「現金」と「クレジットカード」どちらが良いか?という疑問の答え

「現金」と「クレジットカード」ではどちらを利用するのが良いか?という問題は、現金派対キャッシュレス派で色んなところで議論が起こっています。

しかし一見むずかしい問題のように感じるかもしれませんがよく考えると簡単なことなのです。

まず現金かクレジットカードどちらかのみにするという答えはありません。

現金のみなら生活するうえでは問題ないかもしれませんが、クレジットカードのみでは生活するうえでは利用できないシーンというのも様々あります。

また現金のみの場合でも、例えば100万円のお支払いをするときに現金で100万円持ち歩くというのは非常に不安なことでもあります。

逆に100万円利用できるクレジットカードを持ち歩いていても、暗証番号などのセキュリティがあるので不安になることはないでしょう。

ということで答えをひとことで言えば、「クレジットカードと現金の両方の良いところを利用する」というのが適切ということです。

では、どうやって利用すればいいのかを一つの場面を例に説明します。

クレジットカードの良いところ


まず多くの人が銀行にお金を預けて必要な時にATMなどでお金を引き出して利用していると思います。

このATMですが銀行によっては現金を引き出すのにATM手数料を取られることもあります。

ATM手数料を支払っている人はハッキリ言って損をしているとしか言えません。

これがクレジットカードであれば銀行にお金があればATMで手数料を支払って現金を引き出す必要もなく、かつクレジットカードで支払った分がポイントとして還元されます。

またATMを探す手間も不要なので他のことに時間を有効活用することが出来ます。

他にもATMでは時間帯によって手数料が変わったりしますが、クレジットカードであればATMの手数料無料の時間帯などを気にする必要もありません。

またクレジットカードでお支払いをすれば、お買い物に対する補償や返品に対する補償などが適用されます。

最近では「てるみくらぶ」のような前払いで料金を徴収してから倒産するような悪質なケースもあります。

現金でお支払いをしてしまうと支払ったお金自体には何の補償もありません。

支払先が補償対応しなければ泣き寝入りになってしまうことにもなりかねません。

クレジットカードの場合、購入したものが不良品だったり予約していた旅行が行けなくなってしまっても損害を補償してくれるものがあります。

他にも細かいところでいえばクレジットカードなら基本的に小銭が不要です。

なのでお支払でお釣りの計算などをする必要が無かったり、小銭が貯まるという事もありません。

もし、小銭貯金などをしている人にとっては逆にお釣りで小銭をもらう事がメリットになるかもしれませんので一概には言えませんが。

他にもお札や硬貨など金は天下の回り物というくらいいろんな人が触っているものです。

きれいなお札もあれば汚いお札もあったりするので、潔癖症の方には意外と神経を使うところでしょう。

また、最悪は偽札なんてものを掴まされるかもしれません。

クレジットカードならそういった心配も無いというメリットがあるかもしれませんね。

現金の良いところ


ここまで読むと「現金で支払いしないほうが良いのでは?」と思うかもしれません。

むしろマインドコントロールでもされているのではないかと不安になってしまうでしょう。

ということで現金の良いところは何なのか?を考えたいと思います。

これははっきり言って現金でしか利用できないシーンに利用できるという一言に尽きると思います。

たとえばお買い物やお食事に行った時にクレジットカードに対応していない店舗ではやはり現金に頼らざるを得ません。

ただ最近ではクレジットカード非対応でも電子マネーに対応している店舗もあるので、その場合はクレジットカードではなく電子マネーを利用するという方法もあります。

またこれは究極かもしれませんが、冠婚葬祭での祝儀や香典の包みにはやはり現金を使用するしかありません。

また入学祝、就職祝い、お年玉などお祝い事で贈るものにはやはり現金が一番です。

つまり現金は冠婚葬祭などの贈答用としてストックしておくものというのが大きな役目としてあります。

それ以外の個人的なお買い物などのお支払いでは現金がクレジットカードに勝るシーンはほとんどないでしょう。

ちなみにお金が貯まる人の特徴としても「お金持ちに現金主義の人はいない」そうです。

もし自分が当てはまっていると思われる方はこれを機会にお金の使い方というのを見直してみると良いでしょう。

だいぶ偏見が入っているような説明に感じたかもしれませんが、「言われてみるとそうかも・・・。」と感じた人もいるのではないかと思います。

多少の偏見はあるかもしれませんが現実的に考えてみるとそれほど的外れではないと思います。

なにより私自身がクレジットカードをメインに生活してみて感じることなので、正直言って現金が無くても不便に感じることはほとんどありません。

もし、いままで現金とクレジットカードを上手く使い分けしてこなかったという人は、これを機会にお金の使い方というのを見直してみると良いでしょう。

以上、「現金」と「クレジットカード」どちらが良いか?という疑問の答えの記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする