不正利用対策に積極的な安心して使えるクレジットカード。セディナカードについて徹底的に解説。

セディナカードは株式会社セディナが発行しているクレジットカードです。

セディナカードという名前を聞いてあまりピンとくるという人は少ないかもしれませんが、実は国内でも数多くのクレジットカードを発行しているカード会社になります。

セディナという名称になる前には国内ブランドであるOMC(オーエムシー)カードなんて呼ばれ方のほうが主流でした。

もしかしたらこちらの呼び名の方が知っている人も多いかもしれませんね。

また、セディナカードは三井住友カードと同じ三井住友フィナンシャルグループの一員だというのは、あまり知られていないことかもしれません。

「何だか知らないことがいっぱいあるけどセディナカードってどんなクレジットカードなのか?」ちょっと気になる人もいると思いますので、セディナカードについて少し詳しく紹介していきたいと思います。

まずはセディナカードの概要について紹介したいと思います。

カード名称 セディナカード
カードブランド VISA,MasterCard,JCB
入会資格年齢 18歳以上(高校生除く)
年会費 本人 1,000円(税抜)
年会費 家族会員 300円(税抜)
ご利用可能額
お支払方法 一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
旅行傷害補償(国内) 最高1,000万円
旅行傷害補償(海外) 最高1,000万円
ポイント還元率 0.5%
ポイントサービス わくわくポイント
電子マネー対応 Apple Pay,nanaco,Suica,ICOCA,楽天Edy

パッと見ると普通のクレジットカードのように感じると思います。

セディナカードはまさに一言で言うなら非常に珍しい普通のクレジットカードと言えます。

じつは、この『普通のクレジットカード』っていざ探そうとすると中々見つからないものです。

個性が強いカードだとここは良いのにここは悪いという一長一短があるものですが、セディナカードは全方位でバランスの取れたクレジットカードと言えます。

しかし、そんなセディナカードにもやはり少し特徴的なところがありますので、その辺を詳しく紹介していきたいと思います。

EDION(エディオン)でのお買い物でポイントが最大10.5倍もらえる

EDION(エディオン)は中国・四国・九州地区をメインに全国展開している家電量販店です。

EDION(エディオン) (公式)

お住まいの地域によってはお馴染みの家電量販店かと思いますが、東北地区など出店していない地域の人にはあまり馴染みの無い店舗かもしれません。

セディナカードではこのEDION(エディオン)をセディナポイントモール経由でご利用すると、特別加算ポイントがもらえる優待特典があります。

セディナポイントモール for エディオン

なお、こちらの特典を利用する際にはセディナ発行のエディオンカードを利用する必要があるのでご注意ください。

・ エディオンカード (公式サイト)

セディナカードはカード利用の安全保証対策が充実している

セディナカードの大きな特徴としてクレジットカード利用の安全保障対策が充実しているという点があります。

クレジットカードを使うことに対して「ネットで不正利用されるのが不安」という人や「万が一不正利用されて被害を負うのは怖い」と思っている人は多いでしょう。

近年ではクレジットカードを利用した犯罪も巧妙化してセキュリティの甘いカードでは犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

セディナカードではこういった不正利用を防ぐために数々のセキュリティ対策を実施ています。

本人認証サービス

本人認証サービスはインターネットでのショッピングなどお支払いをする際に、本人しか知らないパスワードを入力することで決済をするシステムです。

本人認証サービスがあれば第三者がクレジットカード番号などの情報を元にインターネット上で不正量をすることを未然に防いでくれます

・ 本人認証サービス (セディナカード公式)

ICチップによる暗証番号認証

カード読み取り機で安易にカードを利用した決済がされないよう、ICチップ搭載による暗証番号認証をりようすることができます。

これは国内よりも特に海外などで不正利用に合う被害を防ぐことができるので、必ずICチップ搭載のカードを利用する事をおすすめします。

不正使用検知システムによる24時間365日モニタリングシステム

カードの利用が通常と違う不審な利用方法をされた場合など、カードの不正利用の可能性が高いと判断された場合に、カードの決済を見送るようなモニタリングを24時間365日休まず実施しています。

自分が寝ている間にもカード会社が不正利用をされいないか常にチェックしているというのは、カードを利用する上でもとても心強いです。

カードの紛失・盗難時の24時間受付

万が一クレジットカードを紛失したり盗難の被害に遭ってしまった際には、誰かに不正利用をされる前にすぐにカードを停止したいと思いますよね。

セディナカードなら深夜などに気が付いてもその場ですぐにサポートセンターへ連絡して、カードの利用を停止することができます。

サポートセンターの営業時間を待たずに24時間いつでも対応してくれるというのは非常に安心です。

カードの紛失・盗難の連絡先 (セディナカード公式)

海外での紛失・盗難時の緊急再発行サービス

海外でクレジットカードを紛失または盗難に遭ってしまった場合というのは、日本国内のようにすぐに再発行をすることが難しいケースが多いです。

また、海外ではクレジットカードが無いと旅行や出張などで非常に不便になります。

セディナカードは海外にサポートデスクを多く構えているので、万が一紛失や盗難に遭ってもクレジットカードをすぐに再発行手続きをしてくれます。

セディナ海外デスク (セディナカード公式)

海外にこのようなサポートデスクがあるか無いかで、海外利用での安心感というのはとても大きく変わります。

海外でのキャッシングでも繰り上げ返済が簡単に利用できる

セディナカードの一風変わった特徴として、海外キャッシングでの利用を繰り上げ返済で節約できるというのがあります。

海外で急遽現地の通貨が必要になったときに便利なのがクレジットカードのキャッシング機能です。

滅多に使うものではありませんが、いざ必要となったら有るのと無いのでは安心感が違います。

しかし、このキャッシングには一つ気をつけなければならない点があります。

それは、返済期間が長くなれば長くなるほど利息による支払額が増えてしまうということです。

もし仮に10万円をキャッシングしたとすると掛かる利息は年利18%となります。

この年利18%がどれくらいの利息になるのかというと以下のようになります。

100,000円×0.18÷365日=約50円/日

キャッシング利用後に1日ごとに約50円の利息が発生します。

意外と少ないと考える人もいるかもしれませんが、1ヶ月借り続けると1ヶ月の利息は50円×30日=1,500円と意外にバカにならない金額です。

こんな利息を借り続けるのはもったいないですよね。

しかし、セディナカードであればこのキャッシング利用分の繰り上げ返済をネットから簡単に申し込むことができます。

キャッシング利用分を早めに返済する方法 (セディナ公式)

セディナカードのネットでの返済にはPay-easy(ペイジー)という電子決済システムを利用する必要があります。

こちらは金融機関によって利用できる場合とできない場合がありますが、利用できる銀行をセディナの公式サイトで紹介しているので、こちらを確認のうえご利用して下さい。

インターネットでのご入金(返済) (セディナ公式)

海外でキャッシングを利用したことがあるという人や、今後も利用する機会があるという方は、キャッシング用にセディナカードを1枚持っておくといいでしょう。

・ セディナカード (公式サイト)

マルエツなどの店舗で毎週5%OFFでお買い物ができる

近所にスーパーのマルエツがあるという人にはセディナカードはお得になる機会が多くなるクレジットカードです。

スーパーは毎日のように食材などを買うために足を運ぶ機会が多いと思いますが、セディナカードなら毎週のようにお買い物を節約することができる特典があります。

セディナカードなら毎週日曜日に以下の店舗でお買い物が5%割引になるという特典があります。

■マルエツ

■マルエツプチ

■リンコス

■魚悦(うおえつ)

また、他にも以下の店舗でもお買い物が5%■割引になる特典も用意されています。

対象店舗 開催予定日
棒二森屋(ぼうにもりや) 毎月第2、第4日曜日
三春屋(みはるや)
中合福島(なかごうふくしま)
今治(いまばり)デパートグループ
スーパーストア
東武イーストモール 毎月1日
東武サウスヒルズ

棒二森屋(ぼうにもりや)は北海道函館市の、三春屋(みはるや)は青森県八戸市の、中合福島(なかごうふくしま)は福島県福島市の、今治(いまばり)デパートグループは愛媛県のと、かなり地域が限定されています。

しかし、こういった地域独特の店舗でお得に利用できるクレジットカードというのは非常に貴重な存在です。

これらの店舗を日常的に利用するという方はセディナカードは是非持っておいた方がいいでしょう。

日々のお買い物を節約したいという方にはセディナカードはかなり活躍してくれるクレジットカードの一枚です。

・ セディナカード (公式サイト)

ダイエー、イオンでのお買い物で毎日ポイントが3倍貯まる

ダイエー・・・と聞いて懐かしくなってしまう方もいるかもしれません。

すでにイオングループの傘下に入っていますが、ダイエーとイオンでのお買い物でセディナカードを利用すると毎日3倍ポイントが貯まる特典があります。

全国のダイエー、イオン各店舗で毎日わくわくポイント3倍 (セディナ公式)

こちらのポイントが3倍貯まるという特典はダイエー、イオンを含む以下の店舗で利用した際に適用となります。

ダイエー グルメシティ フーディアム イオン
マックスバリュー イオンスーパーセンター ボンベルタ成田 ホームワイド
光洋(こうよう) マルナカ 山陽マルナカ ピーコックストア
サンデー ジョイ ザ・ビッグ

通常利用でポイントが0.5%のところがポイント3倍でポイントが毎日1.5%貯まるというのは非常に大きいです。

毎日利用するようなこれらの店舗で毎日ポイントが3倍貯まるというのは非常に大きな節約効果が期待できます。

家計をちょっとでも楽にしたいと考えている方でこれらの店舗を利用している方であれば、セディナカードは節約術の一つとして活用してみる価値は十分にあります。

・ セディナカード (公式サイト)

セディナカードの入会審査基準は?

セディナカードを作ろうとしたときに、「セディナカードの入会審査基準はいったいどれくらい厳しんだろう?」という疑問が浮かぶかと思います。

セディナカードは比較的多くの人に利用してもらうという位置づけのため、入会審査の基準は比較的低く設定されているという印象です。

カードの審査基準というのは公開されていませんが、目安として以下の条件に合う方であれば問題なくセディナカードに入会することができるでしょう。

・医者、議員、外交官、地方公務員、国家公務員、税理士、教職員など

・会社に勤めている正社員、派遣・契約社員の方、または自営業などを行っている方、アルバイトをされている方など

・勤続年数が2~3年以上の方

・年収が300万円以上の方

・過去に金融事故(支払い延滞、自己破産など)をしたことがない方

・金融機関に多額の借り入れがない方(自動車や住宅ローンは除く)

アルバイトのような不安定な収入源でもきちんと継続的に収入を確保していたり、年間でまとまった金額の収入を得ている場合はカード発行ができる可能性は十分にあります。

ほかにも、過去に金融事故を起こしているとCICなどの情報機関に過去の延滞情報が登録されてしまいますし、カードを発行しても未払いになる可能性やカード破産をして踏み倒されてしまう恐れもあるとカード会社も判断するため入会することは出来ないでしょう。

ちなみに会社員の方であれば、勤務先などは一般的な企業に勤めているのであれば問題ないと思います。

入会審査に通過する重要なポイントとしては継続的に安定した収入があること、過去に支払い延滞などを起こしていないことだと個人的には思います。

セディナカードを作ろう

セディナカードは知名度は低いかもしれませんが、クレジットカードとしてはかなりしっかりとした機能を備えた魅力あるカードの一枚です。

知名度やネームバリューにこだわらない人であれば、セディナカードはクレジットカードとして欲しい機能が揃ったベストな一枚とも言えます。

お住まいの地域の近くにマルエツやダイエー、イオンがあるという方であれば1枚作っておけば、お買い物が5%OFFまたはポイント3倍になるなど魅力の多い一枚です。

日常的に利用している方であれば、食料品や日用品のお買い物用のメインカードとして、たまに利用するという方であればサブカードとして一枚持っておくことをおすすめします。

また、クレジットカードのセキュリティ対策を重視するという方にも、セディナカードは安全対策がしっかりしているのでおすすめの一枚と言えるでしょう。

・ セディナカード (公式サイト)

以上、不正利用対策に積極的な安心して使えるクレジットカード。セディナカードについて徹底的に解説。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする