交通系電子マネーの『Suica』と『PASMO』 上手に使えばお得に節約できる貴重な電子マネーの使い方

交通系電子マネーの2大ブランドといえばSuicaPASMOということに異論は無い思います。

普段電車やバスを利用する人にとってこの2つは欠かせないものですね。

なお、Suicaは東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が発行している電子マネーです。

また、PASMOは株式会社パスモが発行している電子マネーです。

PASMOは元々パスネット・バス共通カードが発展したもので、JRを除く鉄道・路線バス事業者が加盟する共通乗車カードとなっています。

パスネットというのは以下のようなプリペイド式のカードです。

いまではあまり見かけなくなりましたがPASMOが誕生する前はこちらのカードを利用していたという人も多いのではないでしょうか。

個人的にもちょっと懐かしいです・・・。

SuicaとPASMOはさまざまな使い方ができる便利な電子マネー

すでにご存知の人も多いと思いますがおさらいで説明すると、SuicaとPASMOは電車やバスの利用以外にも様々な用途で利用できます。

たとえばセブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどのコンビニでのお支払いにも利用できまし、タクシーのお支払いでも利用できます。

また、マクドナルド、ドトールコーヒー、かっぱ寿司、CoCo壱番屋、ロイヤルホストなどの飲食店でも利用できます。

まさに、万能電子マネーと言えるのがSuicaとPASMOです。

これだけ便利なので電車やバスを利用しなくても日常のお支払いのためにSuicaやPASMOを持っている人もいるでしょう。

まだSuicaやPASMOを持っていない人でもこれだけ便利なら「持ってみてもいいかも?」と思ってしまうと思います。

Suicaの発行には手数料として500円が掛かりますが、この500円は原則預り金という扱いとなり、カードを利用しなくなったりした際にSuicaを返却すれば500円は戻ってきますので実質無料です。

また、SuicaやPASMOなどのICカードを利用するとIC運賃というのが適用され、乗車賃が1円単位で計算されるため券売機の切符料金よりも少し安くなります。

例:200円区間に乗車の場合

切符 → 200 x 1.08(消費税)= 220円

IC運賃 → 200 x 1.08(消費税) = 216円

小さな差かもしれませんが塵も積もれば山となるで毎日利用しているとその差は大きくなるので、IC運賃を利用した方がお得です。

SuicaとPASMOの利用は「チャージ」が必要です

SuicaとPASMOはプリペイド(前払い)式の電子マネーのため利用する際には事前にチャージ(入金)をする必要があります。

チャージの方法は券売機などでチャージをする方法もありますが駅で電車に乗る前に現金を出してチャージをするのでは切符を買うのと同じように時間が掛かってしまいます。

せっかくSuicaやPASMOを持ったのに「券売機でチャージしていて電車に乗り遅れた」なんてことになったらメリットは半減してしまいます。

とくに通勤の朝の時間帯などは1秒を争うくらいに忙しいです。

そんな時に券売機でチャージをしようとしたら切符を買っている人が先に並んでいて時間が掛かってしまったなんてことになったら最悪です。

もっと早くホームに着いてたら1本早い電車に乗れたのにとか、座って電車に乗れたのになんてことになってしまうかもしれません。

そのため券売機で現金によるチャージ(入金)はあまりおすすめではありません。

では一体何でチャージ(入金)すればいいのか?

最もおすすめなのがクレジットカードによるチャージ(入金)です。

クレジットカードならチャージ分がポイントになり節約できる

SuicaやPASMOのチャージをするのにクレジットカードを利用するメリットは2つあります。

■場所を選ばずにチャージをすることができる

■チャージ料金をポイント還元してもらえる

まず場所を選ばずにチャージすることができるというのは、スマホ操作で簡単にチャージをすることが出来るという事です。

iPhoneならWALLETアプリから、Android端末ならGoogle Payなどを利用すれば自宅でも外出中でもチャージをすることが可能です。

これについてはあとで詳しく紹介します。

また、クレジットカードでSuica、PASMOにチャージすると、チャージ料金をクレジットカードのポイントに還元することができます。

これについては「ポイント対象」となるカードと「ポイント対象外」となるカードがあるため、しっかりと選ばないとポイントに還元されない場合があります。

せっかくチャージでお支払いをするなら少しでもポイントとして還元された方がお得ですよね。

「ポイントなんてもらってもそんなに変わらないだろう」と思う人もいるかもしれませんが、毎日電車を利用する人であれば節約効果は大きいです。

仮に1ヶ月に電車の利用が2万円だとしたら1年間で24万円の出費になります。

この24万円の1%がポイントに還元されると年間で2千4百円の節約になります。

電車の利用が多ければ多いほどクレジットカードによる節約効果は期待できます。

上手にクレジットカードを活用しSuicaとPASMOで賢く節約しましょう。

Suicaチャージがポイント対象になるYahoo! JAPANカード

Suicaチャージ分がポイント対象となるカードでおすすめなのがYahoo! JAPANカードです。

Yahoo! JAPANカードではSuicaチャージ分の料金をTポイントとして貯めることができます。

Tポイントは利用できる場所が多くポイントの使い勝手が良いというメリットがあります。

また、ヤフーショッピングなどを利用する人にはポイント倍増などの特典も用意されており、Suicaチャージ以外の魅力が大きいのも特徴です。

Yahoo! JAPANカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

Suicaチャージがポイント対象になるリクルートカード

もう一枚Suicaチャージ分がポイント対象となるおすすめのカードがリクルートカードです。

リクルートカードはポイント還元率が1.2%とクレジットカードの中でも非常に高い還元率を誇る一枚です。

また、リクルートカードはSuica以外の電子マネーへのチャージ分でもポイント対象になるため、電子マネーチャージ用として持っていると良いかもしれません。

リクルートカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

PASMOチャージがポイント対象になるOPカード(小田急ポイント)


PASMOチャージ分がポイント対象となるカードでおすすめなのがOPクレジットです。

OPクレジットカードはPASMOチャージ分がポイントになるカードですが、こちらは小田急線沿線でのご利用でもお得な特典が用意されているカードです。

地域は限定されてしまいますが、東京都西部にお住いの方や神奈川県にお住いの方にはメリットが大きいクレジットカードです。

OPクレジットカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

チャージ忘れ(残高不足)が心配な方はオートチャージがおすすめ

SuicaやPASMOは改札でかざすだけで利用できる便利な電子マネーですが、チャージ忘れで残高不足になっていると改札が閉まってしまうという恥ずかしい思いをしてしまいます。

私も何度か経験がありますが改札を通ろうと歩きながらカードを「ピッ」とかざしたときに「ピンポーン」と残高不足の合図が鳴るとちょっと恥ずかしいです。

おまけに後ろから来ている人にちょっと変な顔をされたりと気まずい思いもします。

一度こういった経験をすると「残高が不足になったら自動的にチャージしてくれると便利なのに」と思ったりする人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのがオートチャージ機能付きのクレジットカードです。

オートチャージ機能付きのクレジットカードを利用すれば、SuicaやPASMOの残高が少なくなっても自動的にチャージをしてくれるので残高不足の心配がありません。

そんな便利なオートチャージ機能付きのクレジットカードをいくつか紹介したいと思います。

SuicaオートチャージができるVIEWカード

SuicaにオートチャージできるクレジットカードでおすすめなのがVIWEカードです。

VIEWカードはJR東日本が発行しているクレジットカードで、唯一Suicaへのオートチャージ機能が付いているクレジットカードです。

VIEWカード以外のクレジットカードでは残念ながらオートチャージを利用することができません。

ちなみにVIEWカードには様々なカードの種類がありますが、その中で特に人気が高いのがビックカメラSuicaカードです。

こちらのカードは一見するとビックカメラで使うとお得なカードと思いきや、Suicaチャージ用として人気の高い一枚です。

人気の理由としてSuicaチャージでもポイントが1.5%も貯まるだけではなく、チャージしたSuicaでビックカメラのお買い物をするとポイントが11.5%も付与されるからです。

Suicaを利用する人とビックカメラを利用する人には最強の1枚と言っても良いでしょう。

VIEWカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

PASMOのオートチャージができるOPカード(小田急ポイント)

またの登場となりますがPASMOのオートチャージでおすすめなのがOPクレジットです。

さきほども説明したので詳細な説明は割愛しますがこちらのカードはPASMOとの相性が抜群のカードということですね。

PASMOのオートチャージができるソラチカカード

もう一枚PASMOへのオートチャージができるおすすめのクレジットカードとしてソラチカカードがあります。

こちらは地下鉄東京メトロを利用するとポイントが貯まる、さらにANAのマイルにも交換できるので、通勤などに東京メトロを利用している人にはおすすめの一枚です。

毎日の通勤電車でマイルを貯めてANAで海外旅行へ行くなんて夢のようなことを実現することも可能ですよ。

ソラチカカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

Apple PayとGoogle Payならスマホで改札を通れます

SuicaやPASMOですが通常はICカードタイプのものを発行して利用すると思います。

電車に乗っていると良くスマホケースに入れて利用している人も見かけますが、そもそもカード自体をスマホに搭載できることをご存知でしょうか?

iPhoneやAndroidスマホであればそれぞれApple PayかGoogle Payを利用すればスマホにSuicaを搭載して利用することができます。

Apple Payでは初期状態からSuicaカードの追加ができるようになっております。

設定方法についてもJR東日本の公式サイトに掲載されているので初心者の方でもすぐに利用できます。

ICカード式のSuicaを持っていなくでも大丈夫ですよ。

Apple PayのSuica(JR東日本公式サイト)

また、Android端末利用者向けにGoogle Payでの利用についてもJR東日本の公式サイトに掲載されています。

Google PayのSuica(JR東日本公式サイト)

また、もう一つの方法としてモバイルSuicaを利用するという方法もありますが、Google Payが誕生したことでこちらを利用するメリットはあまり無いかもしれません。

年間利用料も掛かるためGoogle Payを利用するほうがメリットが大きいでしょう。

しいて言うなら公式サイトでも説明していますが以下のようなサービスを利用したい人にはメリットがあるかもしれません。

・銀行口座からのチャージ

・グリーン券の購入

・エクスプレス予約サービス など

(以前Android端末を利用していた時に私もモバイルSuicaを利用していましたが、これらの機能を利用したことはありませんでした・・・)

スマホにSuicaを搭載すればカードリーダーにSuicaのようにスマホをかざすだけで利用することが出来るので便利です。

また、持ち歩くカードを1枚減らせるというメリットもあります。

なお、PASMOについては残念ながらスマホに搭載することは今のところできません。

「何だ残念・・・」と思う人もいるかもしれませんが近い将来PASMOもスマホに搭載される日が来るかもしれません。

その理由として『モバイルPASMO』という商品名自体はすでに商標登録出願されているからです。

おそらく将来的にはサービスを提供するために先に商標登録だけしてあるのでしょう。

PASMOもスマホ搭載できるようになればさらにPASMOの利便性は向上するので個人的には楽しみです。

ちなみにこども用のSuica、PASMOもあります

お子さんがいるご家庭の方はこども用のSuicaとPASMOがあることをご存知でしょうか?

普段からSuicaやPASMOを利用している人でもこども用はいまだに券売機で切符を買っているという人がまだ結構いると思います。

自分がSuicaやPASMOで切符を買わなくて済むのにお子さんの分を券売機で購入していたら時間が掛かってしまいますよね。

こども用Suicaはみどりの窓口で購入することが可能です。

こども用PASMOは各駅やバス営業所で購入することが可能です。

なお、こども用Suicaには有効期限があり小学校卒業年月日までとなります。

また、こども用のSuicaはお子さん1人に対して1枚しか作ることができませんのでご注意ください。

以上、交通系電子マネーの『Suica』と『PASMO』 お得に使えば上手に節約できる貴重な電子マネーの使い方の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする