三井住友カードについて徹底的に解説

三井住友VISA

三井住友グループの三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードといえば三井住友カードです。

おそらく国内のVISAブランドとしてもっとも有名なクレジットカードと言えるかもしれません。

券面のパルテノン神殿を含めたカード全体のデザインは、国内発行の他のクレジットカードに比べても非常にな上品デザインとなっているため、どこで利用するにも恥ずかしくない券面となっています。

こういったデザインのカードと言うのは非常に貴重な存在だと思います。

そんな三井住友カードを一言でいうと『基本がしっかりしたとにかく真面目なクレジットカードで海外に強いカード』です。

一体になにが真面目なのかというと、クレジットカードのセキュリティ、そしてユーザーの使いやすさという点で、常に努力を惜しまずにサービスを改良し続けているクレジットカードと言えます。

おそらく「三井住友カードのイメージはどんなイメージ?」という質問をしたら、「紳士的なおじさんが使っている」とか、「三井住友ブランドなので信頼できる」、なんて回答が返ってきそうな気がします。

逆に、三井住友カードに悪いイメージを抱く理由を探すのが見つからないくらいかもしれません。

とくにカード利用者の保護には力を入れており、セキュリティ面では国内発行のカードで最強クラスのセキュリティ対策を実施しているカードと言えるでしょう。

では、まずは三井住友カードの概要について紹介したいと思います。

カード種類 クラシックカード クラシックカードA
入会資格 満18歳以上(高校生除く) 満18歳以上(高校生除く)
年会費 本人 1,250円(税抜) 1,500円(税抜)
年会費 家族会員 400円(税抜) 550円(税抜)
旅行傷害補償 最高2,000万円 最高2,500万円
ショッピング補償 年間100万円まで 年間100万円まで
利用可能枠 10~80万円 10~80万円
追加カード ETC、家族カード、バーチャルカード ETC、家族カード、バーチャルカード
電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave
その他 「マイ・ペイすリボ」登録+カード利用で年会費無料 マイ・ペイすリボ」登録+カード利用で年会費無料

三井住友カードへのお申し込みはこちらから → 三井住友カード(公式サイト)

クラシックカード、クラシックカードAは家族会員の年会費や旅行傷害補償の補償額などが異なりますが、それ以外のサービスについてはほとんど一緒になります。

どちらがおすすめなのか?と言うと家族がいる人ならクラシックカードA、まだ独身でバリバリ仕事も遊びもしている人ならクラシックカードにするといいでしょう。

ただ、こちらの三井住友カードはサービス利用で簡単に年会費が無料になってしまうので、個人的には同じ年会費が無料なら特典が充実しているクラシックカードAをおすすめします。

それでは、そんな三井住友カードの魅力・サービスについて紹介したいと思います。

VISAブランド+三井住友ブランドは海外で強い

国内でどれか1枚だけVISAブランドのカードを作っていいと言われたらどのクレジットカードを作りますか?

こんな質問をされたらおそらく多くの人が三井住友VISAカードを選ぶことでしょう。

そして、VISAと言えば世界中で使えるクレジットカードブランドなので、これ1枚を持っていれば国内だけではなく海外でも使えるところが多いので一気に世界が広がります。

また、「海外で急に現地の通貨が必要になったとき、手元にキャッシュが無い」という経験をした時に、海外のATMでが利用できると心強いです。

私は以前海外へ出張へ行った時に現地の人にビザ発行の手続きをしてもらったのですが、そのInvoice(請求書)を現地でいきなり渡されてその額が日本円して約5万円ほどしたことがあります。

現地ではあまり現金を持たないよう日本からは10万円くらい持って行き、その他のお支払は全部クレジットカードにしていたのですが、Invoiceの支払いはさすがに現金でなければ支払えませんでした。

困った私はVJデスクへ電話をして相談をしたら現地のATMから三井住友カードでキャッシングができると教えてもらったので、現地のATMへ行きInvoice代を支払ったという経験があります。

こういった経験をすると国内ではなかなかキャッシングをする機会が無いですが、海外でもしものためにもキャッシングができるようにしておくことは非常に重要です。

ちなみに、三井住友カードは海外150カ国の96万台のATMから現地通貨を引き出すことが出来るので、海外でも利用する予定であればもしものためにも三井住友カードにはキャッシングを付けておいた方が良いでしょう。

マイ・ペイすリボで年会費を実質無料にできる!

三井住友カードは年会費が実質無料に出来るというお話をしましたが、これには2つの条件があります。

①マイ・ペイすリボに登録すること

②年1回以上のカードのご利用をすること 

たぶん②についてはほとんどの人が問題なく条件をクリアできると思いますが、①のマイ・ペイすリボは登録することを忘れてしまって年会費を払ってしまうという人がいるでしょう。

もしくは、リボ払いはしたくないとよく調べずにキャンセルしてしまう人もいるでしょう。

でも、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は普通のリボ払いとちょっと違います。

一般的なリボ払いは利用した金額に関わらず一定の金額でリボ払いをすることになってしまいますが、マイ・ペイすリボは自分で毎月の支払金額を決めて支払えるというサービスです。

つまり、毎月10万円の支払のマイ・ペイすリボに設定しておけば1ヶ月のご利用金額が10万円以内であれば、実質1回払いと同じことになり利息も発生しません。

なので、リボ払いの利息も払いたくないけど年会費も無料にしたいという人は、最初からマイ・ペイすリボの設定金額を高めにしておけばいいのです。

知らないともったいないテクニックなので三井住友カードを作る際にはぜひこの方法を利用して下さい。

三井住友カードのお得なサービス「ココイコ!」

こちらは意外と知られていないサービスなのですが、三井住友カードには普通にお買い物するよりも特典を多くもらえるサービスが存在します。

それは「ココイコ!」というサービスです。

このサービスの特徴はあらかじめお買い物する店舗をココイコ!からエントリー登録し、エントリー登録後に実際に登録した店舗へ行きお買い物をすると、カード利用でもらえるポイントの増量やキャッシュバックをもらえるサービスです。

ポイントの増量やキャッシュバックは利用する店舗によって様々ですが、ポイント増量では約2倍~10倍というかなり高還元率の設定となっています。

またキャッシュバックについても約1%~10%近くのキャッシュバック特典があり、通常よりもかなりお得なお買い物ができます。

しかもこのココイコ!の利用には月額○○円のようなサービス利用料もなく、ただエントリーしてエントリー有効期間内に対象のお店を利用すればいいだけです。

さらに、このココイコ!には稀にスペシャルオファーなるものも存在します!

これは優良なカード利用者向けのスペシャルオファーとなっており、通常の特典をさらに数倍アップさせた特別な特典を優良顧客にのみ提供してくれます。

ポイントなら何十倍にもなることもありますし、キャッシュバックでも10%超えなんてことになるため、三井住友カードを作ったらまず真っ先に登録をしておいた方が良いサービスです。

なお、利用するカードごとにエントリーが必要となるので、複数の三井住友カードをお持ちの方はエントリーをし忘れて利用しないように気を付けて下さい。

利用するカードが違っているとせっかくの特典が貰えなくなってしまうので・・・。

こんなサービス知らなっかたという方はぜひココイコ!を利用してみて下さい。

お得なサービス『ココイコ!』を利用するならこちら → 三井住友カード(公式)

WAONカードも追加発行できる

三井住友カードでは追加カードとして電子マネー「WAON」のカードを発行することができます。

こちらの三井住友カードWAONは年会費は無料ですがWAONカード発行には発行手数料として300円(税込)の料金が発生します。

WAONといえばイオンカードというイメージが強いかもしれませんが、三井住友カードでも利用することができることは意外と知られていないことです。

しかも三井住友カードでWAONのオートチャージも可能なので、WAONを利用する人は都度チャージをする必要が無く非常に便利な一枚です。

オートチャージができるWAONカードが欲しいと思っていた方には嬉しいですね。

ちなみにクレジットカードでWAONにチャージした分はクレジットカードのポイント加算はされませんのでご注意ください。

三井住友カードWAON(公式サイト

三井住友カード万全のセキュリティ対策で安心

三井住友カードは特にセキュリティ対策に並々ならぬ力を入れており、他のクレジットカードに対しては1歩も2歩も先を行く取り組みをしております。

日々ニュースなどでクレジットカードの不正利用などのニュースを見ると、クレジットカードって持つのが怖いなんて思う人もいるかもしれませんが、これから紹介する三井住友カードのセキュリティ対策を読んでもらえると安心できると思います。

24時間365日対応の「カード紛失・盗難受付デスク」

こちらのサービスはカード紛失をしたり、盗難の被害に遭っても、「カード紛失・盗難受付デスク」へご連絡すればすぐにカードを利用停止にしてくれます。海外からの連絡でも日本語で対応してくれます。

カード会社届け出から60日前までの損害を補償する「三井住友カード会員補償制度」

こちらのサービスは、カードを誰かに不正に利用されたことを確認してから、三井住友カードへ連絡して、連絡した日からさかのぼって60日前までのご利用分が補償される制度となっています。

ICチップによるスキミング(カード情報読み取り)対策

カード読み取り機でカード情報を盗み取られないよう、ICチップ搭載により高度な暗号化がされています。

これは国内よりも特に海外などで被害に遭う可能性が高いので必ずICチップ搭載のカードを利用する事をおすすめします。

ネットショッピング認証サービス(トークン利用によるワンタイムパスワード)

こちらはよく銀行などのネットバンキングに利用されているものですが、使い捨てのワンタイムパスワードをトークンで表示して利用するものです。

時間が経つにつれて表示されるパスワードが変わり、何度も同じパスワードを使用することが無いため安全性が非常に高いです。

こちらのトークンはカード型、スマホアプリ、メール送信など様々な利用方法を選ぶことができます。

利用者が一目で分かる「顔写真付きカード」

クレジットカードに利用者の顔写真をつけることでカード所有者と利用者をその場で照合することができます。

特に海外での盗難被害にあった場合に、クレジットカードと利用者をサインの字体のみで不正利用を防ぐことは困難なので、写真付きとなれば不正利用を防げるため非常に有効な手段です。

万が一海外でカードを盗難に遭っても写真が日本人であることで盗んだ犯人が不正利用を諦めるといった効果が期待できます。

365日24時間モニタリング「カード不正利用検知システム」

業界最高水準の不正利用検知システムで休むことなくカードの利用をチェックをして不審な取引があればストップ、またはカード会員の方に直接連絡を入れて本人による利用なのかも確認してくれます。

これだけ鉄壁のセキュリティ対策を数多く実施しているカード会社というのは三井住友カードしかないでしょう。

セキュリティ万全のクレジットカードはこちらから → 三井住友カード(公式)

銀聯カード、デュアル発行など多彩な追加カードが魅力

三井住友カードには一般的なETCカードや家族カードとは別に、銀聯カードデュアル発行という追加カードがあります。

この銀聯カードとデュアル発行は三井住友カード独自の追加カードとなっており、他のカード会社ではなかなか取り扱っていない貴重なサービスです。

銀聯カード

まず、「銀聯カードってなに?」という方がいるかもしれませんが、銀聯カードは中国の銀行が共同で設立した中国銀聯という金融企業が発行しているカードブランドです。

わかりやすくいうと日本のJCBブランドの中国版といった感じでしょうか。

もともと中国という巨大な市場での銀行間取引を円滑にするために銀行同士が共同で出資して設立し、異なる銀行間取引の決済をできるようにするために誕生しました。

この銀聯カードは中国本土ではVISAを凌ぐほどの圧倒的なシェアを誇っており、カード支払いで銀聯ブランドを取り扱っていないところはほぼ無いといってもいいくらいの普及率があります。

その銀聯カードを三井住友カードでは追加カードとして発行する事が出来ます。

中国では銀聯カードを持っておけばほぼ問題なくカード支払いができるため、中国へ行く機会の多い方は銀聯カードを持っておくといいでしょう。

なお、日本で銀聯カードを追加カードとして発行しているのは三井住友カードと三菱UFJニコスのMUFGカードの2社しかないため、銀聯カードが欲しいという方は2社のどちらかから選ぶしかありませんので注意して下さい。

デュアル発行 (VISA + MasterCard)

もう一つの追加カードであるデュアル発行ですがこちらはVISAブランドの三井住友カードとは別に、MasterCardブランドの三井住友カードを追加発行できるサービスになります。

「何でわざわざMasterCardブランドを作る必要があるの?」と、思う人もいるかもしれませんが、VISAとMasterCard2つのカードを所有する理由としては、クレジットカードブランドの世界シェアが関係しています。

三井住友カードで通常発行されるVISAブランドの世界シェアは約50%と圧倒的ですが、MasterCardブランドも約26%とVISAに次ぐ世界第二位のシェアを占めています。

つまりVISAとMasterCardの2つのブランドを持っていれば世界の約76%のところでクレジットカードを利用できるということです。

なおデュアル発行をする際には追加カードに対して以下の年会費が別途掛かります。

カードタイプ 本会員(税抜) 家族会員(税抜)
プラチナカード 5,000円 無料
ゴールドカード 2,000円 1枚目無料,2枚目以降1,000円
プライムゴールドカード 1,000円 1枚目無料,2枚目以降1,000円
エグゼクティブカード 500円 250円
アミティエカード 250円 250円
クラシックカード 250円 250円

通常クレジットカードは1社につきカードブランドは1つしか選ぶことが出来ませんが、MasterCardブランドを所有するために新たに別のカードに入会したくないという方もいると思います。

三井住友カードのデュアル発行を利用すれば三井住友カード1社でVISAもMasterCardブランドも作れてしまうので非常に便利です。

デュアル発行についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

海外でのキャッシングにはCirrus(シーラス)とPLUS(プラス)が利用可能

三井住友カードでは海外でのキャッシングも利用することができます。

三井住友カードはInternational ATM Service(国際ATMサービス)の「Cirrus(シーラス)」「PLUS(プラス)」が利用可能です。

Cirrus(シーラス)は世界93カ国以上、100万箇所以上のATMからキャッシングをすることができます。

PLUS(プラス)は世界170カ国以上、100万箇所以上のATMからキャッシングをすることができます。

Cirrus(シーラス)はMasterCardブランドでの発行、PLUS(プラス)はVISAブランドでの発行で対応となります。

海外でのキャッシングというのは海外旅行や海外出張などの際に現地通貨が足りなくなった時に、現地のATMから通貨を得ることができます。

事前に準備しておいた現金が無くなったときなど海外では国内のように調達することが難しいので、こういった海外キャッシングができる機能というのは非常に重要です。

また、三井住友カードでは海外キャッシングを利用した際の繰り上げ返済の手数料が無料なので、他のカードに比べても負担を少なく利用することができます。

普段はキャッシングなどをしないという人でも、海外へ行かれる際にはぜひキャッシング枠を準備しておくことをおすすめします。

三井住友カードの入会審査基準は?

三井住友カードを作ろうとしたときに、「三井住友カードの入会審査基準はいったいどれくらい厳しんだろう?」という疑問が浮かぶかと思います。

三井住友カードのクラシックカードは比較的多くの人に利用してもらうという立場のため、入会審査の基準は比較的低く設定されているという印象です。

私が三井住友カードのクラシックカードに入会した時は年収がかなり増えてからだったので、私のことを語ってもあまり参考になりませんが、おそらく入社1、2年目の駆け出しの頃でも三井住友カードのクラシックカードは作れるでしょう。

カードの審査基準というのは公開されていませんが、目安として以下の条件に合う方であれば問題なく三井住友カードに入会することができるでしょう。

職業については下表の青字の方であれば審査基準を満たしています。

会社員(一般) 会社員(上場)
派遣社員 契約社員
公務員 教師
医師・医療関係者 自営業(個人事業主)
自営業(開業医など) 弁護士・会計士
自由業(作家など) 年金収入のみ
不動産収入のみ パート・アルバイト
主婦 学生

それ以外の条件としては以下のようなものがあります。

・勤続年数が1年以上の方

・年収が300万円以上の方

・過去に金融事故(支払い延滞、自己破産など)をしたことがない方

・金融機関に多額の借り入れがない方(自動車や住宅ローンは除く)

アルバイトのような不安定な収入源でもきちんと継続的に収入を確保していたり、年間でまとまった金額の収入を得ている場合はカード発行ができる可能性は十分にあります。

ほかにも、過去に金融事故を起こしているとCICなどの情報機関に過去の延滞情報が登録されてしまいますし、カードを発行しても未払いになる可能性やカード破産をして踏み倒されてしまう恐れもあるとカード会社も判断するため入会することは出来ないでしょう。

ちなみに会社員の方であれば、勤務先などは一般的な企業に勤めているのであれば問題ないと思います。

入会審査に通過する重要なポイントとしては継続的に安定した収入があること、過去に支払い延滞などを起こしていないことだと個人的には思います。

三井住友カードを作ろう

これだけの魅力が備わった三井住友カードを年会費無料で作れるので、初めてクレジットカードを作る人にとっては最初の1枚として、すでに複数のカードを持っている人でもサブカードとして持つ価値は十分にあります。

ちなみに三井住友カードには一般カードの上にゴールドカード、プラチナカードとさらに上位クラスのカードが存在します。

三井住友カードを利用して気に入ったらさらに上のランクを目指してみるとクレジットカードの奥深さを楽しむことが出来るでしょう。

三井住友カードへのお申し込みはこちらから → 三井住友カード(公式サイト)

なお、三井住友カードの種類はクラシックカードの他にも数多くラインナップされています。

今回紹介したクラシックカード以外のカードはこちらの記事でも紹介しているので、興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

管理人さいごの一押し

ここからは宣伝です。

三井住友カードはいつも「ここぞ!」という時に持って行けるカードです。

具体的にどんな時かというと、海外へ行くときにお財布など極力中身を減らしておきたい時、普段持っているクレジットカードの中からどれを持っていこうか選ぶとき、真っ先に残すのが三井住友カードです。

海外にクレジットカードを持っていく時というのは、ポイントが貯まりやすいとかそんなことはどうでもよく、「どんな所でも使える」、「カードの安全性が高い」、「できるだけ少ない枚数」この3点になります。

この3つの条件をすべて満たしてくれるカードが三井住友カードです。

安全性についてもいくらカードに海外利用補償などが付帯していても、できるだけ保険というのは使いたくないものですからね。

まさに「1枚だけクレジットカードを持つならどのカードにするか?」という時のために持っておきたいカードです。

三井住友カードが気になった方はこちらも検討してみよう

三井住友カードを作ろうと思っているのであれば、もう一枚こちらのクレジットカードも比較して検討してみて下さい。

そのカードとは、JCBカードです。

三井住友カード(クラシックカード)とJCBカードをそれぞれ比較すると以下のようになります。

カード種類 三井住友カード(クラシックカード) JCBカード
入会資格 満18歳以上(高校生除く) 満18歳以上(高校生除く)
年会費 本人 1,250円(税抜) 1,250円(税抜)
年会費 家族会員 400円(税抜) 400円(税抜)
旅行傷害補償 最高2,000万円 最高3,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで 年間最高100万円
利用可能枠 10~80万円 20~100万
追加カード ETC、家族カード、バーチャルカード ETC、QUIC Pay、家族カード
電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave QUIC Pay、Apple Pay
その他 「マイ・ペイすリボ」登録+カード利用で年会費無料 WEB明細「My Jチェック」登録+年間50万円以上のご利用で年会費無料

年会費の条件が同じになるように三井住友カードのクラシックカードとの比較としましたが、ご覧の通り三井住友カードとJCBカードはスペックだけで見るとほとんど差の無いカードなので良いライバル関係にあるといえるカードです。

しいて言うなら、年会費無料の条件は三井住友カードの方がハードルが低く、電子マネーも豊富に利用できるのに対し、旅行傷害保険と年間利用可能額の設定はJCBのほうが優位性があるといったところでしょうか。

また、三井住友カードがVISA、MasterCardが作れるので海外利用者向けに対し、JCBブランド一本のJCBカードは国内利用者といったところです。

「VISAブランドのある三井住友カードもいいけど、海外そんなに行かないし国内でお得に使いたい」なんて人には、三井住友カードを作るよりもJCBカードの方がサービスを活用できるかもしれません。

JCBカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

三井住友カードと合わせて、ぜひご検討してみて下さい。

以上、三井住友カードについて徹底的に解説の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする