときにそんな経験をしたことはありませんか?

一体何でクレジットカードの審査に通らないのかは申し込んだ方としては全く分かりません。

でも、「なんで通らないのか理由が知りたい。」と思うでしょう。

カード会社から理由を聞くことは出来ませんが、審査が通らない人の場合は以下のような点をチェックしてみると原因が見つかるかもしれません。

信用情報機関の情報にペナルティがある可能性

クレジットカード会社は申し込んだ人の他のクレジットカード申し込み時期、またこれまでの支払いに遅延が無いかどうかの情報を信用情報機関から照会します。

この信用情報というのは以下のところから情報提供されます。

・CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

 CICは主にクレジットカードに関する申し込み記録が登録されます。

・JICC(日本信用情報機関)

 JICCは主にキャッシング等の消費者金融の情報が登録されます。

・JBA(全国銀行個人信用情報センター)

 JBAは主に銀行の融資に関する情報が登録されます。

クレジットカードの信用情報機関への登録は申し込みから6ヶ月間消えません。

またキャッシングや消費者金融の情報は5年間消えません。

(長い!)

またこれまでに支払いに遅延が発生した場合にはその記録も残ってしまいます。

この遅延が発生すると信用情報に『A』が付きます。

これが付いてしまうと支払いに遅延を発生させたなというのがクレジット会社に分かってしまうため、クレジットカードを新たに発行する事が難しくなります。

また61日以上の支払い遅延を発生させてしまうと、最悪ブラックリストに載せられてしまいます。

ブラックリストに載せられてしまうと5年間は消えることがありません。

こうなってしまうと新たなクレジットカードの発行は元より、キャッシングや家や車のローンを組む事すら出来なくなってしまいます。

これらの信用情報は申し込みをすれば開示してもらう事が可能です。

もしクレジットカードの審査が通らないと嘆いている方は、一度自分の信用情報を確認する事をお勧めします。

・CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

・JICC(日本信用情報機関)

・JBA(全国銀行個人信用情報センター)

信用情報機関では見えないスーパーホワイトになっている可能性も

ブラックリストに載ってしまえば当然のことながらクレジットカードをつくることができませんが、ブラックリストに入っているかどうかは信用情報機関でおおよそ分かります。

しかし、「信用情報機関でブラックリストに入っていないのにクレジットカードが作れない」という原因不明の人もごく稀にいます。

そんな人はもしかするとスーパーホワイトになっている状態かもしれません。

スーパーホワイトとは過去にローンなどを組んだことがない人で、信用情報そのものが何もない全く白紙の状態にある人を言います。

年齢が若い人の場合はこうなることは少ないですが、40代、50代でこのような状態の場合だと、カード会社などが不審に思ってしまいカードの審査に通らないということもあります。

こうなってしまうと何かしらの方法で信用情報を作るしかありません。

スーパーホワイトについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

以上、クレジットカード豆知識 ~審査が通らないのは何故?~の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ