セゾンカードMasterCardをICチップ付きのタイプへ切り替えました。

少し前の話になりますが、ICチップに関する以下の記事を書いたときに、自分の手持ちのカードを見直したところ、セゾンカードがICチップ非搭載のカードであることに気がつき愕然(がくぜん)としました。

自分でICチップの必要性を書いておきながら自分がICチップ非搭載のカードを持っていたなんて・・・・。

もともと私の所有しているセゾンカードは、約3年ほど前に手持ちのクレジットカードにMasterCardブランドが無いことに気がつき、「何かMasterCardブランドのクレジットカードを1枚持っておきたい」と思い作ったものです。

この頃はクレジットカードについての知識も浅く、なにか良いクレジットカードがないかなと物色していた時、セゾンカードが知名度もありサービスも魅力的で、なにより信頼できそうなクレジットカードだと思い若干思いつきでカードを作りました。

今となっては何とも浅はかな理由でカードを作ったなと思いますが、結果的には実際に利用してみてセゾンカードにして良かったと思っています。

とはいえこの時にはすぐにカードが欲しいとあまり細かく調べずにいたので、ICチップ非搭載のカードということを知らずに作っていました。

さすがにICチップ搭載が当たり前のご時世で、ICチップも付いていないマスターカードブランドを持っていても海外で使うにも危険過ぎるし、なによりセキュリティ面で良くないです。

ということで今回は私が実際に、セゾンカードのICチップ付き切り替えの流れを紹介したいと思います。

セゾンカードのICチップ搭載への切り替えは電話一本で完了!

まず、結論から言いますとセゾンカードのICチップ搭載への切り替えはインフォメーションセンターへ電話一本で終了です。

まず、セゾンカードのICチップ搭載カードへの切り替え方法は以下の2種類があります。

・セゾンカードインフォメーションセンターへ電話

・セゾンカウンターへ相談

セゾンカードよくあるご質問Q&Aにも切り替え方法が紹介されています。

私が利用した切り替え方法は、「セゾンカードインフォメーションセンター」へ電話する方法でした。

以下にセゾンカードインフォメーションセンターへ電話した時の大まかな会話の流れを紹介します。

わたし
「セゾンカードを所有しているのですがカードがICチップ非搭載のためICチップ搭載のカードへ切り替えたくてご連絡しました。」

クレディセゾンオペレーター
「ご連絡ありがとうございます。お電話をお掛けの方は○○様ご本人様でよろしいでしょうか?」

わたし
「はい。本人です。」

クレディセゾンオペレーター
「ご本人確認のため、カード番号とご生年月日を教えてください。」

わたし
「カード番号は○○○○です。生年月日は○○年○○月○○日です。」

クレディセゾンオペレーター
「ありがとうございます。ご本人確認ができました。現在ご利用のカードはセゾンカードMasterCardでお間違えないでしょうか?」

わたし
「はい。」

クレディセゾンオペレーター
「ICチップ付きのセゾンカードについては切り替え可能なタイプと切り替えできないタイプがございますので、お調べいたしますので今しばらくお待ちいただけますでしょうか?」

わたし
「はい。」

クレディセゾンオペレーター
「お待たせしました。お手持ちのセゾンカードMasterCardはICチップ付きのものに交換ができますが、現在担当者がすぐにご連絡を取れない状況のため、こちらから折り返しご連絡をさせて頂きます。」

わたし
「分かりました。」

ここでいったん電話を切り、そのあと約4時間ほどの待ち時間がありました。

休日ということもあり電話が込み合っていたのかもしれませんが、お昼ごろに電話をして折り返しの電話を受けたのが夕方5時を回ったところでした。

クレディセゾンオペレーター
「クレディセゾンの○○と申しますが○○様でしょうか?」

わたし
「はい。」

クレディセゾンオペレーター
「この度はICチップ搭載カードへのお切り替えのご連絡ありがとうございます。さっそく切り替えの手配をさせて頂きますが、お客様のお手元にカードが届くまで約1週間ほどのお時間が掛かるのですが、よろしいでしょうか?」

わたし
「分かりました。」

クレディセゾンオペレーター
「ありがとうございます。では、ICチップ搭載のカードを発送致しますので、カードがお手元に届きましたら現在お持ちのカードは、ご自身でハサミで切るなどして処分をして頂くようよろしくお願いします。」

わたし
「分かりました。」

クレディセゾンオペレーター
「ありがとうございます。私からは以上ですがその他お気になる点はございますでしょうか?」

わたし
「大丈夫です。」

クレディセゾンオペレーター
「それではわたくしクレディセゾンの○○が承りました。ありがとうございました。」

わたし
「こちらこそありがとうございました。」

こんな感じであっさりとICチップ搭載カードへの申し込みは完了してしまいました。

カード切り替え手数料も何も発生しないので、電話一本入れる時間の余裕さえあれば簡単にICチップ搭載タイプへ切り替えできます。

ちなみにカードが届いたのはセゾンカードインフォメーションセンターへ電話をしたのが土曜日で、それから翌々週の月曜日で約9日間後にカードは無事に届きました。

こんな簡単にICチップ搭載のカードに切り替えられるならもっと早くやっておけば良かったと正直思ってしまいました。

もし皆さんの中でセゾンカードがICチップ非搭載のカードをお持ちであれば、ぜひICチップ搭載のカードに切り替えることをおすすめします。

ちなみにセゾンカードの入会申し込みでICチップ搭載カードを選べばいいんじゃないの?って思うかもしれません。

しかし、残念ながら申し込み時にICチップ搭載を選択することができないため、ICチップ搭載型が欲しいという方はカードが到着してから電話で切り替えを申し込む必要があります。

ひと手間はかかりますがそれほど面倒ではありませんのでご安心ください。

ただ、将来的には最初から発行するカードをICチップ搭載のカードにしておいてもらえると手間も無くなり、無駄なカードを発行する必要が無くなると個人的には思うんですけどね。

クレディセゾンさんにはぜひ今後そのへんを期待したいと思います。

セゾンカードについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

以上、セゾンカードMasterCardをICチップ付きのタイプへ切り替えました。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする