潔癖症でお悩みの方必見!レジでお金の支払いにクレジットカードや電子マネーを利用することのススメ。

潔癖症というのは常人には理解されずらい悩みというのがあります。

町中の手すりのようなものやドアノブなど普段何気なく触るようなところ一つにおいても、見えないバイキンや汚い手垢などがついているのではと全神経を集中させて過ごすような日々です。

部屋においても床にホコリや毛などが落ちていようものなら気になってしょうがないくらいというくらい清潔な環境を求めてしまいます。

普段ちょっときれい好きな人程度では潔癖症ではないかもしれませんが、人の手が触れたものは極力触りたくないという人になると潔癖症の可能性があります。

ちょっと言い方は悪いですが自分のこと以外を信用できないというくらい潔癖症というのは大変なのです。

しかし、「潔癖症=悪いこと」かというとそんな事はありません。

不潔でいられるよりも全然マシです。

本人が綺麗にすることに拘ることは何も問題はありません。

ただし、潔癖症ではない人に自分と同じくらいの清潔感を求めてしまうとちょっと迷惑になってしまうことがあります。

すべての潔癖症の人がそうではないですが、稀に潔癖症の人でそういう人がいると迷惑に感じてしまい潔癖症の人は悪い人と思われてしまうことがあります。

なので自分自身が清潔に拘るだけであればだれにも迷惑をかけていないので隠すことでも引け目に感じることも無いでしょう。

人の手が触れたものに触ったらすぐに手を洗う

潔癖症の人はとにかく手に敏感です。

触りたくないものに触ったら1秒でも早く手を洗うか消毒をしないと気が済みません。

手を洗った後の蛇口のノブすらも触りたくないので自動で水が止まる洗面所でなければ手も洗いたくないくらいです。

手を洗った後に蛇口のノブを触ったらさらにその手をアルコール消毒・・・なんて事すらも日常茶飯事です。

「そこまでしてストレスは溜まらないのか・・・・?」当然ストレス溜まります。

潔癖症の人は清潔になるためにしょうがなく実施しているだけで、本当なら町中のものが綺麗で清潔であれば何も問題ありません。

町中の人達がすべてアルコール消毒をしてから物に触って、触った後はきちんと拭いていれば問題ないのです。

しかし、そんな事が実現するのはほぼ不可能なことも分かっているので自分の身の回りだけでも清潔に保とうと絶え間ない努力を繰り返しているのです。

レジでのお支払も一大イベント。お釣りなんていらない。

潔癖症の人はレジでのお支払も緊張の一瞬が走る場面です。

レジでのお支払は潔癖症の人にとっては2つのリスクが存在します。

・汚い紙幣や硬貨を受け取らなければならない

・レジの店員さんの手が触れる危険性がある

一つ目の紙幣や硬貨を受け取ることについてはお釣りが無いように支払えば回避することができますが、毎回お釣りが無いように支払うことなんてほぼ不可能です。

つねに小銭やお札を十分に持ち歩かなければならないのは、それはそれで潔癖症の人には苦痛でもあります。

そのため「できれば汚い紙幣や硬貨は持ち歩きたくない」、「お釣りはできるだけ受け取りたくない」という矛盾が生じてしまいます。

また、購入した商品を受け取る際にもレジの店員さんの手が触れるという可能性もあります。

袋詰めされた商品を受け取るときに手を触れないようにするのは相手の出方次第の部分もあります。

袋をがっちりと手で持って渡す人もいればこちらが受け取りやすいように持ち手を持ちやすく渡してくれる人もいるでしょう。

この辺はレジの店員さんの技量に頼るところもあるので手が触れることを回避するのは非常に難しいです。

もし、店員さんの手に触れないように商品を受け取ろうとすると汚いものを触るような仕草になってしまい相手に不快感を与えてしまうかもしれません。

そうなると何度もそのお店に買い物に行くたびに同じような仕草になってしまうので、店員さんにとっては嫌な客扱いされてしまう迷惑な存在になってしまう可能性があります。

レジのお支払で手が触れることを回避する方法

手が触れることをすべて回避することは難しいですが、「せめてお釣りの受け取りだけでも手が触れる機会を減らしたい」というのであれば解決策はあります。

その解決策として方法は2つあります。

その1:クレジットカードを使って支払いをする


クレジットカードを利用して支払う方法のメリットとしては2つあります。

■お釣りを受け取るという動作がなくなる

■クレジットカードのポイントが貯まる

クレジットカードで支払う場合、カードを手渡しで支払うという可能性もありますが、いろんな人の手が触れた紙幣や硬貨に触れることがないのでこちらの方が清潔感は高いでしょう。

また、クレジットカードにすることで現金でのお支払よりもポイントが貯まるという相乗効果も生まれます。

お釣りを受け取ることなくさらにお買い物をおトクにすることができ潔癖症の人にとっては一石二鳥です。

の技量に頼るところもあるので手が触れることを回避するのは非常に難しいです。

その2:電子マネーを使って支払いをする

電子マネーを利用して支払う方法のメリットとしては2つあります。

■お釣りを受け取るという動作がなくなる

■電子マネーのポイントが貯まる

電子マネーもクレジットカード同様のメリットがあります。

さらに電子マネーの場合クレジットカードのように、カードの受け渡しなども無く、カードリーダーにスマホやカードをかざすだけなので完全非接触でのお支払が可能です。

クレジットカード&電子マネーの合わせ技は最強

上記2つのお支払方法を紹介しましたが、最強のお支払方法はクレジットカードで電子マネーにチャージして、電子マネーでお支払をするという方法です。

こちらの方法を利用するメリットは以下の通りです。

■お釣りを受け取るという動作がなくなる(完全非接触)

■クレジットカードのポイントが貯まる

■電子マネーのポイントが貯まる

すべていいとこ取りの方法となるのでまさに潔癖症の人にとっては理想のお支払方法になるでしょう。

しかも手が触れる機会を減らせるだけではなくポイントも貯まるのであれば買い物をするのも楽しくなります。

お財布の中にも他人の手の触れた汚い硬貨や紙幣が増えることもありません。

おすすめのクレジットカード&電子マネーの組み合わせ

電子マネーにクレジットカードでチャージをする時にポイントがもらえるのはすべてではありません。

クレジットカードによってはチャージは出来てもポイント対象外というカードもあります。

しかし、どうせならクレジットカードでチャージした分もポイントとしてもらっておきたいですよね。

そこで、電子マネーにクレジットカードでチャージしてもポイントが付与されるおすすめのクレジットカードを3つ紹介したいと思います。

リクルートカード + Suica,ICOCA,nanaco

リクルートカードは電子マネーチャージで万能なクレジットカードです。

チャージでポイントが付与されるのはSuica、ICOCA、nanacoがあります。

これらの電子マネーは使える場所が非常に多く利便性が非常に高いので、お支払に使えるシーンがたくさんあるでしょう。

しかも、クレジットカード自体のポイント還元率も1.2%という高還元率なのでポイントがたくさん貯まります。

とりあえず何か1枚作っておこうというのであれば、まずはリクルートカードをおすすめします。

潔癖症の人に嬉しいリクルートカードはこちらから → リクルートカード(公式サイト)

リクルートカードについてはこちらの記事でも紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

Yahoo! JAPANカード + Suica,ICOCA,nanaco

Yahoo! JAPANカードはリクルートカードと並んで電子マネーチャージで万能なクレジットカードです。

チャージでポイントが付与されるのはSuica、ICOCA、nanacoがあります。

こちらもリクルートカード同様となっています。

「では、リクルートカードと比べて何がメリットとしてあるのか?」

それはポイントサービスの違いです。

リクルートカードの場合貯まるポイントはリクルートポイントとなりますが、Yahoo! JAPANカードの場合、貯まるポイントが「Tポイント」となります。

Tポイントといえば国内最大級のポイントサービスなので、貯まるポイントの利便性を考えるとYahoo! JAPANカードの方が良いでしょう。

なお、クレジットカードのポイント還元率は1.0%のためリクルートカードに比べると若干低くなります。

ポイント還元率を取るかポイントの利便性を取るか、どちらを取るかで選ぶと良いでしょう

潔癖症の人に嬉しいYahoo! JAPANカードはこちらから → Yahoo! JAPANカード(公式サイト)

Yahoo! JAPANカードについてはこちらの記事でも紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

潔癖症ではなくてもレジでのお支払は大変 お支払いあるある

こちらは余談になりますが潔癖症ではなくてもレジでの支払いというのはちょっとしたドラマがあります。

それは「レジの店員さんがかわいい、もしくはかっこいいのかどうとか?」という事です。

出会いの場ではないとしてもレジでお会計をしてくれる人が好みのタイプのひとだたりしたら、日常生活の中でのささやかな喜びに感じる人はいるでしょう。

下世話な話かもしれませんが、例として下の写真のような店員さんにお会計をしてもらったらどうでしょうか?

笑顔が素敵なお姉さんにお支払をして商品を受け取るのであれば気持ちよくお買い物ができますよね。

写真の男性もモデルかもしれませんが心なしか笑顔になっているのはそういった理由があるのかもしれません。

さらにもう一つ下の写真のような場面だったらどうでしょうか?

(悪意や他意はなくこちらの写真を掲載させてもらっています)

先ほどの笑顔が素敵なお姉さんというよりは笑顔のおばさんといった感じです。

心なしかの写真の男性のモデルも商品を受け取ることを躊躇(ちゅうちょ)しているように背中から哀愁が漂っています。

どちらの店員さんにお会計をしてもらいたいかを考えたら個人的には最初の写真の店員さんにお会計をしてもらいたいです。

レジの店員さんが誰でも商品の値段が変わるわけでもなく、商品が増えるわけでもありませんが、それでも本能的に選んでしまうことがあると思います。

こんなシチュエーションでもクレジットカードや電子マネーを活用するなんてこともできるかもしれません。

クレジットカード、電子マネーで最大限キャッシュレス決済を活用しよう

キャッシュレス決済=完全非接触な支払いというのは潔癖症の人にとって強い味方です。

かつてはこのような支払方法というのは多くの場所ではできませんでしたが、テクノロジーの進化によってどんどん便利になり、利用できる場所も増えて使える機会も増えてきています。

クレジットカードと電子マネーを上手に使いこなして、ストレスの無いお支払を体験してみて下さい。

以上、潔癖症でお悩みの方必見!レジでお金の支払いにクレジットカードや電子マネーを利用することのススメ。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする