いつの間にか医療系サイトm3.com(エムスリードットコム)からも『JCB THE CLASS』の申し込みが消えていたようです

JCBの最高峰カードであるJCB ザ・クラスの「突撃」が終了してもう4ヶ月ほど経とうとしています。

【実録】JCB THE CLASSの『突撃』は本当に終了したのか?ゴールドデスクへ電話してみました。

「突撃」という手段を失ってからみんな一体どうしているのかなと思い少しネットでJCBザ・クラスの申し込み状況を調べてみると、なんと医療系サイトの「m3.com(エムスリードットコム)」からもJCBザ・クラスの申し込みが消えてしまっていたようです。

こちらのkimashufuさんのブログに紹介されている記事を見て知りました。

JCB THE CLASS(ザクラス)にm3からの申し込みが無くなりました。かわりにm3からはプラチナカードの申し込みになってます。

m3.com(エムスリードットコム)は医療従事者のためのサイトなので医療施設に勤務している人や医療資格を持っている人のみが利用できます。

一般では登録することが出来ないというまさにお医者さん御用達の会員制サイトです。

25万人以上の医師会員が登録しているのでまさに日本全国のお医者さんが利用している医師のポータルサイトとも言えます。

m3.comについてはこちらから → エムスリーキャリアエージェント

高収入なお医者さんを捕まえるのであればまさにこのサイトに情報を掲載すれば良いともいえるくらいで、m3.com(エムスリードットコム)にはこれまで例外的にJCBザ・クラスの直接申し込みリンクが付いていました。

まさに医師という立場の特権ともいえるJCBからの招待ともいえるでしょう。

(私は医療従事者ではないので実際にこのm3.comというサイトの中を見たことはないのですが・・・・)

m3.com(エムスリードットコム)登録者であれば予め利用者の属性(職種、年収、年齢など)が想定できるということで、おそらくJCBも特別扱いだったのでしょう。

しかし、あまりのJCBザ・クラスの人気ぶりからか2018年になってからこのm3.com(エムスリードットコム)でもJCBザ・クラスの直接申し込みが無くなってしまいました。

一般利用者の「突撃」の廃止はさすがにしょうがないと思っていましたが、医師を狙ったm3.com(エムスリードットコム)での募集まで打ち切るとはJCBの徹底ぶりに正直驚いたとしか言えません。

JCBザ・クラスの申し込みを打ち切った代わりに新たに誕生したJCBプラチナカードの募集が掲載されているようです。

こちらのiwashiatamaさんのツィートでも紹介されています。

ただし、JCBプラチナカード自体が招待制ではなく公式サイトから普通に申し込みができるため、m3.com(エムスリードットコム)を利用するメリットは低いでしょう。

仮にm3.com(エムスリードットコム)経由なら審査が無いというのであれば利用する特典はありますが、そんなこともなく平等に審査はあるようです。

つまり、医療従事者の人もそうでない人もいまやスタートラインは変わらないということです。

いまJCBザ・クラスを狙うとしたら誰も近道はなくJCBプラチナカードから狙うというのがもっとも最短のルートになります。

JCBプラチナカードのお申し込みはこちらから → JCBプラチナカード(公式サイト)

最短といってもまだJCBカードをお持ちでない場合は最低でも1~2年間くらいはJCBカードを利用してクレヒスを築いていかなければならないと思いますが。

ちなみにまだJCBザ・クラスの直接申し込みの可能性が残っているとしたら・・・、地方銀行でのJCBクレジットカード特約店くらいでしょうかね。

2018年になっても地方銀行とJCBカードの特約店のみであればいまだにJCBザ・クラス申し込みをできるという話が出ています。

ただ、この手段も銀行との付き合いが長く、かつ預金残高もしっかりと残っている人という場合のみになると思いますが。

以上、いつの間にか医療系サイトm3.com(エムスリードットコム)からも『JCB THE CLASS』の申し込みが消えていたようですの記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする