郵便局でのクレジットカード支払いが2020年から開始!ゆうパックもハガキも切手購入もクレジットカードで支払い可能に!

これまで郵便局といえば現金支払いがメインの場所という存在でしたが、いよいよ郵便局にもキャッシュレス決済の波が押し寄せてきています。

日本経済新聞の記事によると株式会社日本郵便では2020年から郵便局でもクレジットカード決済やQR決済を導入することが明らかになったようです。

郵便局もキャッシュレス決済 宅配便や切手販売(日本経済新聞

これまで「郵便局でゆうパックやハガキ、切手の購入にクレジットカードは利用できるのか?」という問い合わせにはNOという答えしかありませんでしたが。

一部コンビニなどでゆうパックを利用する際にはクレジットカードを利用する事が出来ましたが、郵便局でもクレジットカードを利用したいと思っていた人には朗報でしょう。

郵便局でキャッシュレス決済が導入となった背景は?

「なぜ郵便局でもキャッシュレス化が必要なの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

普通に郵便局を利用している人であれば別に現金払いでも不便は感じないという人がいるでしょう。

しかし、郵便局を利用するのは日本人だけではありません。

海外からきたインバウンド(訪日観光客)などの人たちが郵便局を利用する機会もあります。

特に日本の風景や文化などが分かる絵ハガキや切手などは日本での旅行のお土産にも人気のようです。

値段もお手頃ですし日本へ行ったことを思い出すこともできますし、海外の人に日本のことを説明することもできる文化的な価値もあります。

日本人が海外旅行に行った時に現地の切手やハガキなどが珍しくお土産にするのと一緒ですね。

そして、海外から来た外国人観光客は日本円は必要最小限しか持っていません。

できることならクレジットカードを利用したいというのが外国人観光客の要望です。

今回の郵便局のキャッシュレス決済導入の背景にはこのような海外からの観光客に対応するためという思惑があるようです。

また、もう一つ大きな理由として2020年の東京でのオリンピックまでにキャッシュレス決済を使えるようにしたいというのがあるのでしょう。

オリンピック開催となれば世界中から人が押し寄せてくるため訪日観光客の数は比べものにならないくらいの数になるでしょうからね。

インバウンド(外国人観光客)が国際的な流れを運んでくる

郵便局のキャッシュレス決済対応はインバウンド(訪日外国人)のためのものと聞いて、「日本人にはメリット無いのか」と考えてしまう人は要注意です。

海外ではクレジットカードによる支払いの文化がそれほど浸透しているという事です。

通常こういった事への対応は小売店などの方が動きが早く、クレジットカード対応の店舗などが増えていきますが、今回郵便局というほぼ行政による機関までもがキャッシュレス対応するというのはそれほど日本が遅れていたという証拠でしょう。

日本経済新聞の記事を引用するとキャッシュレス決済の普及率はいまだに日本は先進国の中でも最低レベルにいます。

これについては海外向けの日本のガイドブックにも載せられてしまうくらいのレベルです。

海外ではキャッシュレスの普及が日本より進んでいる地域が多く、訪日客から対応を求める声も上がっている。決済に占めるキャッシュレスの割合は15年時点で韓国が89%に達しているほか、中国が60%、欧米も50%前後が多い。日本は18%にとどまっている。

引用参照元:日本経済新聞

郵便局でクレジットカード、QR決済が利用できるようになることで日本人におけるメリットは大きく3つあると思います。

・クレジットカード支払いによりポイントをためることができる

・郵便局で支払いの待ち時間が短縮する

・海外からの訪日観光客の利便性が上がる

まず、ポイントが貯められるようになるということは大きいことだと思います。

郵便局のようなところではポイントカードのようなものは存在しないので、支払い分をポイントにできるクレジットカードの存在は大きいでしょう。

また、現金の場合窓口で紙幣や硬貨を出してさらに窓口でお釣りの計算をしたりと、1人あたり3分以上の時間を掛けて会計をするなんてことも多いです。

特に郵便局のようなお役所に近いところだとコンビニなどのようにスムーズな会計が出来ないので非常に不便です。

これがクレジットカード支払いになることでお釣りの計算なども不要になり、支払いの際に窓口で待つ時間が短縮するかもしれません。

最後に、こちらが一番大きいですが訪日観光客の利便性が向上することで日本旅行の評判が上がることです。

いまの時代、海外旅行へ行くときにガイドブックなどを調べたりよりも、海外旅行をした旅行者の口コミなどをトリップアドバイザーなどに投稿して、その投稿を元にして旅行先を決めたりします。

その口コミで『日本はクレジットカードが利用できず日本円での支払いばかりで不便だったよ』、なんて投稿をされたら『ああ、日本は支払いのためにたくさん両替をしなければならい国なのか』と思われてしまうでしょう。

それが『日本は郵便局でもクレジットカードが利用出来て便利だった』という口コミなら、『日本ならクレジットカードがあれば支払いも大丈夫そうだ』と思われて日本に来る旅行者も増えることが期待できます。

今回の郵便局のキャッシュレス決済導入のニュースが様々な分野の小売店などに影響してくれたらいいなと個人的には思っています。

以上、郵便局でのクレジットカード支払いが2020年から開始!ゆうパックもハガキも切手購入もクレジットカードで支払い可能に!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする