楽天カードの券面デザインが変更された。・・・・カッコよさはどう?カッコ悪い??

もともと券面のデザインに対していろんな意見のあった楽天カードの券面デザインが2018年7月2日に変わりました。

具体的に言えばカード左上の楽天(Rakuten)というロゴの部分が一新されたということです。

楽天、グローバル統一ロゴのデザインを一新

いちおう調べてみるとロゴのデザインにはコンセプトがあり漢字の一(いち)をモチーフにしているようで以下のような意味が込められているようですね。

・はじまり

・ひとつになる

・ 一番、最高

・ 唯一

このコンセプト、皆さんも感じますか?

ロゴが刷新されて約1ヶ月が経ちましたがいまだに新しいロゴには馴れず、またコンセプトを感じるようには正直ならないですね。

ちなみに楽天のロゴデザイン変更についてはネットでもいろんな意見が分かれている感じですね。

楽天が2年連続でロゴを刷新へ・・・ネットでの反応は?

個人的な意見としては楽天の新しいロゴはカッコ悪い方になるかなと思います。

おそらく新しいロゴデザインでイメージアップに成功したかどうかで考えると失敗になったと感じている人がほとんどなのでそう思います。

また、カッコいいとかカッコ悪いを別としてそもそも名前が日本的過ぎるというのを感じます。

(それを無理やりグローバルに通用するようにとしているあたりに何となく無茶がある気がします)

ちなみに以前の楽天カードのデザインはこちらのようになります。

左は初期の楽天カードで、右が最近まで発行されていたカードです。

どちらもRのマークが目立つイメージで表記が漢字からローマ字になったという経緯があります。

漢字からローマ字にしたのは日本だけではなく海外でも通用するようにしたかったという理由で分かりますが、今回のロゴ刷新でユーザーの人たちは「また変わったの?」と困惑してしまうのではないかと思います。

スポーツウエア向けにしたかったロゴデザイン?と思ってしまう

楽天が海外でも知られるようにと大きな賭けに出たのがスペインのフットボールクラブのFCバルセロナのメインスポンサーです。

多額の契約金(年間5500万ユーロ(約71億5000万円)!)を払ってユニフォームのロゴに楽天を入れた事で一気に知名度を上げようという戦略でしょう。

たしかにこのニュースは大きな話題として取り上げられましたが、実際に楽天が海外でも利用されているのかどうか?

実際には楽天の海外事業は失敗がほとんどです。

楽天、巨額投資の海外展開が失敗・・・各国から撤退の嵐でも、FCバルセロナと286億円で契約

事業を撤退するという事はそれだけ利用されることが少なかったという事でしょう。

また、さらに言えばアマゾンに対して完全に敗北したというのがあります。

そこにFCバルセロナとの契約・・・果たして楽天ユーザーの中でこれを望んでたという人がどれだけいたのかが疑問になります。

良くも悪くも新しいロゴはユニフォームとの相性はいい気がします。

しかし、会社とユーザーの気持ちがかけ離れてしまっている状況がどんどんと浮き彫りになってしまっていると感じます。

日本のユーザーにはポイントばらまき


楽天のメイン市場はやはり日本でしょう。

(楽天自身は認めたくないかもしれませんが)

日本の人がこれだけ楽天を利用する理由はまさしくポイント特典があるからでしょう。

日本で利益を上げた分をユーザーに還元する方法の一つがポイントサービスかもしれませんが、実際には日本よりも海外事業拡大に目を向けて投資に回されているのが本質です。

日本のユーザーにはとりあえずポイントをばら撒いとければいいや。

まさに楽天社内からこんな声が聞こえてきてきそうです。

一昔前には楽天スーパーセールなども開催のたびに話題になったりもしましたが、いまでは話題にもならず楽天スーパーセールを心待ちにする人もすくなくなっているのではないでしょうか?

FCバルセロナと契約をするよりも日本のサッカーチームと契約を結んで日本での地盤固めをした方が良かったのではないかと個人的には思います。

もう、楽天カードからのりかえよう


楽天カードを持っている人や楽天カードを検討している人の中には、他のカードにしようと考えている人もいるのではないでしょうか?

最近では楽天カードの電子マネーチャージのポイント付与も以前はnanacoなどチャージ分もポイント付与されていました。

しかし、いまでは楽天Edyの利用のみしかポイント付与されなくなったりと少しずつサービスが改悪されています。

実は・・・私も以前は楽天カードを持っていましたが2016年くらいに手放しました。

年会費無料でそのまま持っていてもいいかなと思ったのですが、送られてくるメールの量やショッピングサイトの商品ページの見づらさなどから使わなくなってしまいました。

(商品ページなどは広告だらけでどこに商品が載っているのかさえわからないくらいです)

ネットショッピングは楽天が無くてもアマゾンとヤフーショッピングで十分過ぎるくらいに便利に利用できるので問題ありません。

ただ、楽天並みにポイントサービスがあるとやはり魅力的です。

そう考えた結果、私が出した結論がYahoo! JAPANカードでした。

楽天カードと同等かそれ以上のサービスのYahoo! JAPAカード

Yahoo! JAPANカードの魅力は大きく2つあります。

①ヤフーショッピングでとにかくポイントが貯まる

②ソフトバンク、Y! mobile(ワイモバイル)利用でヤフーショッピングのポイントを最大12倍まで増やせる

まずヤフーショッピングについてですが、現状楽天よりもヤフーショッピングの方が出店数も多く品ぞろえも豊富です。

商品ページの見た目はアマゾンに比べるとちょっと楽天に近いのですが商品にはちゃんと辿り着くので気になるほどではありません。

また、ポイントサービスについてもヤフーショッピングは充実しているため、楽天と比べても遜色ないです。

では、まず1点目の魅力についてですが、Yahoo! JAPANカードは当然ながらヤフーショッピングとの相性は非常にいいです。

ヤフーショッピングのお支払をYahoo! JAPANカードにするだけでポイントが3倍になります。

さらに2点目の魅力ですが、ソフトバンク・Y! mobile(ワイモバイル)を利用している人ならヤフーショッピングのお買い物がいつでもポイント最大12倍もらえます。

また上記2点の魅力以外にもYahoo! JAPANカードは電子マネーチャージのポイント付与も豊富などの魅力もあります。

電子マネーにおいてはSuica、nanaco、ICOCAの電子マネーチャージ分がポイントに付与されるのでポイントの取りこぼしがありません。

これらを考えた時に楽天カードに変わる新定番のクレジットカードはYahoo! JAPANカードしかないという考えになりました。

ちなみに2016年から2018年までの2年間Yahoo! JAPANカードを利用していますが、まったくもって不便は感じないです。

また、楽天カードのように大量のメールが送られてくることも無くなったので、メールの処理時間の短縮などもメリットとしてあります。

もし、楽天カードに代わるカードをお探しの方はYahoo! JAPANカードがおすすめですよ。

Yahoo! JAPANカードついてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

またアマゾンの方をよく利用するという方は、ネットショッピングでお得なクレジットカードについてこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

以上、楽天カードの券面デザインが変更された。・・・・カッコよさはどう?カッコ悪い??の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする