「街カードフェスタ」とは一体何?それはクレジットカード会社が合同で行う地域活性化のイベントです。

街カードフェスタというイベントのことをご存知でしょうか?

おそらく聞いたこと無いという人の方が多いと思いますが、街カードフェスタとは「クレジットカードの利用促進と地域経済活性化のためにクレジットカード各社が合同で行っているイベント」です。

参加しているクレジットカード会社は毎回異なりますが、主要なクレジットカード会社はほぼ参加しており、その規模は毎年だんだんと拡大していってる感じです。

また、この街カードフェスタはクレジットカードを使うのがただの目的ではなく、開催される地域でのお買い物など消費を促す効果もあるので、開催される地域の経済活性化にもつながっています。

クレジットカード利用者側のメリットは?

これだけ聞いてもカードを使う側として特に何のメリットも感じないと思いますが、カード利用者側にもメリットがあります。

それは、街カードフェスタの対象店舗で街カードフェスタに参加しているカードを利用すると、対象施設の賞品券や旅行ギフトなどが抽選で貰えるというものです。

↓こちらは現在開催されている街カードフェスタ池袋のお知らせです。

普段は現金でお買い物をしている人でも、この街カードフェスタ開催中はクレジットカードでお支払をした方がメリットが大きいです。

また、この機会にクレジットカードを利用する方が便利だと感じた人は、これからお支払をカードに変えるいい機会になるでしょう。

ある意味でクレジットカード会社としてもそれが狙いであることは確かですからね。

また、小売店側が「頼むから現金を使ってくれ」と思うのであれば敢えてこのようなイベントを実施しないと思いますが、実際には小売店側もクレジットカードを使って欲しいからこそ、このようなイベントが成立します。

印象的な江口寿史さんのイラスト


街カードフェスタを印象付けるのが宣伝用の広告やポスターに使用されているイラストです。

クレジットカードに興味はないという人でも、イラストなどに惹かれて街カードフェスタって何?と調べたりする人もいるでしょう。

そんなイラストを描いているのが江口寿史さんという方です。

個人的には日本を代表するポップアートの方という印象を受けています。

ポップアートとして有名なのが1960年代にアメリカで活躍したアンディウォーホールやロイ・リキテンスタインなどでしょう。

その作風をモチーフにしたのが上のイラストですが、ある意味で現代版ポップアートともいえる洗練されたイラストが江口寿史さんの魅力です。

だいぶ話がそれました興味がある方はこちらの江口寿史さんのイラスト集を見てみると良いでしょう。

step ― Eguchi Hisashi Illustration Book ―

街カードフェスタ・・・それはお祭りのようなもの

街カードフェスタとはある意味でカード会社と開催地の周辺施設が合同で行う、キャッシュレス祭り』のようなものです。

では、実際に街カードフェスタの内容はどのようなものなのかを過去に開催された街カードフェスタを例に紹介してみたいと思います。

街カードフェスタ 函館


こちらは以前に東北~函館のエリアで開催された「街カードフェスタ みちのく~函館」というもので、セゾンカードインターナショナル、UCカード、JCBカード、VIEWカードなどが合同で開催をしていました。

北海道新幹線が開業して1周年ということもあり北海道新幹線沿線の仙台・岩手・青森・函館の複数の県道が合同で開催した街カードフェスタです。

街カードフェスタ みちのく~函館では複数の県道が合同で開催したという事もあり対象店舗も1つの街にとどまらず多くの場所が対象の店舗となっていました。

以下には対象店舗となっていた一部の場所を紹介しています。

仙台パルコ SELVA(セルバ) 三井アウトレットパーク
サンロード青森 VIA NOVA ELM
ラピア

ちなみに街カードフェスタ池袋での賞品には以下のようなものがありました。

・北海道 函館 「大沼鶴雅オーべルージュエプイ」ペア宿泊券

・宮城県 松島 「松島佐勘 松庵」ペア宿泊券

東北、北海道という地でもこのように街カードフェスタは開催されるので、お住まいの方や旅行に行かれる予定の方はぜひチェックしておきたいですね。

街カードフェスタ 札幌

こちらは以前札幌で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、オリコカード、UCカード、VIEWカード、東急カード、道銀UCカードなどが合同で開催をしていました。

街カードフェスタ札幌で対象となっていた店舗はこちらになります。

札幌プリンスホテル アピア エスタ
パセオ 札幌ステラプレイス 4丁目プラザ
赤れんがテラス IKEUCHI 札幌パルコ
ル・トロワ さっぽろ東急百貨店 サッポロファクトリー
大丸札幌店 東急ハンズ札幌店 札幌テイネゴルフ倶楽部
三井アウトレットパーク札幌北広島 新千歳空港ターミナルビル 千歳アウトレットモール・レラ

開催地が札幌となっていますが札幌以外にも北広島市(きたひろしまし)、千歳市、留寿都村(るすつむら)、登別市なども参加しているため対象店舗が非常に多く街カードフェスタを周りの地域でも最も盛上げようというのが感じられます。

ちなみに街カードフェスタ札幌での賞品には以下のようなものがありました。

・「定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌」宿泊券

・対象施設の商品券やギフト券・お買物券

北海道にお住まいの方で街カードフェスタを体験してみたいという人はぜひこのような機会に参加してみて欲しいです。

また、北海道へ旅行などで行く方も北の大地で美味しいものを食べながら街カードフェスタを楽しむのも良いでしょう。

私もぜひ一度は行ってみたいのが札幌です。

街カードフェスタ 池袋

こちらは以前池袋で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、オリコカード、UCカード、VIEWカード、クラブ・オン/ミレニアムカード、東武カードなどが合同で開催をしていました。

街カードフェスタ池袋で対象となっていた店舗はこちらになります。

西武百貨店 パルコ 池袋ショッピングパーク
ビックカメラ池袋店 池袋サンシャインシティ ヤマダ電機池袋店
WACCA ジュンク堂書店 SEIYU
MARUZEN 東武百貨店 東武ホープセンター
エソラ池袋 エチカ池袋

対象店舗に池袋ショッピングパークや池袋サンシャインシティがあったりと魅力的な施設が多いので街カードフェスタでも最も盛り上がりを感じさせます。

ちなみに街カードフェスタ池袋での賞品には以下のようなものがありました。

・帝国ホテル東京ペア宿泊券

・対象施設の商品券やギフト券・グッズ

街カードフェスタを体験してみたいという人には最も盛り上がりの大きい池袋でのイベントへの参加がおすすめです。

街カードフェスタ 日本橋

こちらは以前日本橋で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、UCカード、オリコカード、JCBカード、高島屋カードなどが合同で開催をしていました。

日本橋と言えば昔ながらの日本の街並みが残る落ち着いた雰囲気で、外国人などの観光客にも人気のスポットです。

街カードフェスタ日本橋で対象となっていた店舗はこちらになります。

COREDO室町 COREDO日本橋 日本橋三井タワー
日本橋高島屋 日本橋三越

対象店舗がCOREDO室町・日本橋などの新しい施設や、高島屋、三越などの老舗百貨店などもあり大人の買い物ができる街ですね。

ちなみに街カードフェスタ日本橋での賞品には以下のようなものがありました。

・浜名湖かんざんじ温泉「ホテル九重」ペア宿泊券

・日本橋クルーズ

・対象施設の商品券やギフト券

大人の街で落ち着いた雰囲気で楽しみたいという人には街カードフェスタ日本橋のようなイベントがおすすめです。

街カードフェスタ 恵比寿

こちらは以前恵比寿で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、VIEWカード、エムアイカード、UCカードなどが合同で開催をしていました。

恵比寿といえばちょっと大人の街という雰囲気でにぎやかというよりは落ち着いてお買い物やお食事を楽しむといった感じのところですね。

街カードフェスタ恵比寿で対象となっていた店舗はアトレ恵比寿、恵比寿ガーデンブレイス、恵比寿三越の3施設になります。

対象店舗が少なかったのがちょっと残念なところもありましたが、3施設がどれもお買い物やお食事にも便利なところだったのでそれなりに盛り上がりました。

ちなみに街カードフェスタ恵比寿での賞品には以下のようなものがありました。

・ジョエル・ロブション ディナーお食事券

・アトレ恵比寿お買い物券

・三越お買い物券

・YEBISU GARDEN CINEMA映画招待券

賞品も派手過ぎず地味過ぎずといった感じで盛り上がり方も恵比寿らしいです。

街カードフェスタ 吉祥寺

こちらは以前吉祥寺で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、オリコカード、UCカード、VIEWカード、東急カード、京王パスポートなどが合同で開催をしていました。

街カードフェスタ吉祥寺で対象となっていた店舗はこちらになります。

アトレ吉祥寺 吉祥寺パルコ ロフト吉祥寺
キラリナ吉祥寺 コピス吉祥寺 東急吉祥寺店
YAMADA LABI吉祥寺店 SEIYU吉祥寺店 ハモニカ横丁

対象店舗にハモニカ横丁があるあたりが地域密着感と同時に渋さを感じさせますね。

ちなみに街カードフェスタ吉祥寺での賞品には以下のようなものがありました。

・東伊豆旅行ペア宿泊券

・対象施設の商品券やギフト券・グッズ

・ハモニカ横丁飲食券

ハモニカ横丁は昭和の佇まいを残すレトロでディープな雰囲気があるので、おすまいではない方も吉祥寺に行った際にはぜひ寄って欲しいスポットです。

街カードフェスタ 千葉

こちらは以前千葉で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、UCカード、ライフカード、JCBカード、VIEWカード、セディナカードなどが合同で開催をしていました。

千葉県といえば東京からのアクセスも近いですが茨城県や栃木県あたりのエリアからも来ることができるスポットなので都内以外の関東近郊に住んでいる方は参加しやすい立地条件です。

おまけにアウトレットやディズニーリゾートなどもあるので街カードフェスタ以外でも楽しむことができます。

街カードフェスタ千葉で対象となっていた店舗はこちらになります。

ペリエ千葉 C-one そごう千葉
千葉パルコ 西部千葉パルコ 千葉各商店街

ちなみに街カードフェスタ千葉での賞品には以下のようなものがありました。

・スパリゾートハワイアンズペア入場券

・ダイワロイネットホテル千葉駅前宿泊券

・JCBギフトカード

・対象施設の商品券やギフト券

街カードフェスタ千葉ならリラックスしてお買い物を楽しむことができる街カードフェスタ日本橋のイベントです。

賑やかなのもいいですが個人的にはこういったリラックスした感じで楽しめるのが一番好きですね。

街カードフェスタ 大阪

こちらは以前大阪で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル三井住友カードJCBカードイオンカードペルソナカード、オリコカード、UCカードなど、錚々たる顔ぶれのカードが開催した街カードフェスタです。

街カードフェスタ大阪で対象となっていた店舗はこちらになります。

E-ma 大阪市内イオン 近鉄百貨店
グランフロント大阪 Joshin(ジョーシン) 大丸(DAIMARU)
大阪高島屋 ディアモール大阪 天王寺ミオ
TOHOシネマズ梅田/なんば なんばパークス なんばCITY
阪急うめだ本店 阪急メンズ大阪 阪急梅田本店
ビックカメラなんば あべのキューズモール店 三井アウトレットパーク大阪鶴見
無印良品難波 淀屋橋odona ヤマダ電機LABI1なんば
梅田ロフト

西日本最大級ともいえる街カードフェスタ大阪は1回の開催で行われる規模としては最大級でしょう。

これだけ対象店舗も多く対象カードも多いという街カードフェスタというのは滅多理にありません。

ちなみに街カードフェスタ大阪での賞品には以下のようなものがありました。

・ホテルペア宿泊券

・大阪・光の饗宴ポスターデザインカレンダ

・対象施設の商品券やギフト券・お買物券

大阪だけではなく周辺の奈良や京都、愛知などにお住まいの方にも街カードフェスタ大阪を体験して欲しいですね。

街カードフェスタ なんば

こちらは以前大阪・難波(なんば)で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル三井住友カード、UCカード、ライフカード、高島屋カードなどが合同で開催をしていました。

先ほどの街カードフェスタは大阪での開催でしたが、こちらはなんば限定ということもあり規模は少し小規模になっています。

しかし街カードフェスタ大阪より小規模ながらも街カードフェスタらしく地域密着な感じが出ているのがいいですね。

街カードフェスタなんばで対象となっていた店舗はこちらになります。

高島屋大阪店 TOHOシネマズなんば ビックカメラなんば店
無印良品 難波 ヤマダ電機LABI1なんば なんばエリア周辺商店街

ちなみに街カードフェスタなんばでの賞品には以下のようなものがありました。

・なんばグランド花月ペア鑑賞券

・水都大阪満喫チケットペア券

・落語家と行くなにわ探検クルーズペアチケット

・対象施設の商品券やギフト券

賞品の種類に地域性が感じられるのもいいですね。

落語家と行くなにわ探検クルーズなどどんな内容なのか気になってしまいます。

それにしても大阪で開催の時の三井住友カードの力の入れ方がハンパじゃないと感じるのは私だけでしょうか・・・・。

街カードフェスタ 天神

こちらは以前福岡・天神で開催されたもので、セゾンカードインターナショナル、UCカード、JCBカードなどが合同で開催をしていました。

九州地区では最大の繁華街でもありショッピングエリアでもある天神は、まさに九州で開催する街カードフェスタにはうってつけの場所でもあります。

九州にお住まいではないという方でも九州へ旅行や出張などで行ったことがある方は、一度は天神に行ったことがあるのではないでしょうか。

街カードフェスタ天神で対象となっていた店舗はこちらになります。

岩田屋本店 ソラリアステージ専門店街 ソラリアプラザ
大丸福岡天神店 天神コア 天神地下街
天神ロフト VIORO 福岡パルコ
福岡三越 ラシック福岡天神

対象店舗はどこも天神でお買い物をする人ならば一度は立ち寄るところばかりですね。

ちなみに街カードフェスタ天神での賞品には以下のようなものがありました。

・韓国 釜山の旅

・対象施設の商品券やギフト券・グッズ

九州だとお隣がもう海外なので商品も国内の宿泊券ではなく海外旅行というところは嬉しいですね。

福岡にお住まいの方や九州にお住まいの方で福岡へお買い物に行く予定がある方は、街カードフェスタが開催していたら貴重な機会なので是非体験して欲しいですね。

街カードフェスタで地域の活性化に貢献しよう

街カードフェスタとは言わば商店街のお祭り行事のようなものです。

地域の店舗とクレジットカード会社が力を合わせて経済を活性化させようというのは、そこに住んでいる人にとっても嬉しいことでしょう。

ある意味小さく地味な催し事に感じるかもしれません。

しかし、そこには日本の未来にも関わってくる意義深いものがあると個人的には思います。

日本の現金依存率は先進国の中でもトップクラスです。

世界を見渡せばキャッシュレス化が推進されていますが日本だけが取り残されていると言っても過言ではありません。

こうした地道な活動から日本でもクレジットカード決済、キャッシュレス決済が浸透していくことで国際社会と足並みを合わせて成長していけると思います。

街カードフェスタがそんな壮大な未来を作れるかといえば難しいですが、小さな一歩として着実に規模も拡大していってることは確かですからね。

街カードフェスタで使えるクレジットカード

街カードフェスタでは毎回様々なクレジットカード会社が参加しています。

その中でも特に参加の多いカード会社のクレジットカードを紹介したいと思います。

これらのカードを持っていれば街カードフェスタで使える確率は非常に高くなりますよ。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは街カードフェスタに参加しているなかでも常連ともいえる参加率を誇るクレジットカードです。

街カードフェスタが開催されていたらほぼ毎回セゾンカードは利用できると考えてもらって間違いないです。

ある意味でこの街カードフェスタのイベントリーダー的な存在でもあります。

そして、セゾンカードインターナショナルを発行しているクレディセゾンの本社は池袋にあるので、街カードフェスタ池袋での盛り上がり方もハンパではないです。

街カードフェスタに興味があるという人はまずセゾンカードを作りましょう。

お申し込みはこちら →セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

JCBカード

JCBカードは近年参加率が上がってきてこれから街カードフェスタの常連になりそうなクレジットカードです。

JCBカードは日本発のクレジットカードブランドでもあり、国際ブランドとしても認知されている日本人の誇りともいうべきクレジットカードです。

そんなビッグネームが街カードフェスタへ参加してきたことで、ますます街カードフェスタが盛り上がりを見せてきています。

「JCBカードが使えないんじゃなぁ・・・」とこれまで街カードフェスタを敬遠してきたVISAやMasterCardブランドユーザーの方もJCBカードが使えるなら行ってみたいと思うでしょう。

これからは先ほど紹介したセゾンカードインターナショナルに次ぐ街カードフェスタの顔になりそうなクレジットカードです。

日本の経済活性化のためにも日本ブランドのJCBカードを使いましょう。

お申し込みはこちら →JCBカード

JCBカードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

三井住友カード

三井住友カードはまだ街カードフェスタに参加した回数は少ないですが、街カードフェスタの最大級イベントであった大阪で参加した時にはかなり注目を集めました。

それは三井住友カードの提携カードでもある近畿しんきんカード、関西VISAカード、池田泉州VISAカード、南都VISAカード、紀陽VISAカード、みなとVISAカードまでもが参加していたからです。

もはや三井住友カードの総力戦ともいえる顔ぶれで参加したのは驚きでした。

また、三井住友カードはやはりネームバリューも強く、三井住友カードが参加しているという事で安心と信頼を得られるというところもあります。

先ほど紹介したJCBカードと含めて、今後街カードフェスタへの参加が増えればイベント自体の注目度が上がってくるでしょう。

まだ三井住友カードをお持ちでない方は早めに準備をしておきましょう。

お申し込みはこちら →三井住友カード

三井住友カードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

イオンカード

イオンカードは街カードフェスタへの参加はそれほど多くはなく、稀に参加しているといった感じです。

(記憶だと大阪の街カードフェスタには参加していたと思います)

特に都市部などではちょっと参加率は低いかもしれませんが、個人的には地方での開催が今後増えてきたときには注目を集めるのではないかと思います。

それというのもイオンカードはやはりイオンモールで使うことでその威力を発揮するカードです。

そのイオンモールといえば地方では無くてはならないショッピングエリアでもあります。

ただ、地域の経済の活性化という意味ではイオンモールはちょっと・・・というのも分からなくはないのですが。

(地域によっては商店街が閑散となった元凶と思われている可能性もあるので・・・。)

しかし、地域によってはその地に根付いたイオンモールというのもあります。

そんな地域では街カードフェスタとイオンカードというのはかなり魅力的な組み合わせになりそうな予感がしています。

まだ街カードフェスタへの参加は少ないですがイオンカードに興味があるという方、とくにイオンモールを利用するという方なら持っていて損はないカードです。

お申し込みはこちら →イオンカード

イオンカードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

VIEWカード

VIEWカードは街カードフェスタへの参加は比較的多いクレジットカードです。

VIEWカードはJR東日本が発行しているカードなので、関西地方などでの開催ではおそらく利用することはできませんが、逆に関東地方であればほぼ常連といった参加率になります。

この辺の地域差が出てきてしまうのがVIEWカードの弱点でもあるので最後に紹介しています。

しかし、VIEWカード自体は魅力の高いカードで特に電車を利用したりSuicaを利用している方の中では、VIEWカードを持っているという人も多いでしょう。

交通系の中でも最強クラスのVIEWカードは東日本に住んでいる方であれば持っていて欲しい1枚です。

街カードフェスタの開催場所へ電車で行くという人も多いと思うので、電車利用のためにVIEWカードを持っておきたいという人は作っておいた方が良いでしょう。

お申し込みはこちら →VIEWカード

VIEWカードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

・・・とは言ってもやはり西日本で利用できないところがなかなかお勧めしづらいのが正直なところ。

できれば西日本でも利用できるようなJR統一カードになってくれればいいなと個人的には思うのですけどね。

以上、「街カードフェスタ」とは一体何?それはクレジットカード会社が合同で行う地域活性化のイベントです。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする