電車も飛行機もバスも!これ1枚ですべてポイント獲得できる。ポイント能力の高い『ソラチカカード』について徹底的に解説

ソラチカカードは東京メトロとANA(全日本空輸株式会社)が提携してJCBブランドで発行しているクレジットカードです。

ちなみに東京メトロが発行しているクレジットカードにはTo Me CARDというのがあります。

To Me CARDといってもピンと来る人は少ないと思いますが、ANAのマイルも貯まって東京メトロポイントも貯まるソラチカカードと言えば、「ああ、あれね」と分かる人もいるでしょう。

一見するとANAカードと間違えてしまうかもしれませんが、このカードには多くの特典、サービスが一枚に詰まったまさに至高のクレジットカードとも言えます。

まずはソラチカカードの概要について紹介したいと思います。

カード名称 ソラチカカード
カードブランド JCB
入会資格年齢 18歳以上(高校生除く)
年会費 本人 2,000円(税抜)
年会費 家族会員 1,000円(税抜)
ご利用可能額
お支払方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
旅行傷害補償(国内) 最高1,000万円
旅行傷害補償(海外) 最高1,000万円
ポイント還元率 0.1%
ポイントサービス メトロポイント、OkiDokiポイント
電子マネー対応 Apple Pay, QUIC Pay,Edy,PASMO

そもそも「ソラチカカードなんて変な名前」って思った人もいると思います。

とはいえこの名前にも意味はあり、飛行機を連想させるソラ(空)と地下鉄を連想させるチカ(地下)の名前を組み合わせたものになっていると思われます。

そして、その名の通りソラチカカードは地下鉄の利用で飛行機に乗るためのマイルを貯めることができるという、高低差のあるコラボレーションから生まれたクレジットカードです。

こちらの2012年のテレビCMでそのイメージが分かりやすく紹介されています。

地下鉄から空の旅に行けるなんて夢のような特典が備わっているのがソラチカカードです。

また、ソラチカカードには他にもバスの利用でも、お買い物で便利な特典が揃っています。

そんなのたくさんの魅力が詰まったソラチカカードについて詳しく紹介していきたいと思います。

ソラチカカードは「全部のせ」カード

ソラチカカードには多くの魅力を1枚にギュッと詰め込んだ魅力があります。

その魅力というのは大きく分けて4つあります。

①ANAカードのANAマイレージサービスを備えている

②東京メトロポイントをメトロポイントを貯められる

③JCBカードのOkiDokiポイントを貯められる

④PASMOの機能を搭載し、さらにオートチャージもできる

分かる人には分かるかもしれませんが、どれも日常で使える特典が目白押しです。

これだけ多くの特典が揃っているクレジットカードは数あるクレジットカードの中でもなかなかありません。

しかも、東京メトロポイントとANAマイレージは相互にポイントを交換することができます。

つまり、飛行機に乗ってメトロポイントを貯めることもでき、電車に乗って飛行機のマイルを貯めることが可能ということです。

また、電車は定期券をクレジットカードに搭載することも可能だったりと、便利なサービスがすべてこのカード1枚に集約されています

食べ物で例えるなら、ラーメンにチャーチュー大盛り、半熟卵、にんにくをのせた・・・というような、まさに全部乗せのクレジットカードです。

バスだっておまかせ。PASMO搭載の交通系最強カード

飛行機に電車もお得に利用できるソラチカカードですが、バスの利用にも便利なPASMOまで搭載しているというしっかり者のカードです。

しかもPASMOはオートチャージにも対応しているので、電車やバスに乗るときにチャージ(入金)忘れによる残高不足の心配もありません。

PASMOのオートチャージが出来るクレジットカードはこれ以外にOPクレジットなど限られたカードしかないためとても貴重な存在です。

また、PASMOのオートチャージでお支払した分はJCBのOkiDokiポイントとして貯めることが出来ます。

OkiDokiポイントはお買い物などにも利用することもできるだけではなく、ANAマイルへの交換もすることができます。

電車もバスもお得に利用できるだけではなく、飛行機のマイルもこれ1枚で貯めることができるはソラチカカードまさに隙なしのクレジットカードです。

東京メトロに乗れば乗るほどポイントが貯まる

ソラチカカードなら東京メトロ利用がグッとお得で便利になります。

平日の乗車なら1回の乗車につきメトロポイントが5ポイント、土日休日なら1回の乗車につきメトロポイントが15ポイントもらえます。

毎日の通勤で東京メトロを利用する方なら1日に最低2回は乗車するので1日で10ポイントがたまります。

東京メトロに月曜日~金曜日の1日2回乗車すれば1週間で50メトロポイントが貯まります。

1ヶ月を4週間と考えれば仕事に行くだけで1ヶ月で200メトロポイントが貯まってしまうのです。

これだけ普段使いでお得なカードというのはなかなか無いでしょう。

定期券の搭載も可能

ソラチカカードはPASMOを搭載しているためPASMO定期券としても利用することができます。

定期券として利用できる路線は、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄と限られていますが、これらの路線を利用する方なら定期券とクレジットカードを1枚に集約することが可能です。

定期券はカード裏面の左側に搭載されるスペースがあるのでそちらに印字されるようになっています。

しかも定期券の購入代金はクレジットカードのポイントとメトロポイントにそれぞれ付与されるので、ポイントの二重取りが可能になります。

地下鉄から大空へ飛び立てるメトロポイント→ANAマイル移行

ソラチカカードなら貯まったポイントをANAマイルへ交換することができます。

移行するポイントの換算は100メトロポイント=ANAマイル90マイルと90%の換算率となります。

先ほど紹介した通勤で東京メトロを利用する人なら1ヶ月で200メトロポイントが貯まるとした場合、ANAマイルに換算すると180ANAマイルが毎月貯まります。

1年間貯めたとしたら180マイル×12ヶ月=2,160マイルが通勤だけで貯めることができます。

なお、これは毎週月曜日~金曜日に1日2回東京メトロを利用することが前提となっていますが、土日にも利用したり平日に2回以上電車を利用する機会があればさらにメトロポイントが貯まります。

特に土日は1回の乗車で15メトロポイントと平日に比べて3倍もポイントがもらえるので、メトロポイントを貯めるチャンスです。

土日も東京メトロを利用する方なら毎月約500メトロポイントを貯められると思います。

この場合、500メトロポイント×12ヶ月=6,000メトロポイントが1年間で貯まります。

6,000メトロポイントならANAマイルに換算すると5,400マイルとなります。

5,400マイルもあれば国内線であれば片道分の飛行機が無料で利用することもできます。

地下鉄の利用で空の旅への片道切符を手に入れることが可能になるのがソラチカカードの魅力です

お買い物で貯まったOkiDokiポイントもメトロポイント、ANAマイルへ移行できる


ソラチカカードは東京メトロに乗ってメトロポイントが貯めるだけではなく、お買い物でもポイントを貯めることができます。

ソラチカカードはJCBブランドのカードなのでOkiDokiポイントを貯めることも可能です。

OkiDokiポイントはJCBカードのポイントプログラムとなりますが、こちらはスーパーやコンビニなど日常のお支払でもポイントが貯められるだけではなく、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどネットショッピングでもポイントが貯まります。

とくにネットショッピングならJCBのショッピングサイトOkiDokiランドを利用すれば、直接サイトで購入するよりもたくさんポイントがもらえてお得です。

また、ショッピングで貯まったポイントはメトロポイント、ANAマイルに交換することも可能です。

OkiDokiポイントの換算率は以下のようになります。

1 1OkiDokiポイント = 5 メトロポイント

1 OkiDokiポイント = 3~10 ANAマイル

もちろんOkiDokiポイントをそのままお買い物の利用に使うことも可能です。

ソラチカカードはJCBのOkiDokiポイントをお買い物に利用したり、電車の利用分として使ったり、マイルとして利用したりすることが出来るので、ポイントの汎用性が非常に高いです。

ソラチカカードの入会審査基準は?

ソラチカカードを作ろうとしたときに、「ソラチカカードの入会審査基準はいったいどれくらい厳しんだろう?」という疑問が浮かぶかと思います。

ソラチカカードは比較的多くの人に利用してもらうという位置づけのため、入会審査の基準は比較的低く設定されているという印象です。

カードの審査基準というのは公開されていませんが、目安として以下の条件に合う方であれば問題なくソラチカカードに入会することができるでしょう。

・医者、議員、外交官、地方公務員、国家公務員、税理士、教職員など

・会社に勤めている正社員、派遣・契約社員の方、または自営業などを行っている方、アルバイトをされている方など

・勤続年数が2~3年以上の方

・年収が300万円以上の方

・過去に金融事故(支払い延滞、自己破産など)をしたことがない方

・金融機関に多額の借り入れがない方(自動車や住宅ローンは除く)

アルバイトのような不安定な収入源でもきちんと継続的に収入を確保していたり、年間でまとまった金額の収入を得ている場合はカード発行ができる可能性は十分にあります。

ほかにも、過去に金融事故を起こしているとCICなどの情報機関に過去の延滞情報が登録されてしまいますし、カードを発行しても未払いになる可能性やカード破産をして踏み倒されてしまう恐れもあるとカード会社も判断するため入会することは出来ないでしょう。

ちなみに会社員の方であれば、勤務先などは一般的な企業に勤めているのであれば問題ないと思います。

入会審査に通過する重要なポイントとしては継続的に安定した収入があること、過去に支払い延滞などを起こしていないことだと個人的には思います。

ソラチカカードを作ろう


ソラチカカードなら地下鉄の利用から世界へ飛び立つこともでき、電車やバスの利用でお買い物をお得にできるとっても便利なクレジットカードです。

いま地下鉄や電車やバスに乗りながらこれを読んでいる人は、まさにいま乗っている乗車賃分でお買い物をお得にできたり、飛行機のマイルを貯めることができるのです。

知らなかったではもったいないので地下鉄や電車やバスを利用している方はぜひソラチカカードを利用してみて下さい。

以上、電車も飛行機もバスも!これ1枚でカーバーできる、ポイント能力の高い『ソラチカカード』について解説の記事でした。

以上、電車も飛行機もバスも!これ1枚でカーバーできる、ポイント能力の高い『ソラチカカード』について解説の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする