アメックスプラチナからインビテーション(招待状)が届いた。果たして招待状の中身は?どんな人(私)に届いたのか?を紹介

光栄なことに先日、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーション(招待状)が私のところに届きました。

いつもと変わらず何気なく郵便受けを確認した時に、アメックスからの封書が入っていたので「めずらしいな」と思っていたのですが、よく見るとプラチナカードについての封書でした。

私が持っているのはアメックスゴールドなので、「なんでアメックスのプラチナカードの封書が入っているんだろう?」と不思議に思っていたら、よく見るとアメックスプラチナへのご招待のインビテーションでした。

アメックスプラチナカードと言えばアメックスの最高峰でもある「センチュリオン」に次ぐカードになります。

日本でアメックスプラチナカードを持っている人は約10万人ほど言われており、日本の人口約1億2000万人に対しては約0.08%ととなります。

これがどれくらいの確率かというと1,300人いたら1人持っているかどうかというカードです。

正直アメックスプラチナカードには私は一生縁は無いだろうと思っていたのでびっくりしました。

そしていま・・・、まさに悩んでいる真っ最中です。

アメックスプラチナに入会できるなら、クレジットカードについて紹介できる情報の幅も広がるので、本音を言えばぜひ入会したいと考えています。

しかし・・・・どうしてもネックになるのが年会費の高さです。

アメックスプラチナの年会費は130,000円(税抜)とまさに破格の高さです。

消費税込みだと140,400円ともはやカード会員の年会費とは思えない値段の高さになります。

果たしてこれだけの年会費の高さのカードを使いこなせるのか?

はっきり言えば私はこんな高額なカードを使いこなせるような立場の人間ではありません。

しかし、こんな凄いカードに入会できるチャンスも二度と来ないかもしれない・・・まさに葛藤の渦の中にいます。

そんな葛藤の中ですが良い機会なのでアメックスプラチナカードの招待状についてと、どんな人に届いたのかというのを少し自分をさらけ出しながら紹介したいと思います。

アメックスプラチナカード招待状の中身

「アメックスプラチナカードの招待状ってどんなものが入っているの?」というのはアメックスプラチナカードが欲しい人にとっては気になるところだと思います。

このアメックスプラチナカードの招待状ですが、正直届いただけでも記念に取っておきたいくらい上質でしっかりとした作りとなっています。

まず、招待状ですが以下のような封書に入って送られてきます。

「毎日をより豊かにする、特別な体験を。」とか言われてしまうと、本当に生活が豊かになるんじゃないかなと思ってしまいます。

また、「プラチナカードは、ご案内を受け取られた方だけが持つことのできる一枚です。」なんて言われてしまうと、なんだか自分は選ばれた人間なんだと思って妙に偉くなったような気分になってしまいます。

さらに封書を開けて中身を覗いてみると招待の挨拶のような物が入っています。

あなた様からの一日も早いお返事を、心よりお待ちいたしております。と言われても、年会費130,000円のカードは迷います。

本当に余裕がある人なら迷わずに返信してしまうのかもしれませんが、私のような小市民だと躊躇することしかできません(涙)。

こちらはアメックスプラチナカードのサービスを紹介している冊子です。

自由自在を丁寧に言うと「もっと自由に、さらに自在に。」となるのかもしれません。

うっすらと書いてあってよく見えないと思いますが、「American Express Platinum Card」と書いてあります。

(数年前のCanon IXYのデジカメで撮影しているので画像が悪くごめんなさい・・・)

ここからがいよいよアメックスプラチナカードのサービスの紹介です。

まず、紹介されているのがコンシェルジュサービスというのがやはりプラチナカードですね。

プラチナカード以上のカードといえば何と言ってもコンシェルジュサービスです。

コンシェルジュサービスの悪いプラチナカードなんて持ったら最悪ですが、アメックスプラチナならまず間違いなく最高クラスのコンシェルジュ対応でしょう。

(何しろ年会費が130,000円ですからね・・・)

アメックスプラチナサービスの紹介は1枚1枚ポストカードのような感じで入っています。

こちらは宿泊や旅行などに使えるサービスが紹介されているカードでリゾート感満載の写真になっています。

こんな南国のリゾート地に行ける人にはアメックスプラチナカードは相応しいんでしょうね。

カードの裏面にはサービスの詳細が紹介されています。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FINE HOTELS & RESORTS)は、世界900か所以上の高級ホテル、リゾートホテルを会員特典で宿泊できるサービスです。

またインターナショナルクルーズ・プログラムは、豪華客船クルーズの旅をプラチナコンシェルジュデスクから手配すると、シャンパン1本サービスなど豪華な特典が付くサービスです。

また、エアポート送迎サービスにプライオリティパスのサービスについても紹介されています。

こちらも宿泊と旅行に関するサービスの紹介ですが、より身近に利用できるサービスが紹介されています。

カードの写真も紅葉溢れる旅館のような写真でちょっとホッとしますね。

カードの裏面には先ほどと同じくサービスの詳細が紹介されています。

通常では利用できない文化財の特別拝観などが出来るプラチナ・アクセスや国内有数の高級ホテルや旅館のお部屋のアップグレード特典などが紹介されています。

アメックスプラチナカードで個人的に一番嬉しいと思える特典とも言えるのが、「フリーステイ・ギフト」でしょう。

年に1回国内の対象ホテルを最大2名様まで無料で宿泊できる特典をもらうことが出来るというのは非常に嬉しいですね。

しかも対象ホテルがハイアットホテルズやヒルトン、オークラホテル、ロイヤルパークホテルなど豪華なところばかりです。

おそらく2名で普通に宿泊したら50,000円以上の料金んが掛かるようなところばかりです。

このるフリー・ステイ・ギフトの特典で年会費の半分くらいは元が取れてしまうかもしれませんね。

また、国内ホテル・旅館への手荷物無料宅配サービスもあります。

アメックスプラチナカードのサービスはまだまだ終わりません。

こちらは大切な人との思い出や贈り物のプレゼントなどに利用できるサービスが紹介されているカードです。

まず、いきなり目に飛び込んでくるのは「ラグジュアリー・フライト」のサービスです。

ゴールドカードではお目に掛かることのないサービスですね。

ラグジュアリー・フライトでは東京上空をヘリコプターでクルージングができるという、まさに絵にかいたようなキザな演出ができます。

ただこんな特別なプレゼント演出をされたら、大切な人の喜ぶ顔が目に浮かぶことでしょう。

また、ファイン・ショッピングではブランドショップで営業時間外に他のお客さんがいない店内でゆっくりとお買い物を楽しむことが出来ます。

自分のためだけに貸し切りの店内でお買い物が出来るなんて演出も女性には喜ばれるでしょう。

他にもパーソナル・インポート・サービスでは、日本で未発売の商品を手配、購入をするなんてことも出来てしまいます。

チケット・アクセスではコンサートやスポーツ観戦の良い席を一般販売よりも先に購入することが出来ます。

また、ダイニング・アクセスではレストランで対象のコース料理を頼むと1名分が無料になるというサービスも用意されています。

男性にとってアメックスプラチナカードはまさに女性にしてあげたいことを叶えることが出来る特典が満載です。

こちらはゴルフに関する特典が多数紹介されているカードです。

アメックスプラチナカードとなると年齢層的にもゴルフを楽しむ30代、40代、50代くらいの人がターゲットとなるのかもしれません。

ゴルフに関する特典としては海外の提携ホテルのゴルフコースでプレーができる会員制のゴルフサービス「プリファード・ゴルフ」が利用できます。

また、会員制のゴルフクラブをビジター料金で利用できるプレミア・ゴルフ・アクセスもあります。

また、保険としてゴルフ・テニス・スキーのスポーツ保険や紹介状が無いと利用できないような医療機関で診てもらうことが出来るメディカル・サポートもあります。

サービス案内の最後には「新しい自分へ」という形で締めくくられています。

たしかに、アメックスプラチナカードを持ったらこんなサービスを受けられるのですから新し自分になりそうですね。

ポストカード調のサービス案内以外にアメックスプラチナカードのサービスが一目でわかる、こちらのサービスリストも同封されています。

サービスリストは見開きタイプとなっており中にはカードの基本サービスからトラベル、エンターテイメント、ライフスタイルなどの特典やセキュリティに関するサービス内容が紹介されています。

基本サービス

プラチナ・コンシェルジュ・デスク プラチナ・カード・アシスト
プラチナ・ウェブ(会員専用サイト) メンバーシップ・リワード

トラベルサービス

フリー・ステイ・ギフト ホテル・メンバーシップ
ファイン・ホテル・アンド・リゾート ザ・ホテル・コレクション
国内ホテルおよび国内旅館でのご優待 手荷物無料宅配サービス(国内ホテル・旅館)
アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン インターナショナル・エアライン・プログラム
カード会員様専用空港ラウンジ プライオリティ・パス
デルタ航空専用空港ラウンジ 空港ラウンジ
エアポート送迎サービス 手荷物無料宅配サービス(空港)
無料ポーターサービス 空港クロークサービス
ハーツレンタカー インターナショナル・クルーズ・プログラム
ベルモンド(列車&クルーズ) 京都特別観光ラウンジ

エンターテインメント・ライフスタイルサービス

ダイニング・イベント ダイニング・アクセス
ファイン・ダイニング レストラン予約サポート
ゴールド・ワインクラブ ファイン・ショッピング
ギフト・サービス パーソナル・インポート・サービス
プリファード・ゴルフ プレミア・ゴルフ・アクセス
スポーツクラブ・アクセス SBIウェルネスサポート
ラグジュアリー・フライト プライベート・クルーズ
プラチナ・アクセス チケット・アクセス
新国立劇場 コットンクラブ
メンバーシップ・プレビュー

セキュリティサービス

旅行傷害保険 航空便遅延費用補償
キャンセル・プロテクション オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション ショッピング・プロテクション
ホームウェア・プロテクション ワランティー・プラス
ゴルフ・テニス・スキー保険 個人賠償責任保険
保険サービス

細かいサービスも含めると多くのサービスが用意されているなと改めて実感します。

今までにない「豊かな体験」をお届けするサービスがここに。

プラチナ・カードへのお切り替えをご検討ください。

という言葉で最後に締めくくられています。

ここまでサービスを見ていくとアメックスプラチナカードが欲しく欲しくてたまらなくなってしまいます。

まさに魔法にかかっているような状態です。

そして、年会費:130,000円+消費税(家族カード4枚が無料です)という言葉で魔法が消えて我に返ります・・・・。

いかがでしたでしょうか?

アメックスプラチナカードの招待状はとてもシンプルながらも、そのサービス内容の豪華さはプラチナカードと言っても、その辺のカードのブラックカード級といっても過言ではありません。

私も含めてアメックスプラチナカードの招待状が届いたら、中身を見ていると欲しくてたまらなくなってしまうでしょう。

招待状が届いた私の属性は?

ここまでアメックスプラチナカードの招待状の中身について紹介しましたが、そもそも「アメックスプラチナカードの招待状はどんな人に届くのか?」という疑問があると思います。

一番分かりやすいのは今回招待状が届いた、私の年齢や職業や年収などの情報でしょうね。

ということで、恥ずかしながら今回アメックスプラチナカードの招待状が届いた私の属性を紹介します。

年齢:30代後半

職業:会社員(一部上場)

勤続年数:15年

税込年収:約800万円

アメックスカード歴:3年

 アメックスグリーン1年(2015年)

 アメックスゴールド2年(2016年、2017年)

・・・「こんな奴にアメックプラチナカードの招待状が届くのか!?」と思った事でしょう。

私も正直こんな自分に招待状が届くのは何かの間違いではないかと思っています。

アメックス歴だってまだたったの3年しかありません。

アメックスを相当使っているのかというと、月に5~10万円くらいの利用がほとんどで、たまに50万円以上の高額の支払いに使っていたくらいです。

そもそも最初に持っていたアメックスグリーンの時には、カードを作っただけでほとんど利用していなかったですからね・・・・。

アメックスゴールドになってから高い年会費も払っているし、ちょっと自慢できるクレジットカードだなと思って使い始めた程度です。

ネット上では年収は1,000万円以上無いと作れないとか言われていたので、いままでとんでもなくハードルが高いカードだと思っていました。

ところが意外と一般的な会社員でも招待状をもらえてしまうものです。

おそらく、私の属性を見たら「自分も頑張ればアメックスプラチナカードの招待状をもらえるんじゃないか?」と思ってもらえると思います。

アメックスプラチナカードからの招待状を目指そう

今回私に届いたアメックスプラチナカードの招待状の内容や私の属性を見ると、今まで高嶺の花だと思っていたアメックスプラチナカードが意外に手の届きそうなカードだと思ってもらえると思います。

もしアメックスプラチナカードを目指すのであれば、私はアメックスグリーンからスタートしましたが、アメックスゴールドからスタートするのをおすすめします。

その理由は、アメックスゴールドまでは自分から入会の申し込みが出来るからです。

私はアメックスグリーンを使い続けてアメックスゴールドの招待状をもらいアメックスゴールドにしましたが、1年という時間が掛かってしまいました。

年齢が30から40代くらいで勤続年数や年収もしっかりしている人であれば、アメックスゴールドからスタートするのが一番の近道です。

アメックスゴールドについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

アメックスグリーンならアメックスのサービスをじっくりと体験できるので、年齢の若い方で将来的にプラチナカードが欲しい人は、私のようにアメックスグリーンからスタートするのも良いでしょう。

アメックスグリーンについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

とりあえず私はもう少しアメックスプラチナカードの招待を受けるかどうか悩んでいようと思います。

もし、アメックスプラチナカードホルダーになった暁には、アメックスプラチナカードを持った感想もこのサイトで紹介したいと思います。

以上、アメックスプラチナからインビテーション(招待状)が届いた。果たして招待状の中身は?どんな人(私)に届いたのか?を紹介の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする