スタイリッシュでポイントが2倍貯まる。リボ払いも使えるJCB EITカードについて解説

JCB EITカードは株式会社ジェーシービーが発行するリボ払い専用のクレジットカードです。

「リボ払い専用カードなんて欲しくない!」なんていきなり拒絶反応をしてしまう方もいるかもしれませんが、JCB EITカードは上手に活用すれば一般のJCBカードよりもお得に利用できるクレジットカードです。

そもそもリボ払いは支払い手段の一つの方法であって、「リボ払い=悪」というわけではありません。

クレジットカードに求めるものは人それぞれです。

状況によってはリボ払いを利用したいのに出来なくて困ってしまう人もいるので、そういう人にとっては利用したい支払い方法の一つでもあります。

まずはJCB EITカードの概要について紹介したい思います。

カード名称 JCB EITカード
入会資格 18歳以上(高校生除く)
年会費 本会員 無料(税抜)
年会費 家族会員 無料(税抜)
ご利用可能枠
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピングガード保険(海外) 年間最高100万円
追加カード ETC、QUIC Pay、家族カード
電子マネー QUIC Pay、Apple Pay
その他

JCB EITカードはリボ払い専用カードということを除くと一般のJCBカードと比べてもサービス内容に遜色はほとんどありません。

むしろ年齢が若い人が持つには入会しやすいカードでもあります。

「でも結局はリボ払い専用カードでしょ?」と思ってしまうかもしれませんが、リボ払いであることと引き換えに一般のJCBカードよりも魅力が多くなっている点も見逃せません。

その辺もちゃんと理解しておけば人によっては一般のJCBカードよりもおススメできる一枚でもあります。

では、そんなJCB EITカードについて詳しく紹介していきたいと思います。

カードデザインがスタイリッシュ

JCB EITカードですがカードのデザインはとてもスタイリッシュです。

一目見てリボ払い専用のクレジットカードだなんて思う人はおそらくいないでしょう。

特にブランクのデザインなどは知らない人が見たらブラックカードと勘違いされてしまうかもしれません。

また、ストライプやチェック、ドット柄などはクレジットカードに見えないくらいのデザインです。

ただオシャレではありますが全体的にデザインはシンプルなものが多いので、若い人から大人まで幅広い年齢の人が持つことができるカードデザインになっています。

ポイントが2倍貯まるお得なカード


JCB EITカードは一般のJCBカードに対してポイント還元率が優遇されています。

一般のJCBカードは1,000円の利用につき1ポイントがもらえるようになっていますが、JCB EITカードは1,000円の利用につき2ポイントがもらえる仕組みとなっています。

1,000円につき2ポイントだと全然お得じゃないと感じる人もいるかもしれませんが、JCBのOkiDokiポイントは1ポイント=約3~5円ほどの価値があるので、1,000円につき2ポイントであれば約6~10円分の価値があります。

一般のJCBカードではポイントの貯まり方が物足りないと感じている方は、JCB EITカードを作ることをおすすめします。

上手に利用すれば1回払いのカードと同じように利用できる

「ポイントが2倍貯まるとか上手いこと言ってもリボ払いの手数料で結局損するんじゃないの?」という風に考える人もいるでしょう。

ただ、ここでリボ払いを私がいくらおすすめしても私が得するわけでもありません。

あえて騙すような言い方をしてリボ払いをおすすめしても誰にも何のメリットもありません。

確かにリボ払いとなると手数料が15%も発生してしまうので、いくらポイントを貯めても手数料を上回ることはできないでしょう。

また、継続してずっとリボ払いを続けていると手数料の方が増えていってしまい、使った金額以上にリボ払いの手数料が増えてしまったなんてことになります。

しかし、JCB EITカードには以下のように支払い方法を選ぶことができるサービスがあります。

お支払いコース 支払い方法
全額コース 締切日(毎月15日)のご利用残高全額
定額コース 残高にかかわらずお支払い金額は一定(設定は1千円単位で変更可)
残高スライドコース 残高によってお支払い元金が変動します

もし、リボ払いをしなくてもよい月であればお支払い方法を「全額コース」に設定すればリボ払い手数料は一切かかりません。

そして、リボ払い手数料を支払わなくてもポイントが2倍貯まる仕組みは変わりません。

リボ手数料ゼロでポイント2倍獲得できるのがJCB EITカードの最大の魅力です

もし万が一リボ払いなどが必要になったらその月だけ「定額コース」「残高スライドコース」でお支払いをしてと使い分けることができます。

リボ払いというのも急な出費などが発生した時には生活を助ける強い味方となります。

このように支払い方法を上手に使い分けることができれば、JCB EITカードはポイントが2倍貯まるカードとして活用することができる便利なカードです。

ポイントが2倍貯まるJCB EITカードへのお申し込みはこちら → JCB EITカード公式サイト

My Jチェックで利用状況をWEBで確認できる

「いくら使ったのかなんて毎月チェックなんてできない」、「収支管理するのが面倒」なんて考える人もいるでしょう。

毎月の支出を家計簿のようにチェックして収支を管理できればいいですが、普段の生活の中でそのようなことをする暇がない人も多いでしょう。

今月はどれくらい使ったとか、今どれくらいの利用状況なのかはクレジットカードを使っているとなかなか把握することができません。

しかし、JCB EITカード入会すればMy JチェックというWEB明細サービスに自動的に登録されるため、パソコンやスマホからいつでも利用状況を見ることができます

WEB明細を見て今月はちょっと使い過ぎているなと思ったら、支払い方法を定額コースや残高スライドコースに変更することで、支払い月の支出を抑えることができます。

また今月はあまり使っていないから全額支払いできるなと思ったら、「全額コース」に支払い方法を変えるだけでOKです。

WEB明細を見ながら自分に合った支払いコースを選べるのもJCB EITカードの良いところです。

セキュリティ対策が充実して安心して利用できる

クレジットカードのセキュリティ対策の取り組みとしてJCBはクレジットカードの中でトップクラスの安全性のセキュリティ対策を実施しています。

クレジットカードというのは支払いに使えるものなのでお金と同じように安全に利用できるという事が非常に重要です。

クレジットカードを選ぶ時にはポイントなどがお得にもらえることよりも、まずは安全に利用できるという事を第一に選ぶことが大切です。

それでは、JCBカードのセキュリティ対策について詳しく紹介したいと思います。

カード不正利用を24時間365日チェック

JCBカードではカード会員のカード利用に不審な取引がないかを24時間365日監視し、もし不審な取引を発見したらメールや電話などでお知らせしてくれます。

気づかないうちにカード情報が盗まれてしまったりした時にも、カード利用実績まで追跡してチェックしてくれるので、まるでクレジットカードに警備員がいるような安心感があります。

ICチップ対応

クレジットカードセキュリティのスタンダードの機能になってきたICチップ対応ですが、JCBカードでは2001年からICチップ対応のクレジットカード発行を始めたりと、セキュリティ対策に積極的なカード会社です。

ちなみにICチップが付いているといったい何が良いのかというと、ICチップ対応されることで集積回路がカード情報に複雑な暗号化をしてくれるため、クレジットカード読み取り機などで情報を盗まれてしまう「スキミング」という被害を防止する効果があります。

ICチップの付いていない磁気ストライプのみのクレジットカードを選んだ場合、カード情報を読み取られてしまう可能性があるため、ちゃんとICチップを搭載したカードを選びましょう。

ネットショッピングでも安全に利用できるワンタイムパスワード

クレジットカードを作る目的の多くにインターネットショッピングを手軽に利用したいからという人は多いですが、インターネットショッピングは犯罪にも狙われやすいので注意が必要です。

JCBカードではネットショッピングを安全に利用できるように、「ネットショッピング認証サービス」としてワンタイムパスワードの発行をしています。

このサービスは毎回違うパスワードを登録したメールアドレスへ送信し、ネットショッピングでカード利用時にワンタイムパスワードを入力することで決済を完了するというサービスです。

一度でも暗証番号やパスワードを盗み取られると繰り返し不正な利用をされてしまいますが、ワンタイムパスワードであれば毎回パスワードが変更となるので、パスワードを定期的に変更するのが面倒な人にも安心して利用する事が出来ます。

カード不正利用の損害補償 JCBでe安心

JCBカードでは不正利用を見つけた時にカード会社へご連絡すれば通知から60日間まで遡って不正利用分の金額を補償してくれる「JCBでe安心」というサービスを用意しています。

こちらの「JCBでe安心」では、インターネットショッピング、電話・プロバイダー料金、電話・FAXによる通信販売や、カードショッピング、キャッシングリボおよび海外キャッシュサービス取引等のうち暗証番号の入力を伴う取引で不正利用があった場合に適用されます。

カードが盗難されてしまったり、不正利用を見つけた時には焦ってしまうと思いますが、JCBカードであれば落ち着いてカード会社へ連絡すれば大丈夫です。

盗難・紛失の問い合わせにいつでも対応

もしもカードを無くしてしまったり旅行先で盗難被害に遭ってしまった場合でも、24時間365日「JCB 紛失盗難受付デスク」に電話すればカードの停止や再発行、また海外では緊急専用再発行カード手配もしてくれるので安心です。

JCB 紛失・盗難のご連絡

JCB 紛失盗難受付デスク 0120-794-082 (24時間 年中無休)

※海外からの問い合わせはコチラ

(一部のカードでは再発行に別途手数料が発生する場合があります。)

基本的なことかもしれませんがこういったサービスがしっかり用意されていることも大切なことです。

リボ払いが不要な方ならJCB CARD Wもおすすめ

「自分は絶対にリボ払いなんて利用しない!」という方には、ポイントサービスJCB EITカードと同様にお得な「JCB CARD W」というカードがおすすめです。

こちらのカードの魅力としてはJCB EITカードと同じく年会費無料ながらポイントが2倍もらえるというのが大きな魅力です。

こちらはデザインが1種類のみですが、シンプルで飽きのこないデザインなので誰でも持ちやすいカードです。

ただし、こちらのJCB CARD Wは年齢が39歳までという年齢制限があるので入会を検討する際にはご注意ください。

ポイントが2倍貯まるJCBカードはこちら → JCB CARD W 公式サイト

JCB EITカードの入会審査基準は?

JCB EITカードを作ろうとしたときに、「JCB EITードの入会審査基準はどれくらい厳しいの?」という疑問が浮かぶ女性もいるかと思います。

JCB LINDAカードは比較的多くの女性の方に利用してもらうため、入会審査の基準はかなり低く設定されているという印象です。

カードの審査基準というのは公開されていませんが、おそらく以下のような人であれば問題なくJCBカードに入会することができるでしょう。

・医者、議員、外交官、地方公務員、国家公務員、税理士、教職員など

・会社に勤めている正社員、派遣・契約社員の方、または自営業などを行っている方、アルバイトをされている方など

・勤続年数が1年以上の方

・年収が150万円以上の方

・過去に金融事故(支払い延滞、自己破産など)をしたことがない方

・金融機関に多額の借り入れがない方(自動車や住宅ローンは除く)

アルバイトのような不安定な収入源でもきちんと継続的に収入を確保していたり、年間でまとまった金額の収入を得ている場合はカード発行ができる可能性は十分にあります。

ほかにも、過去に金融事故を起こしているとCICなどの情報機関に過去の延滞情報が登録されてしまいますし、カードを発行しても未払いになる可能性やカード破産をして踏み倒されてしまう恐れもあるとカード会社も判断するため入会することは出来ないでしょう。

ちなみに会社員の方であれば、勤務先などは一般的な企業に勤めているのであれば問題ないと思います。

入会審査に通過する重要なポイントとしては継続的に安定した収入があること、過去に支払い延滞などを起こしていないことだと個人的には思います。

JCB EITカードを作ろう

JCB EITカードは支払い方法を上手に使い分ければポイントをたくさん貯めることができるJCBカードです。

また、リボ払い用のカードとしてリボ払い可能残高を多く利用したいという方にもおすすめの一枚にもなります。

リボ払い=悪という風潮がありますが、上手に利用すれば手数料を最小限にして一般カードよりもポイントをたくさん貯めることができるある意味上級者向けのカードです。

どんなクレジットカードでも使い過ぎには注意が必要ですが、「無理なく使うことができるだろう」という方は、JCB EITカードを使ってみることをおすすめします。

すでに別のJCBカードを持っている方でも「ポイントを2倍にしたい買い物用」や「リボ払いを使いたい時用」にサブカードとして持っておくのもおすすめです。

JCB EITカードへのお申し込みはこちら → JCB EITカード公式サイト

以上、スタイリッシュでポイントが2倍貯まる。リボ払いも使えるJCB EITカードについて解説の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする