コンビニ決済(収納代行)の払込票対策!!ファミマTカード、nanacoで解決!

普段の生活の中でクレジットカードで支払えないものというのは少なくなってきていますが、それでもまだ世の中にはクレジットカードで支払えないものがあります。

その一つが・・・コンビニ決済(収納代行)の払込票(払込取扱票、払込依頼票など呼び方が様々あります)です。

画像引用:SMBCファイナンスサービス

携帯電話料金や家賃支払い、水道、ガスなど、日常の生活の中で様々な支払いがありますが、クレジットカード支払いを取り扱っていないために、コンビニで払込票で支払っている人もいると思います。

通常この払込票で受け取ってしまうと悲しいことにクレジットカード支払いをすることが出来ません・・・。

しかし・・・・実はファミリーマートセブンイレブン限定で支払いできる方法というのが存在します。

ファミリーマートでの支払い方法

こちらはファミリーマートで発行しているクレジットカードのファミマTカードを利用することが出来ます。

このファミマTカード払いはもちろんファミリーマート限定です。

セブンイレブンやローソンでファミマTカードを出しても取り扱ってくれません。

この裏技が利用できるのはおそらくファミマTカードがファミリーマートみずから提携カードを発行しているからでしょう。

他の提携カードではクレジット支払い手数料などが負担になるため、みずから発行しているクレジットカードであれば負担ゼロになるためだと個人的には思います。

しかし、セブンイレブンにはセブンカード、ローソンにはJMBローソンPontaカードVisaがありますが、何故かこちらでは利用することが出来ません。

真相は謎です・・・。

(セブンカードプラスはすこし例外ですが)

またこのファミマTカードで払込票の支払いをしてもちゃんとTポイントが貯まるのでご安心ください。

セブンイレブンでの支払方法

セブンイレブンといえばお馴染みのnanacoです。

以前にも紹介していますがnanacoは税金・公共料金支払いにおいて最強の対応力を持っています。

セブイレブンではクレジットカードで直接支払うことが出来ませんが、nanacoを利用することで払込票を支払うことが出来ます。

そして、nanacoを搭載したセブンカードで払込票を支払えるという事になります。

セブンカードでnanacoをチャージした分はしっかりとnanacoポイントが貯まります。

ただ、nanacoをご利用の場合1点注意が必要なのですが、nanaco1枚でチャージできる上限金額は5万円までなので、5万円以上の支払いの場合はnanacoカード1枚では足りません。

またnanacoは複数枚作成することが可能なのですが、1回の支払いで利用できるnanaoの枚数は5枚までと制限があるので、25万円以上の支払いにはnanacoが利用できません。

もし25万円以上の支払いであればファミマTカードを持っておくのが無難かもしれませんね。

どちらも払込票をクレジットカードで支払いポイントに還元できる貴重な存在です。

払込票で支払う費用というのは金額的にも高額になるものも多いので、ただ現金で払ってしまうのではなくクレジットカードを上手く活用してポイントに還元してしまいましょう。

以上、コンビニ決済(収納代行)の払込票対策!!ファミマTカード、nanacoで解決!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする