クレジットカード豆知識 ~クレジットカードの仕組み。どうやってクレジットカード会社は利益を上げているの?~

普段何気なく使っているクレジットカードでも、その仕組みを理解しているという人は少ないと思います。

また、まだクレジットカードを持っていないという人であれば、より一層クレジットカードのことについて分からないことがあると思います。

そこで、今回はクレジットカードの仕組みについて簡単に紹介したいと思います。

クレジットカードの仕組みが分かれば、何でみんながクレジットカードを使うのかその理由が分かってくると思いますよ。

そもそも、クレジットカードってなに?

まず、基本的なところからですがクレジットカードって一体何なのか?

クレジットカードを使ったことがない人にとってはよく分からない存在だと思います。

なかにはクレジットカードとキャッシュカードの違いも分からないという人もいるでしょう。

まず、クレジットカードとキャッシュカードの違いとしては以下のようになります。

クレジットカード:商品の購入やサービスのお支払いに使えるカード

キャッシュカード:銀行などの口座から現金を引き出すのに使えるカード

キャッシュカードは銀行や信用金庫などに預金口座がある人ならほとんどの人が持っているでしょう。

給料が振り込まれてもお金を引き出せなかったら大変ですからね。

そして、クレジットカードは分かりやすく言うと支払いができるカードです。

クレジットカードをATMに突っ込んでもお金は引き出せません。

でもクレジットカードなら現金が無くても買い物ができるのです。

そう言われても、「クレジットカードだと何で支払いができるのか?」という疑問が湧いてくるでしょう。

現金じゃないのに支払えるというのは不思議なことだと思います。

その理由を次に説明したいと思います。

クレジットカードは信用を担保にカード会社が立て替えてくれる

ものすごく簡単に言ってしまうとこういう事です。

クレジットカードというのは、Credit(クレジット)=「信用」という意味を持ったカードです。

つまり、クレジットカードはあなたの年齢や職業、年収などを信用してカードでお買い物などをさせてくれるのです。

また、クレジットカードには利用限度額というのが存在します。

この利用限度額というのはそれぞれの人の信用情報によってカード入会時などに決まります。

たとえば、利用限度額が50万円のカードを持った場合、あなたを信用してカード会社が50万円の限度額まで支払いを立て替えてくれるのです。

この50万円という金額がカード会社が審査して決めたあなたの信用レベルとなります。

お金を借りるときやローンを組む時にも審査というのがありますが、これと同じようにクレジットカードにも審査があります。

そのため信用情報が良ければ良いほど、ランクの高いカードに入会できるようになり、限度額も高く設定されるようになっています。

クレジットカードの支払いのサイクル

クレジットカードを支払いに利用しても即座に口座から引き落としをされることはありません。

クレジットカードの支払いは一般的に1ヶ月分の利用実績を、毎月指定の日に請求または引き落としをするという仕組みになります。

一体どういうことかというと、例えば毎月15日締めで集計し、翌月10日に支払いのサイクルでは以下のようになります。

例)

・翌月支払い分の集計期間:6月15日から7月15日

・支払日:8月10日

クレジットカードというのは基本的に後払い(ツケ払い)という支払方法となります。

そのためカードを利用した分というのは一時的にカード会社から支払われて、その後利用者に請求するということになります。

ちなみに、「支払いが先送りになるとその分の利息が発生するのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、基本的に1回払いの支払いであれば利息は一切発生しません。

また、ボーナス払いや2回払いなどでも無利息で利用できることが多いので、支払いを先送りにしたいという時にクレジットカードを使うことは有効な手段になります。

なんでクレジットカード支払いにするだけでポイントがもらえるの?

クレジットカードを利用しているとこれが一番の謎だと思います。

私も初めはなんでカード払いにするとポイントがもらえるのか理解できませんでした。

現金での支払いとクレジットカードでの支払いの大きな違いです。

もしかしたらクレジットカード支払いにすると手数料が取られるなんて思っている人がいるかもしれませんが、クレジットカード利用者は手数料は一切掛かりません。

むしろ、クレジットカード支払いにするとポイントがもらえるなど利用者にとってはメリットがあります。

たとえば1,000円の商品を現金で購入した場合、1,000円を支払って購入したらそれで終わりです。

しかし1,000円の商品をクレジットカードで購入した場合、カードで1,000円を支払って、翌月のカードの請求時に1,000円を支払い、カードを利用した1,000円分に対してポイントが還元されます。

もしポイント還元率が1%であれば1,000円のお買い物に対して10ポイントがもらえるという事です。

つまり、現金払いとカード払いの大きな違いは以下の2点です。

・代金の支払いを翌月のカード請求日まで引き延ばせる

・カード支払いによってポイントが還元される

はっきり言ってクレジットカード利用者にとってはメリットばかりです。

しかし、こんな都合のいい話ばかり聞かされると疑問に思うことが、「一体カード会社はどうやって利益をあげているのか?」ということです。

支払いを立て替えてくれたり、ポイントを還元してくれたりしますが、カード会社もボランティアでやっているわけではありません。

営利目的の企業ですからちゃんと収益を上げなければ倒産してしまいますね。

利用者にとっては嬉しいことばかりですが、カード会社が一体どうやって利益を上げているのかを次に解説していきたいと思います。

加盟店手数料を得ることでクレジットカード会社は利益を上げている

クレジットカード利用者はカード払いでお得になるのであれば、お買い物やお食事でもカードが使えるお店を選ぶでしょう。

そうなると、お店側としてはクレジットカードに対応していた方がお客さんが来る確率も高くなると考えます。

ようは集客率のアップですね。

しかし、お店によってはクレジットカードに対応していたり、対応していなかったりすると思います。

なぜ、すべてのお店がクレジットカード支払いに対応しないのか?

じつは、小売店などの店舗がクレジットカードを利用できるようにするには、クレジットカード会社へ加盟店手数料というのを支払わなければなりません。

この加盟店手数料を店側が支払うことで、「あなたのお店でカード支払いできるようにしてあげますよ」ということになります。

この加盟店手数料は一律ではありませんが、約1%~10%ほどの手数料負担があります。

この加盟店手数料は業種によって以下のように異なります。

業種 手数料
コンビニエンスストア 約1%
デパート、百貨店 約2%
小売店 約4%
飲食店 約5%

このような加盟店手数料を店側から徴収することでカード会社は利益を得ているのです。

そのため、クレジットカード会社はポイントやキャンペーンを実施して利用者に利益を還元しても、十分に利益を上げることができ事業運営に資金を回すことができるのです。

クレジットカードの利用実績は貴重な市場調査データになる

クレジットカードの利用実績というのはカード会社にとって、個人の消費活動の貴重なデータにもなります。

例えば性別や年齢、職業、年収、家族構成によって日々どのような人がどんな所でどんな買い物をしているのかというのが、カードの利用実績によって分かります。

ある意味でクレジットカード会社にとっては一番貴重なビッグデータという利益でしょう。

市場のアンケート調査ではいい加減な回答をされてしまう可能性がありますが、カード利用実績という生のデータは貴重な消費者の行動データになりますからね。

もちろん、これらのデータはカード会社が厳重に管理しているので悪用されるということはありません。

「コンビニでいかがわしい本を買ったのがみんなにバレちゃう。」なんてことは無いのでご安心を。

では、どういったところに利用されるかというと、行政や観光などの広告代理店や営業・サービスなどのビジネスに活用されていきます。

つまり、クレジットカードを利用することで自然と消費活動のデータを提供しているということになるのです。

「なんだか盗み取られているみたいでやだ」と思う人もいるかもしれませんがメリットもあります。

たとえばコンビニでよくお弁当を買う人であれば、カードの利用情報から「お弁当がよく売れている」という情報が収集できます。

その情報からコンビニ側が「お弁当がよく売れるからもっとお弁当を充実させよう」という事なります。

すると、「コンビニにお弁当を買いに行ったらお弁当の種類が充実していた」というようにサービスが向上する可能性があります。

クレジットカードというのは利用者にとってはポイントやキャンペーンなどのメリットがあり、またカード会社側にとっては加盟店手数料や消費データの収集というメリットがあります。

これらによってカード会社側、利用者側どちらにもメリットがあるWIN-WINの関係が築かれているということです。

以上、クレジットカード豆知識 ~クレジットカードの仕組み。どうやってクレジットカード会社は利益を上げているの?~の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする