Android PayがGoogle Payに統合。Apple Payのライバルになりえるのか?

今回の話はちょっと余談的な話です。

ネット界の巨人ともいえるグーグルですが電子決済サービスにおいては脚光を浴びるようなサービスがありません。

すでにグーグルにはAndroid Payというサービスがありますが、

ここ最近の日本で最も成功したと言えるApple Payに比べるとその差は歴然で存在すら知らない人も多いのではないでしょうか?

Android PayならむしろLINE PAYのほうがまだ認知度もサービス利用者も多いのではないかと思います。

正直グーグルもAndroid Payに力を入れているようには感じられずサービスを紹介するのにも躊躇がありました。

(なにせ最初は楽天Edyしか使えないというまったくの使い物にならないサービスだったので・・・・)

もうこのまま衰退していくのかなと思っていたらグーグルの電子決済サービスに新たな動きがありました。

それはAndroid PayとGoogleウォレットを統合した『Google Pay』というサービスが誕生するという事。

Google WalletとAndroid Payが統合、Google Payへ

まずネーミングとしてはGoogle Payは非常にいいと思います。

Android PayというのはAndroidという名前がいまいち知名度が高くないのでGoogleの方が響きがいいでしょう。

また、肝心のサービス内容についてはこちらはまだ発展途上といった感じです。

民泊などの紹介サービスをしているAirbnbや映画チケットサービスを展開しているFandangoなどではすでにGoogle Payが利用できるようですが、Fandangoは日本でも利用はできないサービスなのであまり魅力はありません。

ちなみにネットブラウザをGoogle Chromeにしている人であれば、ブラウザの決済情報やGoogle Playでの支払いなどをGoogle Payで利用できるという事なので、同じGoogle内のサービスを利用できるというメリットがあるかもしれません。

しかし、抜本的にGoogle Payが普及するにはSuicaなどのサービスが利用できたり、クレジットカード情報を高いセキュリティで利用できるなど、もっと他のサービスとの差別化をしないと、また普及せずに消えていってしまうのではないかなと思います。

グーグルが本気を出せばもっと魅力的なサービスを開発できるのにと内心では思っているのですがそんな日はまだ来ないのかもしれません。

ただ、Google PayというGoogleの名を冠したサービスは今後少しは期待して見守っていきたいと思います。

以上、Android PayがGoogle Payに統合。Apple Payのライバルになりえるのか?の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする