『iPhone XS』/『iPhone XS Max』/『iPhone XR』が発表。Apple Payの決済方法は今後「Face ID」に変わっていくのが濃厚に。

2018年9月13日についに新しいiPhoneが発表されました。

これまでのiPhone 7や8などの数字のシリーズではなくiPhone Xの派生モデルのような名前で、『iPhone XS』/『iPhone XS Max』/『iPhone XR』の3機種が新たに誕生することになりました。

ご覧の通りiPhone XS(テンエス)が3モデルの中で最も中間に位置するモデルで、高性能ながらもサイズも5.8インチと実質的なiPhone Xの後継機種という位置づけです。

そしてiPhone XS Max(テンエスマックス)はiPhone XSのワイドバージョンで6.5インチという大きさを誇ります。

それにしてもiPhone に「マックス」という名前を使うのはなんとも違和感があります。

これまで通りにPlus(プラス)の名前の方がユーザーにもしっくりきたのではないでしょうか。

そして、iPhone XR(テンアール)は新作の中でも廉価版(れんかばん)となっており、実質的には最も普及するのはXRかもしれません。

iPhone XRはアルミ筐体(きょうたい)でサイズも6.1インチとiPhone XSよりも大きいので安っぽさも感じませんし性能にこだわらなければこちらの方がベストでしょう。

もはやiPhoneのブランドアイデンティティの『ノッチ』健在


デザインはベゼルレスのiPhone Xを踏襲したノッチが新作モデルでも健在です。

もはやiPhoneにはノッチは欠かせない存在にすら感じます。

「ノッチが無ければiPhoneじゃない」とすら感じてしまうでしょう。

個人的にはスマホのサイズが小さく画面が大きくなるベゼルレスには大賛成です。

ただ、このノッチは正直無い方がいいかなと個人的には思います。

しかし、インカメラ(「True Depthカメラ」)の設置、とホームボタン廃止による認証方法の「Face ID」のためには当分は無くてはならない存在なのかもしれません。

ちなみにiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRともにインカメラの性能が向上し顔認証にかかる時間も高速化されています。

進化したのは「RGBカメラ」、「IRカメラ」の性能と「A12 Bionicチップ」にあるSecure Enclaveと新しいアルゴリズムの効果などがあります。

スマホ専門サイトでは無いのでより詳しいことはスマホ系のサイトを見た方がより長文で細かく説明しているでしょう。

認証方法は『Touch ID』から『Face ID』へ完全シフトの流れ


このノッチが欠かせない理由はやはり『Face ID』の存在でしょう。

iPhone 8までは残っていたホームボタンの指紋認証の『Touch ID』が新作ではついに無くなってしまいました。

こんなことを言ってしまっては元も子もないですがTouch IDの私としてはせめて背面でもいいからTouch IDを設定して認証方法を選択できるようにして欲しかったです。

(Touch IDを利用するためにiPhone8をいまでも利用しています)

しかし、そんな無駄な抵抗も今回の新作発表で明らかになりました。

今後はTouch IDに慣れろということです。

マスクをしてFace IDの顔認証はできない


これはもう有名な話ですがFace IDはメガネや帽子、髪形などでは誤認証をしたりすることはありませんが、マスクを装着した状態だと認証ができないというデメリットがあります。

ここにものすごく不便な思いを感じている人は非常に多いでしょう。

風邪などを引いたときにマスクをしていても、認証のためにいちいちマスクを付け外しするのは面倒です。

風邪をひいたときにマスクをするのは日本人特有のことかもしれませんが、このへんは回避策としてTouch IDを使えるようにしておいて欲しかったです。

Apple Payの利用も顔認証の「Face ID」に慣れるしかない

そして気になるApple Payの利用ですが、すでにiPhone Xを利用している人ならもう慣れているかもしれませんが、これから新しいiPhone にする人はFace IDでの利用に慣れるしかありません。

Touch IDでApple Payを利用していた方はこれまで「カードを認証」→「Touch IDを認証」という順番でApple Payを利用していたと思います。

しかしFace IDの場合、「Face IDを認証」→「カードを認証」という順番に変わります。

レジでお支払いの時に一回スマホを覗き込んで顔認証をしてから支払うという光景が今後は増えてくるかもしれません。

「Face ID」に慣れよう


これはもう今後もiPhoneを利用し続けるのであればいつかはぶち当たる壁だと思います。

Touch IDにこだわってもずっと旧モデルを買い続けるというのはかなり辛いことだと思います。

まだ、iPhone SEやiPhone6なども併売されているのでしばらくはTouch IDを利用することも可能でしょうが、流れとしてはFace IDにいつかは統一していくのではないかともいます。

私はあと1,2年はiPhone8を使い続けようとしていますが、いずれはFace IDを利用してApple Payを利用するときが来るでしょう。

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRをお得に買うには?

新作のiPhoneに詳しくなっても肝心の製品を手に入れなければ意味がありません。

しかし、新作のiPhoneは非常に高価な商品になってしまいました。

iPhone XS Max iPhone XS iPhone XR
64GB 124,800円 112,800円 84,800円
256GB 141,800円 129,800円 90,800円
512GB 164,800円 152,800円 101,800円

価格はSIMフリーモデル(税抜)
 

「・・・なにこの値段?ノートパソコン?」、いえ、スマホです。

進化するのは良い事ですが、値段が高くなることは喜ばしくないです。

しかも10万円超えの値段がほとんど・・・もはやmacbookを買うのとほとんど変わりがありません。

とはいえ最新機種のiPhoneが欲しいというのはほとんどの人が考えることでしょう。

そこで、劇的に安くなるという方法ではありませんが、少しでも新型iPhoneをお得に買う方法を紹介したいと思います。

オリコショッピングローンを利用して新型iPhoneを購入する


最もスタンダードな方法がApple (アップル)公式サイトで取り扱っているオリコショッピングローンを利用することです。

分割払いでのお支払(Appleアップル公式サイト)

こちらは分割払いで購入する際に分割払い手数料ゼロで購入できるため、支払総額を増やさずに月々の負担を減らして購入できる方法です。

手数料ゼロで購入できる支払い回数は6回、10回、12回のみで12回以上のお支払回数の場合は手数料が別途必要となります。

手間もかからずすぐに利用できるのがこの方法の良いところですが、ポイントなどは一切たまらないというデメリットもあります。

『オリコなのでOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)で支払えばポイントがもらえるのでは?』と思う人もいるかもしれませんが、ショッピングローンの場合クレジットカードでのお支払をすることは出来ません。

そのため、クレジットカードの手数料のみがお得になる方法となります。

三井住友カードで新型iPhoneを購入する


もうひとつ方法のとして三井住友カードでiPhoneを購入するというのがあります。

三井住友カードでは2018年2月1日から4月30日までApple (アップル)公式サイトで分割払い手数料ゼロのキャンペーンを実施していました

Apple Online Storeでの利用で分割手数料が無料に!(三井住友カード)

このようなキャンペーンをまた実施することがあるかもしれないので、その時のために三井住友カードを持っておくと良いでしょう。

また、Apple (アップル)公式サイトで購入する際にポイントUPモール経由で購入すればポイントが2倍貯まるという特典もあります。

ポイントUPモール Apple (アップル)公式サイト

この方法を利用すればクレジットカードのポイントを貯めて、かつ分割払い手数料を無料にすることができます。

新型iPhoneをお得に購入できるクレジットカードはこちら → 三井住友カード(公式サイト)

三井住友カードについてはこちらの記事で詳しく説明してますので合わせて読んでみて下さい。

もちろんApple Payにも対応していますよ。

JCB CARD Rで新型iPhoneを購入する

こちらの方法は少し特殊になりますが、JCB CARD Rというクレジットカードを利用して購入する方法です。

JCB CARD Rの大きな特徴はリボ払い専用のカードというのがあります。

リボ払いご存知の人も多いと思いますが手数料が発生する支払方法なのでトータルで見ると損をすると考える人がいるでしょう。

たしかにリボ払いで支払い続けるのはデメリットが大きいです。

しかし、JCB CARD Rは現在カード入会キャンペーンの特典としてポイント6倍というキャンペーンを開催しています。(2018年9月30日まで)

このポイント6倍の期間中に購入して1回でもリボ払いでお支払をしたら残額を繰り上げ返済すれば1回の手数料でiPhone購入金額のポイントが6倍貰うことができます。

新型iPhoneをポイント6倍で購入できるクレジットカードはこちら → JCB CARD R(公式サイト)

JCB CARD Rについてはこちらの記事で詳しく説明してますので合わせて読んでみて下さい。

もちろんApple Payにも対応していますよ。

アップルギフトカードで新型iPhoneを購入する

こちらの方法はひと手間が掛かりますがアップルのギフトカードをクレジットカードを利用して購入するという方法です。

アップルギフトカード(公式サイト)

アップルギフトカードを利用して購入する方法のメリットとしては、複数のクレジットカードを利用して購入することが出来るという事です。

人によっては1枚のクレジットカードで購入することが出来ないという人もいると思います。

しかし、普通に購入する場合にはお支払するクレジットカードを1枚しか選ぶことができません。

そんな時にこちらのアップルギフトカードなら5千円~50万円分のギフトカードをクレジットカードで購入することが出来るので、複数のクレジットカードで購入してギフトカードでiPhoneを購入することも可能です。

普通にiPhoneを購入するよりもお得な方法はいろいろあるので是非試してみて下さい。

以上、『iPhone XS』/『iPhone XS Max』/『iPhone XR』が発表。Apple Payの決済方法は今後「Face ID」に変わっていくのが濃厚に。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました

今回は旬のネタとしてiPhoneでのApple Payの使い方の記事を書きました。

たまにはこういう記事を書くと新鮮でいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする