電子マネーの残高不足を解決したい。『PASMO(パスモ)』、『Suica(スイカ)』、『nanaco(ナナコ)』でオートチャージできる便利なクレジットカードについて紹介。

電子マネーは小銭がいらずお釣りの計算も不要でお支払いができるだけでなく、ポイントも貯まる便利なものなのですが、チャージ(入金)をするのが面倒だと感じている人もいると思います。

残高があといくら残っているのかを電子マネーのカードを見ても知ることは出来ないですし、いちいちレシートを取って置き残高を確認することは、お財布の中の小銭を確認する事と同じくらい無駄なことです。

しかも、お支払時に残高不足になる時というのは決まって急いでいるときなどで、そういう経験をすると「自動的に入金されるオートチャージにしたいなぁ」とつくづく感じます。

そこで今回は主要な電子マネーである「PASMO(パスモ)」「Suica(スイカ)」「nanaco(ナナコ)」でそれぞれオートチャージできるクレジットカードについて紹介していきたいと思います。

これらのクレジットカードがあれば電子マネーの残高不足の心配から解放されますよ。

PASMO(パスモ)のオートチャージが出来るクレジットカード

株式会社PASMO(パスモ)から発行されている電子マネーのPASMO(パスモ)は、関東の鉄道と路線バス事業者で共通で利用できる電子マネーを目的として発行されたものです。

交通系電子マネーとしてはSuica(スイカ)に次ぐ普及率のため利用している方も多いでしょう。

もともとはSuica(スイカ)とPASMO(パスモ)は利用できるサービスがJRと私鉄、バスそれぞれ異なりましたが、2007年に相互利用できるようになり、実質的に利用できるサービスが共通になりました。

OPクレジットカード

PASMO(パスモ)のオートチャージで便利なカードの一つがOPクレジットカードです。

・ OPクレジット (公式サイト)

OPクレジットはPASMO(パスモ)のオートチャージができ、PASMO(パスモ)にチャージした分は小田急ポイントとしてポイントが貯まります

小田急ポイントは小田急ポイントサービス加盟店で利用することが出来るので、小田急沿線にお住まいの方であれば使い道も豊富です。

・ 小田急ポイントサービス加盟店

「小田急沿線に住んでないから小田急ポイントもらっても使い道がない」と思う人もいるかもしれませんが、小田急ポイントはギフト品などと交換することもできるので、小田急を利用しない方はギフト品への交換がおすすめです。

神奈川県にお住まいの方、小田急沿線にお住まいの方にお得な「OPクレジットカード」 最大でお買い物が10%もお得になる地域密着型カードです。

ソラチカカード

小田急線は利用しないけれど東京メトロなどの地下鉄を利用する機会の多い、首都圏にお住まいの方におすすめなのはANAマイルも貯められるソラチカカードです。

・ ソラチカカード (公式サイト)

ソラチカカードの魅力はPASMO(パスモ)にオートチャージできるだけではなく、東京メトロを利用すればメトロポイントを貯めることもできます。

しかも、このメトロポイントはANAマイルに交換することも可能なので、電車に乗りながらマイルを貯めるということもソラチカカードなら可能です。

PASMO(パスモ)を利用して東京メトロ沿線を利用している方で、ANAマイルを貯める方にとっては理想的な一枚のカードです。

電車も飛行機もバスも!これ1枚でカーバーできる、ポイント能力の高い『ソラチカカード』について解説の記事

Suica(スイカ)のオートチャージが出来るクレジットカード

東日本旅客鉄道株式会社から発行されている電子マネーのSuica(スイカ)は、JR乗車券として利用できるだけではなく、日常のお買い物シーンでも多くの場所で利用できる電子マネーです。

いま、日本で最も普及している電子マネーでその発行枚数は約6,000万枚を超える、まさに日本人の2人に1人が持っているとも言える電子マネーです。

もともとはJR鉄道路線での乗車券の電子マネーとして利用できるものでしたが、先に紹介したPASMO(パスモ)と相互利用できるようになり、JR鉄道路線だけではなく、私鉄やバスなどの公共交通機関で利用できる便利なものになりました。

VIEW Suica(ビュースイカ)カード

VIWE Suica(ビュースイカ)カードはJR東日本が公式に発行しているSuica(スイカ)のオートチャージができるクレジットカードです。

・ 「ビュー・スイカ」カード (公式サイト)

VIEW Suica(ビュースイカ)カードはSuica(スイカ)のオートチャージでポイントが1.5%もらえるので、他のクレジットカードでSuica(スイカ)にチャージするよりもお得です。

また、Suica(スイカ)の定期券とも一体型として利用することができるので、余分なカードは増やしたくない人には。

電車・バスを利用する方にとっておきのカード。Suica利用されている方に使い勝手がいい「VIEWカード」について徹底的に解説

ビックカメラSuicaカード

Sucia(スイカ)のオートチャージで最大限ポイントを貯めたいという方にはビックカメラSuicaカードもおすすめです。

・ ビックカメラSuicaカード (公式サイト)

ビックカメラSuicaカードのメリットはSuica(スイカ)のチャージでポイントが1.5%もらえるだけではなく、さらにチャージしたSuica(スイカ)でビックカメラでお買い物をすると、ポイントがさらに11.5%もらえるというのがあります。

また、ビックカメラSuicaカードは年会費も無料なのでSuica(スイカ)チャージの専用カードとしても人気のカードです。

まさにSuica(スイカ)のチャージをするために存在するカードと言えるでしょう。

ビックカメラSuicaカードについて徹底的に解説。Suica利用者ならポイント還元率1.5%なので必ず持っておきたい一枚です。

nanaco(ナナコ)のオートチャージが出来るクレジットカード

nanaco(ナナコ)は株式会社セブン・カードサービスが発行している電子マネーです。

セブン-イレブンを利用する方ならほとんどの人がご存知でしょう。

親会社である株式会社セブンアンドアイ・ホールディングスグループのセブン-イレブンやイトーヨーカドー、デニーズなどで利用できる電子マネーです。

大手コンビニエンスストア(通称:コンビニ)で利用できる電子マネーには各種様々なものがありますが、コンビニ独自の電子マネーを採用しているのはセブン-イレブンのnanaco(ナナコ)だけになります。

セブンカード・プラス

nanaco(ナナコ)のオートチャージができる唯一のクレジットカードはセブンカード・プラスです。

・ セブンカード・プラス (公式サイト)

nanaco(ナナコ)にチャージできるクレジットカードは他にもありますが、オートチャージに唯一対応しているのがセブンカード・プラスになります。

これは圧倒的なセブンカード・プラスの特権ですね。

また、セブンカード・プラスはセブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめとするセブンアンドアイグループでの利用がお得になります。

nanaco(ナナコ)を利用しない方でもセブン-イレブンなどでお買い物する方にはセブンカード・プラスはおすすめの一枚です。

セブン-イレブン、イトーヨーカドーでお得。さらに「nanacoオートチャージ対応」のセブンカード・プラスについて徹底的に解説

以上、電子マネーの残高不足を解決したい。『PASMO(パスモ)』、『Suica(スイカ)』、『nanaco(ナナコ)』でオートチャージできる便利なクレジットカードについて紹介。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする