クレジットカード豆知識 ~クレジットカードの裏面にある『Cirrus(シーラス)』、『PLUS(プラス)』って何?~

皆さんのお手持ちのクレジットカードの裏面などに見慣れないロゴなどが書いてあるのを見かけたことはありませんか?

何枚かクレジットカードをお持ちの方なら『Cirrus』(シーラス)『PLUS』(プラス)といったロゴなどが裏面に記載されているカードを1枚はお持ちかもしれません。

ちなみに私の所有しているクレジットカードではそれぞれ以下のようにロゴが記載されています。

Cirrus PLUS
JCB THE CLASS (JCB) ANA VISAワイドカード ゴールド (VISA)
Yahoo!JAPANカード(JCB) JALカード CLUB-A(VISA)
セゾンカード (MasterCard) 三井住友VISAカード (VISA)
ファミマTカード (JCB) dカードゴールド (VISA)
リクルートカード(VISA) イオンカード(VISA)

():カッコはカードブランド

これを見るとお分かりかと思いますがクレジットカードブランドごとに以下のようにきれいに分かれています。

Cirrus:MasterCard、JCB

PLUS:VISA

(ちなみにアメックスはどちらにも該当しませんでした)

そもそもCirrus(シーラス)とかPLUS(プラス)って何なのさ?

この『Cirrus』と『PLUS』というのは国際的な銀行のオンラインシステム(International ATM Service)なのです。

例えば海外旅行で現金が必要となりキャッシングをしたいといった時にほとんどの場合、見慣れた日本の銀行やコンビニにあるようなATMは存在しません。

その代わりに下の写真のようにクレジットカードブランドに並んでCirrusやPLUSといったロゴが記載されているATMが見つかると思います。

海外のATMでCirrusやPLUSのロゴがあればそのATMでキャッシングなどのサービスを利用することができます。

ちなみにPLUSは世界170カ国以上、100万箇所以上のATMがネットワーク化されています。

一方Cirrusは世界93カ国以上、100万箇所以上のATMがネットワーク化されています。

Wikipedia調べ)

PLUSとCirrusの両方のロゴが記載されたクレジットカードを持っていれば、海外で急にキャッシングが必要になったときでも安心でしょう。

Cirrus(シーラス)、PLUS(プラス)が付いてると何かいいことがあるの?

Cirrus(シーラス)とPLUS(プラス)が付いているクレジットカードを持っていると世界中のほとんどのところでキャッシングをすることが可能になります。

一見大したことの無いようにおもうかもしれませんがこれって実はすごいことだと思います。

日本の銀行のキャッシュカードを持っていたとしても海外でキャッシングをすることはなかなかできません。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクを利用していれば、海外に支店もあるのでキャッシュカードを利用できることもありますが、途上国などの場合現地でキャッシングなどは難しいでしょう。

(ただしデビットカードなどはこういったサービスにも一部対応しているものがあります。)

「クレジットカードがあればキャッシングなんて必要ない」と思っていても、いざ海外で長期間生活をしてみると意外と必要になることもあります。

たとえば個人間でのお金のやり取りや観光地の露店のお土産屋などではお支払にクレジットカードが使えないなんてこともあります。

特に現地の人に支払いなどを頼んだりした時にあとで掛った費用を払う時など現地の通貨を利用したりするのである程度の額は利用できるようにした方が良いでしょう。

私の場合では海外へ渡航する際に現地からInvitation Letter(インビテーションレター)を取得するために、現地の人に事前に発行費用を負担してもらい、現地に到着してからその費用を負担するために現地通貨が必要になったことがありました。

その時にInvoice(請求書)をもらい掛かった費用を負担するために現地でキャッシングをした経験がありますが、もしキャッシングが無かったら支払いできない状況になっていました。

このように現地でキャッシングできることの恩恵を受けることも多いです。

海外でクレジットカードを利用する機会が多いという方は便利なことなのでぜひ知っておいて下さい。

海外でのキャッシングでおすすめのクレジットカードは?

海外でキャッシングを利用すると当然ですが利息というものが発生します。

利息はカードにもよりますが海外でのキャッシングの場合平均として年利約20%ほどになります。

国内でキャッシングをするよりも手数料は少し高めの設定です。

他にもキャッシングは現地通貨に対して支払いは日本円となるため、通貨の違いによる為替通貨手数料というものも発生します。

「利息も為替通貨手数料も発生するなら現金を持って行き現地で両替した方がお得じゃないか!」と考える人もいるかもしれませんが、両替においても為替レートによる両替手数料というものが発生し、これが意外と高いのであまりお勧めできません。

また、キャッシングの場合両替など違い実勢レートで換算されるので手数料が安くなるケースもあります。

こちらについては三井住友カードの公式サイトでも詳しく説明しているので参考にしてみて下さい。

海外でもキャッシング!海外キャッシュサービスを利用するメリット&注意点(三井住友カード)

いろいろと紹介しましたが海外でキャッシングを利用する場合、手数料などを安く抑えるために海外キャッシングを繰り上げ返済をできるカードがベストです。

そんなカードの中でも繰り上げ返済を手数料無料で出来るカードを2つ紹介します。

三井住友カード

三井住友カードは海外キャッシングの繰り上げ返済を手数料無料で実施できるので、キャッシングをした時の負担を抑えることができます。

また、三井住友カードはVISAブランドだけではなくMasterCardブランドも発行できるので、PLUSとCirrusの両方のキャッシングを1つのカード会社で利用することも可能です。

海外でお買い物だけではなくキャッシングも利用する方には三井住友カードは便利なカードになっています。

海外キャッシングに便利な三井住友カードはこちら → 三井住友カード(公式サイト)

三井住友カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルも海外でのキャッシングを手数料無料で繰り上げ返済できる貴重なクレジットカードの一枚です。

セゾンカードインターナショナルはVISA、MasterCard、JCBの3つのカードブランドから選ぶことが出来るので、Cirrus(シーラス)とPLUS(プラス)どちらも利用する事ができます。

既にほかのクレジットカードを持っていても海外でのキャッシング用に1枚持っておくと良いでしょう。

海外キャッシングに便利なセゾンカードインターナショナルはこちら → セゾンカードインターナショナル(公式サイト)

セゾンカードインターナショナルについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

海外でキャッシングを利用する機会があるという方は便利なことなので、ぜひこれらのカードを利用してみて下さい。

以上、クレジットカード豆知識 ~クレジットカードの裏面にある『Cirrus(シーラス)』、『PLUS(プラス)』って何?~の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする