クレジットカードの審査に落ちた・・・・そんな人におすすめのもう一枚のクレジットカード

クレジットカードというのは誰でも欲しいカードが手に入れることができるわけではありません。

特にゴールドカード以上のステータスカードになるとなかなかカードに入会できず苦い思いをしたという人も少なくないと思います。

ランクの高いステータスカードというのは持つ人の信用情報を重視しカードを持つにふさわしい人と認められないとカードに入会することすらできません。

年会費を支払うのに十分なお金があったとしても職歴や年齢、収入など様々な面で審査をされてカードを持つに十分な人でなければ審査に落とされてしまいます。

そもそも何で審査をされる必要があるのか?

まず最初に、「何でクレジットカードを作るのに審査を受ける必要があるのか?」についてちょと考えてみたいと思います。

ポイントカードなどは入会申し込みをすれば即発行されたりますが、クレジットカードの場合は入会審査申し込みという風になります。

「クレジットカード会社は会員を増やしたくないのか?」というとそんなことはありません。

むしろカード会社としては喉から手が出るほどカード会員は増やしたいです。

しかし、闇雲(やみくも)にカード会員を増やせない大きな理由が3つあると推測されます。

カード会員のステータス保持

審査をせずに年会費が払える人を無差別にカード会員にしてしまうと、そのカードを持っている人のイメージに大きな影響を与えてしまいます。

たとえば年会費2万円のカードを年収800万円の人が利用している場合と年収400万円の人が利用している場合でも同じように見えてしまいます。

しかし、実際には年収800万円の人の方が高額のサービスや商品購入をする機会の方が多いです。

これでは年収800万円の会員の人がカードを利用するシーンでステータスを低く見られてしまうというデメリットが発生してしまいます。

カードブランドの保持

ステータスカードの場合そのカードにブランドイメージというものを持っています。

分かりやすく言えばアメリカン・エキスプレス・カードなどは持っているだけでお金持ちに見えてしまうというイメージがあります。

クルマや時計、バッグなどで例えるとメルセデス・ベンツ、ロレックス、シャネルなどは持っているとお金持ちに見えてしまうというのがあります。

いわゆるイメージ戦略ともいえるのがブランドイメージです。

もちろんイメージだけでは真のブランドは言えませんが確かな品質や信頼があれば付加価値になるのがブランドです。

ステータスカードにおいても持っている人が社会的地位のある人であればカードのイメージというのは高くなります。

審査をしてやみくもに誰でも入会できないようにするのはブランドイメージを守るためのことでもあります。

カード利用額の支払い延滞防止

ゴールドカード以上のステータスカードになるとカードで利用できる限度額というのが高額になります。

一般カードの場合では限度額が数十万円になっているものが、ステータスカードでは何百万円も利用できるようになったりします。

特にプラチナカードなどの場合では300万円くらい利用できてしまうので、収入が少ない人では支払い延滞をしたり最悪はカード破産をしてしまう可能性もあります。

しかし、ステータスカードを持つ人は高額の利用をカードで出来るようにしたいという要望もあります。

カード会社としても高額の利用を出来るようにしたいという思惑もあれば、カードの支払いを延滞されたりして回収不能になることは避けたいものです。

こういった事を防止するためにも十分な支払い能力があるのかどうかを審査して見極める必要があるのです。

を支払うのに十分なお金があったとしても職歴や年齢、収入など様々な面で審査をされてカードを持つに十分な人でなければ審査に落とされてしまいます。

私がカード審査に落ちた経験談

このサイトで偉そうに語っていますが私もクレジットカードの審査に何度も落ちたことがあります。

むしろ人並み以上にカード審査に落ちた経験をしているでしょう。

今でこそいろんなクレジットカードに入会していますが、かつてはセブンカードプラスの審査に落ちたり、VIEWカードの審査に落ちたり、リクルートカードの審査に落ちたり、ダイナースクラブカードの審査に落ちたり・・・・と苦い思い出です。

どんなにクレジットカードの入会を経験してもやはり審査に落ちるというのは辛いものです。

薄い封書でカード会社から審査否決の連絡を受け続けると届いた封書の厚さを見て中身を見る前に結果が分かってしまいます・・・・。

私の場合信用情報の低さもありますが、短期間の間に複数のクレジットカードを申し込んでしまったり、以前にローンの借り入れを経験していたことなどが審査に落ちた原因としてあったと思います。

しかし、そんな私でも審査に落ちた後にワンランク下のカードに申し込んだり、別のカードに変更して入会できたという経験もあります。

いろんなカードの入会を経験しカードの利用実績を積み上げて、クレジットカードヒストリー(通称クレヒス)を良くすればステータスカードを手に入れることができます。

そこで、今回はカードの審査に落ちてしまった人におすすめの別のクレジットカードを紹介していきたいと思います。

アメックスゴールドの審査に落ちたという場合

まずはステータスカードの雄(ゆう)でもあるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレスでなおかつゴールドの券面に憧れて入会申し込みをしてみたけれども審査に通らなかったという人も多いカードです。

さらに上のプラチナカードを目指す人にとってもアメリカン・エキスプレス・カードは登竜門(とうりゅうもん)として入会する人が多いため、信用の高い人の会員が多いカードでもあります。

私も審査に通らなかった・・・という人は多いのではないでしょうか?

➡アメックスグリーンから再チャレンジをしてみましょう

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの審査に落ちたという人は、通称グリーンカードと言われる一般のアメリカン・エキスプレス・カードに入会するのがいいでしょう。

ゴールドがどうしても欲しいという人もいるかもしれませんが、グリーンカードなら利用実績を積み上げればゴールドカードにランクアップできます。

また、ゴールドカードに入会できるまで待つよりも早くアメックスカードに入会したほうがメリットもあります。

それは利用実績を早い時期から積み上げることでアメックスの信用が高まり、ゴールドのさらに上のカードにランクアップできる可能性も高くなり、またその時期も早くなることです。

また、アメックスゴールドから始めてしまうとアメックスグリーンカードを手に入れることも出来ません。(ダウングレードをすれば別ですが)

個人的には焦らずにアメックスグリーンからランクアップすることを楽しんでいくことをおすすめします。

アメックスグリーンへのお申し込みはこちらから → アメリカン・エキスプレス・カード(公式サイト)

アメックスグリーンについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

JCBプラチナカードの審査に落ちたという場合

プラチナカードの中でも人気の高いJCBプラチナカードも審査に通らない人が多いカードの一枚です。

JCBゴールドカードのさらに上のカードとして誕生したばかりのカードですが、人気の高い一枚です。

そもそもプラチナカード自体が簡単に入会できるカードではありませんが、それでもJCBプラチナカードは人気があります。

その理由の一つが、さらに上にある招待制のカードを手に入れるためです。

JCBの最高峰であるTHE CLASS(ザ・クラス)を欲しいという人がJCBプラチナカードに申し込みをしているというのがあります。

プラチナカードというだけでも難易度が高いですが、さらに入会希望者も多いとなってしまっては競争率は高くなり審査に通るのが難しいでしょう。

➡JCBゴールド ザ・プレミアを狙ってJCBゴールドカードにしてみましょう

JCBプラチナカードを目指している人はちょっと目線を変えれば良いカードがあります。

それが、JCBゴールド ザ・プレミアです。

JCBプラチナカードのように入会申し込みができるカードではありませんが、JCBプラチナカード並みの特典やサービスを利用できるだけではなく、年会費も安く利用することができます。

JCBゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドのワンランク上のゴールドカードという位置づけのため、まず最初にJCBゴールドカードを手に入れなければなりません。

JCBゴールドカードの会員の中から所定の条件を満たした人のみがJCBゴールド ザ・プレミアを手に入れることができます。

JCBゴールド ザ・プレミアでクレヒスを磨いていけばJCBプラチナカード以上のカードを手に入れることも出来るかもしれません。

JCBゴールドカードへのお申し込みはこちらから → JCBゴールドカード(公式サイト)

JCBゴールド ザ・プレミアについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

リクルートカードの審査に落ちたという場合

ポイントが高還元率のクレジットカードとして人気のリクルートカード

「年会費無料のカードなので審査も通りやすいんじゃないの?」と思って申し込んでみると意外と通らない人もいるカードです。

と、思ってみれば簡単に審査に通過する人もいたりします。

ちなみに私は審査に2回くらい落ちました・・・。

その時は他のクレジットカードでゴールドカードも所有している状態だったので、リクルートカードは審査に通るだろうと思っていたのですが、まさかの否決でしたね。

理由は定かではありませんが発行元の一つである三菱UFJニコスの信用情報が低かったのかもしれません。

もう一つの発行元のJCB(ジェーシービー)であれば審査に通っていたのかもしれませんね。

➡REX CARD(レックスカード)にチャレンジしてみましょう

ポイント高還元率のクレジットカードとしてリクルートカードほどの知名度が無く見落としがちなカードがあります。

それが、価格.com(カカクドットコム)が発行しているREX CARD(レックスカード)です。

価格.comを知らない人は少ないと思いますが、価格.comが発行しているクレジットカードがREX CARD(レックスカード)ということを知らない人は多いでしょう。

そのREX CARD(レックスカード)ですがポイント還元率が1.25%とクレジットカードのポイント還元率の中でも最高クラスを誇るカードです。

ポイント還元率でクレジットカードを選ぼうとしていた方は、リクルートカードの審査に落ちてもREX CARD(レックスカード)なら、まだ知らいない人も多いので審査に通るかもしれません。

REX CARD(レックスカード)へのお申し込みはこちらから → REX CARD(レックスカード)(公式サイト)

REX CARD(レックスカード)についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

考え方を変えれば新たなカードとの出会いのチャンス

クレジットカードの審査に落ちたと嘆いている人は、考え方を変えれば新しいカードとの出会えるチャンスともいえます。

クレジットカードなら一度申し込みを諦めても恋愛のように二度と逢えないということもなく、何度でもチャレンジすることができます。

本命のカードに申し込みできない時は「いまはまだタイミングが悪いだけだ」と考えて、ちょっと他のクレジットカードに寄り道をしてみると意外と良いカードに出会えるかもしれません。

ただし、寄り道するのはクレジットカードだけにしておきましょうね。

恋愛の場合はしつこく本命にこだわっていかなければ二度と申し込みができなくなってしまいますからね。

クレジットカードくらいはプラスに思考転換して少し気を楽にして申し込みましょう。

以上、クレジットカードの審査に落ちた・・・・そんな人におすすめのもう一枚のクレジットカードの記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする