【解説】セゾンアメックスっていろいろ種類あるけど、それぞれどう違うのか?を説明

クレディセゾンが発行しているアメックスブランドのクレジットカードとして「セゾンアメックスシリーズ」というのがあります。

こちらのカードはそれぞれカラー(色)でランク分けされており、パール、ブルー、ゴールド、プラチナの順番でランクアップしていくようになっています。

一般的なクレジットカードではゴールド、プラチナ、ブラックという色分けでカードのランクを分けていますが、パール、ブルーというのはセゾンアメックス独特の色使いかもしれません。

ちなみにカード利用でもらえるポイントはセゾンカードポイントプログラムの永久不滅ポイントとなります。

また、各ランク共通のサービスとしてアメックス会員が利用することが出来る優待サービス、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」、「アメリカン・エキスプレス・セレクト」が利用できるという特徴があります。

ほかにもセゾンカードの特典として用意されている毎月5日・20日の西友・LIVINお買い物感謝デーで5%OFFなどのお買い物特典も付いているので安心して下さい。

では、それぞれのランクでサービス内容がどう違っているのか、詳しく解説していきたいと思います。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは最もランクの低いカードですが基本的なサービスは揃っているのでクレジットカード初心者向けのカードといえます。

こちらのカードの特徴を一言でいうと「セゾンカードとアメックスの良いとこ取りをしたカード」です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのスペックについて簡単にまとめると下表のようになります。

年会費 本会員 1,000円(税別)
年会費 家族会員 無料
追加カード ETCカード
電子マネー Apple Pay,iD,QUIC Pay
国内・海外旅行傷害保険
空港ラウンジ利用
SAISON MILE CLUB利用

ちなみに年会費1,000円(税別)については、年間に1回でもカードを利用すれば翌年の年会費が無料となるので、実質的に年会費無料のカードとなっています。

また、アメックスならではの特典として以下のようなサービスがあります。

・空港でのコートお預かりサービス優待価格

・海外用Wi-Fi、携帯電話レンタルサービスの優待価格

空港を使った旅行で嬉しい特典が付いてくるのはアメックス譲りのサービスでしょう。

これだけの特典が付いて年会費が実質無料でアメックスブランドというのは破格のコストパフォーマンスです。

初めてのカードとしてもおすすめできますし、メインのカードとして使っても十分に活躍してくれる一枚です。

お申し込みはこちらから → セゾン パール・アメリカン・ エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのスペックについて簡単にまとめると下表のようになります。

年会費 本会員 3,000円(税別)
年会費 家族会員 1,000円(税別)
追加カード ETCカード
電子マネー Apple Pay,iD,QUIC Pay
国内・海外旅行傷害保険 最高3,000万円まで
空港ラウンジ利用
SAISON MILE CLUB利用

こちらのカードの特徴を一言でいうと「海外での利用がある人向けのベーシックなカード」です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴としては国内・海外旅行傷害保険が3,000万円付帯されるというのがあります。

これ、いざという時にあるのと無いのでは雲泥の差です。

この保険は旅行中にケガや病気などになった時の費用を保証してくれるものですが、

特に海外で病気になってしまって入院や治療を受けたときに絶大な効果を発揮します。

海外など病気やケガなどで病院へ行き手術などの治療を受けると、下手すると日本円で数百万円の医療費が請求されることも珍しくはありません。

海外旅行傷害保険が数千万円付いているから安心というよりはむしろ海外での医療費を考えると妥当な補償額なのです。

もし海外などに行かれる方の場合は、最低でもこちらのカードにしておいたほうが良いでしょう。

また、アメックスならではの特典として以下のようなサービス追加されます。

・手荷物無料宅配サービス

・海外アシスタンスデスク

手荷物無料宅配サービスは空港から自宅まで荷物を持ち運ぶ必要が無くなるため、電車やタクシーで空港へ行くときに荷物を運んだり車のトランクからの出し入れなどをする必要が無くなるため負担が軽減されます。

また、海外アシスタンスデスクは海外で困ったことや分からないことがあったとき、電話をすれば24時間365日日本語でサポートしてくれるので安心して旅行や出張をすることができます。

お申し込みはこちらから → セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(公式サイト)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードのスペックについて簡単にまとめると下表のようになります。

年会費 本会員 10,000円(税別)
年会費 家族会員 1,000円(税別)
追加カード ETCカード
電子マネー Apple Pay,iD,QUIC Pay
国内・海外旅行傷害保険 最高5,000万円まで
空港ラウンジ利用 可(プライオリティパス発行は別料金)
SAISON MILE CLUB利用 可(年会費4,000円別途)

こちらのカードの特徴を一言でいうと「海外でのトラベルサービスが充実したカード」です。

パール、ブルーは誰にでもおすすめできるカードというイメージでしたが、年会費10,000円を超えるカードとなると誰にでも勧められるものではありません。

年会費10,000円というのはステイタスカードの仲間入りをする一つのボーダーラインかなと個人的には思います。

そしてセゾンゴールド・アメックスになるとサービス内容も一気に充実します。

まず最大の特徴は国内・海外空港ラウンジサービスが利用できるようになることです。

空港ラウンジを利用したいという人はもうこれだけで価値があるでしょう。

とくに世界中のラウンジ利用が出来るプライオリティパスに優遇年会費で入会できるところも魅力的です。

プライオリティパスについて詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

ほかにも国内・海外旅行傷害保険の補償額が5,000万円にグレードアップします。

これだけの補償額が付帯されていると非常に安心できます。

ほかにも日常生活の中で使える特典として以下のようなサービス追加されます。

毎月第1土曜日、日曜日のパルコでのお買い物が5%OFF

・コナミスポーツを法人会員価格で利用できる

またショッピングでJALマイルが貯まる、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)が利用できるのも大きな特徴の一つです。

このSAISON MILE CLUBはカードでお買い物をする際に、永久不滅ポイントの代わりにJALマイルを1,000円ご利用ごとに10マイル貯めることができるというサービスです。

サービス利用には年会費4,000円(税別)掛かってしまいますが、お買い物でマイルを貯めたいマイラーの方にはおすすめのサービスです。

お申し込みはこちらから → セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カード(公式サイト)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのスペックについて簡単にまとめると下表のようになります。

年会費 本会員 20,000円(税別)
年会費 家族会員 3,000円(税別)
追加カード ETCカード
電子マネー Apple Pay,iD,QUIC Pay
国内・海外旅行傷害保険 最高1億円まで
空港ラウンジ利用 可(無料)
SAISON MILE CLUB利用 可(無料)

プラチナカードということで年会費20,000円の最上級クラスのカードです。

こちらのカードの特徴を一言でいうと「仕事で海外を飛び回るビジネスマン向けのサービスが充実したカード」です。

ここまで年会費が高くなるとおすすめできる人も限られてきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは医師や弁護士、または一流企業にお勤めの方向けのカードといったところでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴的なサービスとして以下の2つがあります。

1つ目はentree(オントレ)という一流ホテル・レストラン、スパのご優待価格、またショッピングでの配送サービスなど、贅沢な特典が満載のサービスを利用できるようになります。

2つ目はゴルフ好きの方にとっては魅力的なセゾンプレミアムゴルフサービスで、こちらは名門ゴルフコースの利用やプロゴルファーを招いたイベントに参加できる「スポニチゴルファーズ倶楽部」への入会が出来るサービスです。

ゴルフ特典の多いクレジットカードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

その他の特典としては会員専用のカードデスクサービスが利用可能となり、24時間365日プラチナ会員限定のコンシェルジュサービスが利用できるようになります。

またゴールドカードでは有料だったプライオリティパスとSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)が無料で利用できるようになります。

これだけサービスが充実しているとゴールドカードなどの年会費との差額分は十分に取れると思います。

また東京23区内であれば羽田空港・成田空港からのハイヤー送迎が優待価格となる、ハイヤー送迎サービスご優待などもあります。

ほかにも1日何名様限定など通常泊まることのできないようなホテルなどに予約できる、スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドというサービスをご利用することも出来ます。

スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド公式サイト

(もはや会員の方しか分からない謎のサービスですね)

さらに、ミシュランガイドに載るようなレストランでのイベントに抽選でご招待してくれるDramatic Time!など、プラチナ会員のサービスは紹介しきれないくらいたくさんあります。

余談ですが特典のなかには弁護士紹介サービス・・・という富裕層ならではのサービスまで用意されています。

お申し込みはこちらから → セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(公式サイト)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

セゾンアメックスシリーズに入会しよう

セゾンアメックスシリーズのパール、ブルー、ゴールド、プラチナ、それぞれのランクごとに特徴がありますので自分に合った1枚を選んでみて下さい。

特にアメックスが欲しいけどプロパーカードは年会費が高いと思っている方は、セゾンアメックスにした方が年会費も抑えられてサービスも充実させることができます。

プロパーのアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは年会費が29,000円(税別)となりますが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなら年会費20,000円(税別)で作れる上に、特典ではセゾンアメックスの方が豊富に揃っています。

特別な理由が無い場合にはコストパフォーマンスの高いセゾンアメックスのほうがおすすめです。

もしセゾンアメックスシリーズではなく、「いずれアメックスブラックカードを目指したい」という特別な理由がある方は、こちらのアメックスグリーンの記事を参考にしてみて下さい。

以上、【解説】セゾンアメックスっていろいろ種類あるけど、それぞれどう違うのか?を説明の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする