アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを徹底的に解説

アメリカン・エキスプレス・カードはグリーンカードでもすでに一般的なカードのゴールドカード相当のサービスが提供されますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードになるともはやプラチナ級と言っても過言ではない特典が付いてきます。

また、カードの券面もグリーンカードからゴールドになると一気に高級感が増して、所有欲を満たしてくれるようなカードになります。

そんなアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードとは一体どんなカードなのか?

一言でいうと『アメックスグリーンにさらにグルメとゴルフ特典が充実したクレジットカード』です。

アメックスグリーンは旅行に特化したサービスが充実していましたがグルメやゴルフなどの特典についてはあまり特筆するものがありませんでした。

しかし、アメックスゴールドはレストランなどのお食事に関する特典が充実し、さらにゴルフ関連の特典も付いています。

おそらくアメックスグリーンが20代から30代の若年層をターゲットとしているとしたら、アメックスゴールドは30代から40代のミドル世代をターゲットとしてるカードのイメージです。

では、まずはアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの概要について紹介したいと思います。

カード名称 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
カードブランド American Express
入会資格年齢 20歳以上
年会費 本人 29,000円(税抜)
年会費 家族会員 1枚目無料、2枚目以降12,000円(税抜)
ご利用可能額 設定なし(上限は有)
お支払方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
旅行傷害補償(国内) 最高1億円
旅行傷害補償(海外) 最高1億円
ポイント還元率 1%
電子マネー対応 Apple Pay

年会費29,000円(税抜)というのは一般的にはかなり高額な部類でカードの種類によってはプラチナカード級の年会費となりますが、これから紹介するサービスを見ると納得の金額にな感じることだと思います。

ちなみにアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの基本的なサービスはグリーンカード(一般カード)のサービスを継承することになります。

グリーンカードのサービスはこちらの記事をご覧ください。

これらサービスに対してさらにアップグレードされたものや、新たに追加されたサービスを付帯したものがアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのサービス・特典となります。

それでは、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのサービスを紹介したいと思います。

一流レストランでお得にお食事ができるAmerican Express Invite

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードには新たにグルメ特典として、American Express Invite(アメリカン・エキスプレス・インバイト)というサービスが加わります。

このAmerican Express Inviteという特典は世界400以上の一流レストランでのお食事で、

お食事料金を20%オフや、アペタイザーやボトルワインのサービスなどがあります。

いったいどこで利用できるのかというと、例えば国内では東京と大阪のみに対象の店舗があります。

東京

アルジェントASAMI Bistro Champagne Tresors ブラッスリーポール・ボギューズ銀座
ブラッスリーポール・ボギューズ ミュゼ D’ORO D’ORO HATSUDAI
代官山ASO チェレステ日本橋店 Flamme Scene Steak Cuisine Gina
銀座鮨青木 銀座本店 銀座鮨青木 西麻布店 ICONIC
小熊 Kuma3 Le Chez Crit
L’Auberge De L’ill メゾン ポール・ボギューズ 肉 LABO
PATINASTELLA Res Arcana 青山 Res Arcana 広尾
レストランひらまつレゼルヴ レストラン マサウ エキ リストランテ ASO
六本木テラス フィリップ・ミル RRR ビストロ RRR Kobe BEEF STEAK
さいしゅん サンス・エ・サヴール 鮨 新太郎
鉄板焼き かいか 銀座 とり屋幸

大阪

Bistro Champagne ラ・フェット ひらまつ Lagunaveil Premier
おもてなし茶屋 咲扇 炭火ステーキ レモン 鉄板ステーキ パイナップル

他にも海外でも多くの国で利用する事ができるので国内だけではなく海外でも食事をする機会があるという人には、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでワンランク上のお食事を楽しむことが出来るでしょう。

なお、海外で利用できる国は以下の国となっております。

アルゼンチン オーストラリア オーストリア ブラジル
カナダ 中国 コロンビア コスタリカ
エジプト フランス ドイツ ギリシャ
香港 インド インドネシア イタリア
メキシコ モナコ モロッコ ニュージーランド
パナマ フィリピン 韓国 ロシア
サウジアラビア シンガポール 南アフリカ スペイン
スイス タイ トルコ アラブ首長国連邦
イギリス アメリカ ベネズエラ ベトナム

ゴールド・ダイニング by 招待日和で1名分のコース料理が無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのもう一つのグルメサービスとして「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービスがあります。

こちらは国内外およびシンガポールの200店舗のレストランの中から所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分の料理代金が無料になるというサービスです。

利用されているレストランはどれも一流といえるレストランばかりなので、用意されている料理コースも5,000円~20,000円くらいの料金設定となっているので、こちらのサービスを2、3回ご利用すれば年会費以上のメリットがあります。

このサービスを利用してとっておきのデートや大切な人とのお食事を楽しめばきっと喜ばれるでしょう。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ワインクラブ

ゴールド・ワインクラブというサービスは入手困難な希少価値の高いワインや、季節や時期によってお勧めのワインを、ゴールドワイン・デスクへ電話をすればエノテカのワインソムリエ、バイヤーが教えてくれます。

お勧めのワインのほかにもワインの銘柄や予算に応じたワイン選びをサポートしてくれるため、専門的なワインの知識が無い人でも気軽に相談できます。

プレゼントなどで贈るワイン選びもこちらのゴールドワイン・デスクへ相談すれば喜ばれるワインをプレゼントできるでしょう。

ゴールド・ワインデスク

ゴルフ愛好家なら間違いなくゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードには、グリーンカードには無いゴルフ特典が一気に付帯されるので、ゴルフをする人なら間違いなくゴールドカードにすることをおすすめします。

まず、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードには通常年会費が295米ドル必要となる、

「プリファード・ゴルフクラブ」に無料入会できるという特典があります。

プリファード・ゴルフクラブに入会するとプリファード・ゴルフ提携のホテルに2泊以上宿泊した際に、ホテル契約のゴルフコースのプレー料金が1名分無料になるというサービスがあります。

プリファード・ゴルフクラブが利用できる国・地域は以下の通りです。(2018年4月時点)

バミューダ諸島 アイルランド イタリア ジャマイカ リトアニア
メキシコ モロッコ ニカラグア セントクリストファー・ネイビス スコットランド
南アフリカ スペイン タンザニア イギリス アメリカ

他にもアメリカン・エキスプレスの「ゴルフ・デスク」では全国1,100か所以上のゴルフコースと、ハワイ・グアム・サイパンの提携ゴルフコースの予約・手配を無料で行ってくれます。

海外のゴルフコースなどでは予約などで手数料などが発生する場合もあるので、通常の予約方法よりはアメリカン・エキスプレスのゴルフ・デスクを利用する方がお得にりようできます。

また、アメリカン・エキスプレスでは「ゴルファー・プロテクション」という保険プランも用意されています。

こちらの保険プランは東京海上日動火災保険株式会社が用意する保険プランで、通常だと年間8,490円からの保険プランを年間2,680円から申し込むことが出来ます。

アメリカンエキスプレスのゴルファー保険の内容は以下の通りです。(2018年4月時点)

補償内容 プランA プランB プランC
保険料 2,680円/年 9,590円/年 19,370円/年
傷害死亡・後遺障害保険金額 300万円 300万円 300万円
障害入院保険金日額 4,500円 4,500円 4,500円
障害通院保険金日額 3,000円 3,000円 3,000円
第三者に対する賠償責任保険金額 3,000万円 3,000万円 3,000万円
ゴルフ用品損害費用 10万円 50万円 100万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円 50万円 100万円

ゴルフ場で怪我などをしてしまった時などには通常の保険とは別にゴルフ保険に入っている方が保険適用される可能性が高いです。

またゴルフ場でプレーしている際に盗難に遭ってしまったり、ゴルフのプレー中に思わぬ破損などをした場合の保険として有効な保険です。

他にもホールインワンやアルバトロスを達成した時の備えとして入っておくのもおすすめです。

エアポート送迎サービス(ゴールドカードバージョン)

エアポート無料送迎サービスは国内の主要国際空港である、羽田空港、成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港から対応エリア内の自宅までの間の送迎を、割安の定額料金で送迎してくれるというサービスです。

こちらのサービスはグリーンカードにもありましたが、ゴールドカードではさらに料金が格安となってご利用出来ます。

たとえばグリーンカードでは21,000円だったエリアが15,000円で利用できるようになったり、13,000円だったエリアが9,000円で出来るようになったりと金額が大きければ大きいほどお得感が増していきます。

以前私が空港まで利用した時のタクシー料金が約20,000円近く掛かったエリアはこのサービスを利用すると9,000円で利用する事が出来てしまいます。

そう考えると、このエアポート送迎サービスを利用すると普通にタクシーを利用するよりも、約4割~5割くらいの費用ともはや通常の半額以下の料金でタクシーを利用する事ができます。

このエアポート送迎サービスを利用できるエリアは以下のようになっています。

羽田空港

都道府県 対応エリア 料金
東京都 大田区、品川区、江東区 2,000円
港区、中央区、世田谷区、目黒区、渋谷区、千代田区、台東区、墨田区、文京区、新宿区、江戸川区、荒川区、北区、豊島区 3,000円
中野区、足立区、葛飾区、杉並区、板橋区、練馬区 5,000円
三鷹市、武蔵野市、西東京市、調布市、狛江市、稲城市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、国分寺市、国立市、多摩市、府中市、日野市、町田市 6,000円
八王子市、昭島市、立川市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、福生市、瑞穂町、あきる野市、日の出町、青梅市、羽村市 9,000円
檜原村、奥多摩町 10,000円
神奈川県 中原区、川崎区、幸区 1,500円
鶴見区、神奈川区、高津区、港北区、宮前区、都筑区、西区、中区、南区、緑区、保土ヶ谷区、磯子区、旭区 3,000円
戸塚区、港南区、泉区、金沢区、瀬谷区、多摩区、麻生区、栄区、青葉区 6,000円
鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、相模原市(中央区、南区)、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、三浦市、厚木市、平塚市、大磯町、二宮町、伊勢原、秦野市、愛川町、相模原市(緑区) 9,000円
千葉県 浦安市、市川市、船橋市、松戸市 6,000円
柏市、流山市、八千代市、鎌ヶ谷市、習志野市、袖ヶ浦市、木更津市、我孫子市、白井市、千葉市、四街道市、印西市、君津市、市原市、富津市 9,000円
成田市、野田市、佐倉市、酒々井町、富里市、長柄町、長南町、芝山町、多古町、神崎町、香取市 10,000円
栄町、横芝光町、山武市、匝瑳市、茂原市、白子町、長生村、睦沢町、八街市、いすみ市、大多喜町、御宿町、勝浦市、東金市、 九十九里町、大網白里町、一宮町、鋸南町、館山市、南房総市、鴨川市、旭市、東庄町、銚子市 12,000円
埼玉県 八潮市、三郷市、川口市、草加市、鳩ヶ谷市、戸田市、朝霞市、和光市、新座市、蕨市 6,000円
さいたま市、越谷市、志木市、富士見市、三芳町、狭山市、所沢市、吉川市、川越市、飯能市、春日部市、上尾市、入間市、ふじみの市、蓮田市、伊奈町 9,000円

成田国際空港

都道府県 対応エリア 料金
東京都 都内23区全域、三鷹市、武蔵野市 10,000円
西東京市、調布市、狛江市、府中市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、国分寺市、国立市、多摩市、八王子市、昭島市、日野市、立川市、東村山市、東大和市、武蔵村山市 15,000円
神奈川県 横浜市、川崎市、鎌倉市、逗子市、葉山市、横須賀市、三浦市、相模原市、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、厚木市、藤沢市、寒川市、茅ケ崎市、平塚市、大磯町 15,000円
千葉県 成田市、宮里市、酒々井市、栄町、印旛村、本埜村、佐倉市、八掛市、印西市、四街道市、八千代市、白井市、千葉市、鎌ヶ谷市、船橋市、習志野市、浦安市、市川市 5,000円
松戸市、柏市、流山市、市原市 10,000円
我孫子市、野田市 15,000円
埼玉県 八潮市、三郷市 10,000円
さいたま市、川口市、越谷市、鳩ケ谷市、戸田市、朝霞市、和光市、新座市、志木市、蕨市、上福岡市、富士見市、三芳町、大井町、狭山市、所沢市、川越市、入間市 15,000円
茨城県 取手市 15,000円

関西国際空港

都道府県 対応エリア 料金
大阪府 大阪市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、貝塚市、柏原市、河内長野市、岸和田市、堺市、狭山市、泉南市、泉南郡(岬町、田尻町、熊取町)、泉北郡(忠岡町)、高石市、富田林市、羽曳野市、阪南市、藤井寺市、松原市、八尾市、南河内郡(河南町、太子町、千早赤阪村) 5,000円
池田市、茨木市、交野市、門真市、四条畷市、三島郡島本町、吹田市、摂津市、大東市、高槻市、豊中市、豊能郡(豊能町、能勢町)、寝屋川市、東大阪市、枚方市、箕面市、守口市 10,000円
兵庫県 神戸市、芦屋市、尼崎市、川西市、宝塚市、西宮市、伊丹市 10,000円
京都府 京都市内、宇治市、乙訓郡(大山崎町)、京田辺市、久世郡(久御山町)、城陽市、綴喜郡(井手町、宇治田原町)、長岡京市、向日市、八幡市、相楽郡(笠置町、加茂町、木津町、精華町、山城町、和束町、南山城村) 15,000円

中部国際空港

都道府県 対応エリア 料金
愛知県 名古屋市、岡崎市、幸田町(額田郡)、蒲郡市、日進市、西加茂郡(小原村、三好町、藤岡町)、東郷町、安城市、刈谷市、知立市、西尾市、幡豆町、吉良町、一色町、碧南市、高浜市、常滑市、半田市、知多市、東海市、大府市、豊明市、知多郡(阿久比町、武豊町、東浦町、南知多町、美浜町) 5,000円
その他愛知県全域 10,000円

※上記金額は消費税、高速料金、迎車手数料、深夜早朝割増料金なども含みます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを体験しよう

これだけのサービスを年間29,000円で受けられるというのであれば年会費は高くないと言えるでしょう。

ほかのゴールドカードでは体験できないようなサービスをアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは備えています。

また、何よりアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを手に入れたら次はプラチナというステータスを目指すことが可能となってきます。

ゴールドカードまでは自分から申し込みすることが可能ですが、プラチナ、センチュリオン(通称ブラック)という上級カードへはインビテーション(招待状)が来なければ入会することすらできません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの良さを知るためには何よりもゴールドカードの上級サービスを体験してみることが一番良く分かります。

気になる方はアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを手に入れて下さい。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードへのお申し込みはこちら

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

以上、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを徹底的に解説の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする