「お釣りが不足しています。ご協力をおねがいします。」という前にクレジットカード決済をお願いしてみたら?

スマホ決済サービス

ふだんお買い物などをしているときにふとお金を入れるトレイに画像のようなメモが置かれているときがあります。

 

「千円札が不足しております。ご協力をよろしくお願いします。」・・・・

 

これは「数百円のお買物に対して五千円や一万円でお支払いしないでください。」と言っているようなものですね。

 

「五千円札が不足しております。ご協力をよろしくお願いします。」・・・・

 

これは「五千円以下のお買い物に対して一万円でお支払しないでください。」と言っているようなものですね。

 

・・・・気持ちは分かります。

 

私自身カードでなく現金のみしか使えないところで数百円の買い物に対して一万円札を出すことには、

 

「この人、一万円札を両替するために買い物しているんじゃないか」と店員さんに思われてるようで少し罪悪感を感じます。

 

また、会社や近所のお祭りなどイベント行事などで出店を出すようなときには、

 

現金でのやり取りとなるため事前にお釣りの準備などに頭を悩まさなければなりません。

 

「千円札は十分にあるのか?とか百円玉は十分にあるのか?」・・・なんてことを考えなければなりません。

 

はっきり言ってお釣り不足のためにご協力して下さいなんて面倒くさいですし、

 

そんな時にお財布の中に1万円札しかなくて1万円札を出すときには気まずさと罪悪感を感じさせるだけです。

 

たとえお釣り不足に協力したいと思っても1万円札しかない人は一体どうすればいいの?となってしまいます。

 

こんなことを書くくらいならはっきりと「クレジットカード支払いにご協力ください。」と書くべきでしょう。

 

クレジットカード支払いならお釣りを用意する心配もないですしレジの支払いだってスムーズです。

 

おまけにお客さんが気まずい雰囲気や罪悪感を感じながらお支払をする心配もありません。

 

お客さんだってクレジットカードを持っていればクレジットカード支払いを嫌がる人というのはほとんどいないでしょう。

 

今後は「お釣りが不足しています。ご協力をおねがいします。」ではなく、

 

「クレジットカード支払いにご協力をおねがいします。」を使うことを強く推奨します。

 

お店側にとっても今後お釣り不足になる心配もないのでお客さんとお店がWIN-WINの関係になりますね。

 

また、取り越し苦労になるかもしれませんが店舗に現金が無いことによって強盗などがやって来たときに、「売り上げ金を出せ」と言われてもキャッシュレスな状態であれば被害を最小限に抑えられます。

 

もし現金のみの支払いに対応している店舗だと強盗が入ってきたらレジを調べられレジの中の売上金の現金がすべて持っていかれてしまいます。

 

これがクレジットカード支払いに対応している店舗であれば取られるのはあくまでも現金支払いの売り上げ分のみで、

 

クレジットカード決済分は強盗に盗まれることはないので安全な売り上げということになります。

 

さすがに強盗もクレジットカード決済の売上金まで手を出すことが出来ませんからね。

 

強盗対策としてもクレジットカード決済というのは店舗側にとって非常にメリットが高いのです。

 

強盗に入っても手に入る現金が少ないとなれば店舗に強盗が入るような犯罪も減るかもしれませんね。

 

 

 

話を戻してお釣り不足の話がお祭りなどの出店の場合だったらどうなるのか?

 

お祭りやイベントごとのたびに出店を出してもクレジットカード端末を持ち歩いたりするのは不便だからと現金払いにすると、

 

事前にお釣りの準備やお釣りの計算などで無駄な労力や時間を消費している気持ちにしかなりません。

 

そんな時に便利なのがクレジットカードの決済アプリでしょう。

 

決済アプリとしては「One PAY」「Square」「Pixiv PAY」などが有名です。

 

店舗だけではなく個人間でもキャッシュレス決済ができる時代が到来! One PAY & Pixiv PAY

 

事業主は注目!クレジットカード決済をスマホで出来るスクエアなら気軽に導入できる

 

最近では個人経営のレストランやお寿司屋さんでもiPhoneやiPadを利用して、

 

クレジットカード決済をしている店舗を見かけるようになってきたのでスマホなどでの決済をしているシーンも珍しくなくなってきました。

 

一般的なクレジットカード決済端末を導入するにはコストが掛かるため大手チェーン店が経営する店舗のようなところしか導入できなかったりします。

 

それに比べてスマホなどを利用した決済アプリの場合は低コストで負担も軽く導入できるため個人経営や小規模店舗、さらには出店のような一時的な店舗にも利用できます。

 

お祭りやイベントでの出店だから現金払いにしようと諦めずにクレジットカード決済アプリを利用すると、

 

お客さんも便利になりますし自分自身もお釣りの悩みから解放されて時間も有効に使えます。

 

ぜひ、みなさんも試してみて下さい。

 

 

以上、「お釣りが不足しています。ご協力をおねがいします。」という前にクレジットカード決済をお願いしてみたら?の記事でした。

 

読んで頂きありがとうございました。

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
タイトルとURLをコピーしました