「Google Pay」がSuicaとWAONに対応。周回遅れからの猛追でApple Payを脅かすのか?そしてAppleはクレジットカードの発行へ

Google(グーグル)といえばネット上で誰もがお世話になっているネット検索エンジンの最大手です。

そんなGoogle(グーグル)が手掛ける決済サービスのGoogle Pay(グーグルペイ)みなさん使っていますか?

おそらくほとんどの人は使っていなかったのではないかと思います。

そもそもGoogle Payって何?という人もいると思いますので簡単に説明します。

Google Payってなに?

もともとGoogle(グーグル)の決済サービスにはAndroid Pay(アンドロイドペイ)と、Google Wallet(グーグルウォレット)というのがありました。

このAndroid Pay(アンドロイドペイ)はApple Pay(アップルペイ)に対抗するために作られた決済サービスだったのですが、当初利用できる電子マネーが楽天Edyしかないという何とも悲しい仕様でした。

それからnanacoへの対応なども進めていきましたが、結局は普及するには至らなかったサービスです。

また、Google Wallet(グーグルウォレット)はスマホやPCなどから個人間送金できるP2P(Peer to Peer)のサービスでしたが、こちらも鳴かず飛ばずのサービスとなりました。

おそらく、ここでGoogle(グーグル)は「サービスがまとまってなく発散している。決済も送金もいっそ1つのサービスにしちゃえ。」と思ったのでしょう。

その結果生まれたサービスがGoogle Pay(グーグルペイ)です。

こちらの記事でも以前紹介したので参考にしてみて下さい。

Google Pay(グーグルペイ)にSuicaとWAONが追加対応

そんなGoogle Payですが、ついに念願の電子マネーSuicaとWAONへの対応が追加されました。

Googleの支払いサービス「Google Pay」にSuicaとWAONが対応

(参考:マイナビニュース)

これまで楽天EdyとnanacoのみでしたがSuicaとWAONが対応となったことで利便性が格段に上がるでしょう。

とくにSuicaに最初期に対応していなかったことは大きな失敗だったので、Suicaへの対応は「やっと念願のSuicaを手に入れた」という感じでしょう。

また、JCBカードの電子マネーQUICPayにも今後対応していく予定となっているので、Google Payは決済アプリとしての存在感を今後高めていきそうです。

他にも、今回の発表ではクレジットカードのJCB、JACCS、Kyashなら、カードを持たなくてもGoogle Payで店舗でも支払いできるように対応していくようです。

なお、馴染みのない「Kyash」というのは個人間送金アプリのサービスで、おそらくGoogle Wallet(グーグルウォレット)の名残でしょう。

今はまだ普及していない個人間送金ですが、今後普及が進めばApple Payにはない機能なので大きなアドバンテージになるでしょう。

Apple(アップル)はクレジットカードの発行に向けて動く

Apple Pay(アップルペイ)で先行しているApple(アップル)は、日本におけるキャッシュレス決済の普及に大きな貢献をしたサービスです。

とくにスマホの普及ではiPhoneのシェアが圧倒的な日本においては、iPhoneによるスマホ決済サービスは念願だったと言えるでしょう。

そんなApple(アップル)が次に手を打とうとしているのがクレジットカードです。

すでにアップルはアメリカの金融会社ゴールドマン・サックス・グループと提携して、クレジットカードを発行するような動きを進めていることがニュースとなっています。

アップルとゴールドマンサックス、クレジットカードの発行で提携 2019年発行の予定

Apple(アップル)がクレジットカードを発行すれば、まずApple Pay(アップルペイ)でのカードレスでの支払いは可能になると思われますし、オンラインのApple Store(アップルストア)などでの支払いにクレジットカードを利用する事で特典なども付いて気そうです。

また、本社のあるアメリカではすでにApple Pay Cash(アップルペイキャッシュ)という送金サービスも展開しているので、こちらの送金の支払いにクレジットカードが利用できるようになるかもしれません

Apple Pay第4の機能「Apple Pay Cash」を米国で試す モバイル決済最前線

(参考:engadget日本版)

それにしてもGoogle(グーグル)といいApple(アップル)といい、ベイエリアのシリコンバレーでは金融(Finance)とIT(Technology)を合わせたフィンテック(FinTech)に関するニュースが盛んですね。

いつの間にかIT企業の街ではなく金融街に変わってしまうかもしれませんね。

以上、「Google Pay」がSuicaとWAONに対応。周回遅れからの猛追でApple Payを脅かすのか?そしてAppleはクレジットカードの発行への記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする